欠けた八角小鉢の簡易金継ぎ方法 1/2 診察/素地調整

※ご注意ください。合成うるし(新うるしなど)を使った簡易金継ぎの紹介です

 

※ 〈新うるし〉のメーカー側の説明です…

植物性のうるし系塗料です。
・本品は毒性の強い物質ではありませんが念の為、食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください。

とのことですので、これをどう判断するか?ですよね。正直、難しいなぁーというのが私の感想です。
万全の安全性を考えるなら「菓子器」など口を付けたりしないもの、もしくはあまり食品が触れないような器の使い方をされた方がいいかもしれません。

それよりもみなさん、「本漆」、やってみませんか?(笑)

 

 

簡単(簡易)金継ぎとは


 器を修理する方法に漆を使った「金継ぎ」という日本独自の伝統技法があります。この技法を現代において開発された素材(合成の塗料や接着剤、パテ)を代用しておこなうのが「簡単(簡易)金継ぎ」です。

 「かぶれ」の心配がほとんどなく、素材の入手・扱いも漆に比べたら簡単です。修理期間も1~3日程度でできてしまいます。(ただし、食器として使うには安全上の保障がされていませんのでご注意ください)

 「とにかく器を直してみたい!」という方は、まずはこの簡単(簡易)金継ぎからっチャレンジしてみるのもいいかと思います。

器が直ったとき、とにかく嬉しいですよ◎

 

  〈 目次 〉  

 

STEP 1.1  診察

器  information

  • 器の特徴: ややマットな釉薬…ちょっと柔らかそうな釉薬
  • 損傷箇所: 器の下の角
  • 損傷状況: 欠け1箇所 2㎝×2㎝
  • 器の大きさ: 直径7㎝ 高さ5㎝ 

 

器の欠けのチェック

 

釉薬が白マットで少し柔らかそうです

 

 

器の下の角に欠けがある

 

刃物での削りに負けることはないと思いますが、
ペーパー研ぎは負けちゃいそうなので
必要最低限にしておいた方がよさそうです

 

器の内側からも欠けをチェック

 

欠けが内側まで貫通しています

 

 

陶器の欠け修理

 

 内側の作業がやっかいそうですので
十分こころしてかかります

 

 

 

 

STEP 1.2  素地調整

リュータ―のダイヤモンドビットを使います

詳しいご説明はこちらです。使う方は参考にしてください。
ダイヤモンドビットのカスタマイズ
素地調整…エッジの面取りのやり方

 

 

欠けた部分の角を削る

 

ガリガリとエッジを研ぎます

 

 

リュータ―でエッジを削る

 

ほんの少し研げればいいと思います

0.1㎜とか0.2㎜とか

 

 

欠け部分の面取り

 

意味あんの?と思うでしょう。

多分あります。

 

 

欠けの内側も面取りをする

 

内側のエッジの面取りもお忘れなく

 

 

 

 

 

STEP 1.3  エポキシパテの準備

 

 

 

 

 

 まずは充填に使うエポキシパテを練ります

しっかり指で練り込むことをおススメします。
練りが足りないと硬化が極端に悪くなります。

詳しくはこちらをご覧ください
エポキシパテの使い方

 

 

 

STEP 1.4  エポキシパテの充填作業

サランラップを小さく切る

 

サランラップを用意します

 

 

陶器の内側からサランラップをあてがう

 

小さく切ったサランラップを器の内側から
欠けた部分の穴に当てます

 

 

さらに内側から指で押さえる

 

そのサランラップを内側から指で押さえます

 

 

サランラップをあてがっているのを器の外側から見る

 

 器の外側から見るとこんな感じになります。

 

 

エポキシパテを埋める

 

器の内側から指で押さえつつ、
外側からパテを充填していきます。

 

 

さらにパテを埋める

 

 隙間があかないように気を付けてください

特に欠け部分と器素地との「キワ」に
しっかりパテを押し込めてください

 

 

刻苧箆でしっかり押さえる

 

はい、しっかり詰めていきます

 

 

器の外側からサランラップをあてて指で均す

 

外側からもサランラップを当てて、
その上から指で整形しつつ均して
デコボコをなるべくとります

 

 

刻苧箆に水を少しつける

 

刻苧箆に水をちょっとつけます

 

 

パテの表面を滑らかにする

 

水をつけるとパテの箆離れがよくなり、
ツルツルと表面をきれいにすることができます

 

 

パテ表面の箆跡を消す

 

はい、きれいになります

表面がきれいになると
充填箇所の形やラインが見やすくなります

チェックして修正します

 

 

 

 

 

いろいろな角度から見て出っ張りやへこみがないかチェックします

なかなかきれいにラインが出せました

これなら次の削りの工程が楽に済みます

 

 

器の内側に当てていたサランラップは硬化するまで剥がさない

 

あてがったサランラップですがこの時点で剥がそうとすると
パテを引っ張って形を崩してしまいやすいので
完全に硬化してから剥がします。

パリッときれいに剥がれますよ。

 

※いや、ラップがついているのは気に食わんという方は
気を付けて剥がしてください。

 

 

簡易(簡単)金継ぎのエポキシパテ充填作業終了

 はい、パテ埋め完了

 

 

 

 

 

 

 

img077

 〈 次の工程に進む 〉→簡易(簡単)金継ぎ方法 削り・研ぎ/塗り 八角小鉢 02

 〈 工程の目次に戻る 〉→八角小鉢の作業手順

 

 

 

 

 

 

Pocket