割れた小さい平皿の簡単金継ぎ方法 02~ 新うるし塗り完成まで

簡易金継ぎ

size19

 

「合成接着剤」や「合成うるし」を使った【簡易(簡単)金継ぎ】のやり方を説明していきます。
本物の漆は使っていませんのでご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち、〈エポキシペーストで隙間を埋める~新うるしの上塗りまで〉のやり方を解説していきます。

 

 

前回の作業を見たい方は↓こちらのページをご覧ください。

 

img077

 

 

04〉エポキシペースト付け

 道具:
③ 作業板(クリアファイルなど)
③ 付けベラ ‣作り方ページ ‣作り方の動画
④ 練りベラ ‣作り方ページ ‣作り方の動画

 材料:
① エポキシパテ
⑤ 砥の粉 
⑥ ペースト状のパテ
⑦ テレピン
⑧ エポキシ接着剤


※ 簡易金継ぎで使うおススメの道具・材料の一覧(購入先も)を↓こちらのページにまとめました。
▸ 簡易金継ぎで使う道具・材料ページ

 

 

今回は器の損傷個所の欠けが小さいので、「エポキシパテ+エポキシ接着剤」で作った「エポキシペースト」を使って充填したいと思います。

① 作業盤の上にエポキシ接着剤のA剤、B剤を等量出し、しっかりと混ぜ合わせる。

② ゴム手袋をして、パテの方も手でしっかりと練り合わせる。
③ パテの方に少量ずつ接着剤を加えつつ、練り合わせていく。

※今回は欠けた部分に盛るためのペーストなので接着剤の分量を少な目にして(2割くらい)やや硬めにします。
練りからしくらいの硬さにしました。

 

もう少し詳しくエポキシペーストの作り方を知りたいという方は↓こちらn

▸ エポキシペーストの作り方・つけ方ページ

 

 

【2020-04-04追記】

現在、同じ損傷の器を簡易金継ぎで修理するとすればおそらく 「ペースト状のパテ」 を使うと思います。

「泥状」の素材で、ヘラで伸ばして付けることができます。
こうゆう商品があったんですね~。

※ この元記事を書いた当時、世の中に「ペースト状のパテ」が売っているとは知りませんでした。
プラモデルや車修理の世界だと当たり前の商品だったんですね~。

 

 

 

 

器の接着した部分にエポキシペーストをつけていく

ヘラの先にエポキシペーストを掬い取って、それを充填していきます。

 

 

エポキシペーストをヘラで掬うときの、ヘラの使い方。

①作業板の上でヘラを使い、エポキシペーストを薄く広げます。
②ヘラを寝かせつつ、横からヘラを滑り込ませます。
③するとヘラの先っちょにエポキシペーストが付きます。

 

 

今回はペーストを「ほぼ置くだけ」というやり方で試してみました。
いつもは置いたペーストをヘラで左右上下へと伸ばしていたのですが、今回は置くだけです。

で、この方法にはちょっと問題がありました。ので、改善していきたいと思います。

 

器の接着した部分にエポキシペーストをつけていく

ペーストをつけていきます。
接着部分にヘラの先を置き、少しだけ手前にずらします。

 

器の接着した部分にエポキシペーストをつけていく

こんな感じです。

 

器の接着した部分にエポキシペーストをつけていく

再び作業板からエポキシペーストを取り、接着部分に置いていきます。
これを繰り返します。

 

金継ぎのエポキシペースト付け作業が終了

接着箇所全てにペーストを置きました。
ペーストがしっかりと硬化するのを待ってから次の削り作業へと移ります。

今回は、↑画像のように「こんもりエポキシペースト盛って」というやり方を試してみたのですが、ちょっと問題がありました。
この次の削り作業がすこぶる大変だったのです。
3,4日後に削り作業を行ったので、樹脂が固くなりすぎていたのかもしれません。もう少し緩やかな硬化状態で削り作業をしたら楽だったのかもれません。

接着箇所周りが汚れたとしてもエポキシペーストが「薄く」付いていた方が、削り作業は遙かに楽なような気がしました。また検証して、ご報告します。

 

 

 

 

05〉ペースト削り・研ぎ

 道具:下記のいずれか
① 〈平丸〉の彫刻刀
② 〈平〉の彫刻刀
③ 〈カーブ刃〉のカッター
④ 普通のカッター(大)


※ 簡易金継ぎで使うおススメの道具・材料一覧(購入先も)を↓こちらのページにまとめました。

‣簡易金継ぎで使う道具・材料ページ

 

初心者さんには「障子用のカーブ刃」のカッターが扱いやすいかと思います。
替刃式なので、切れ味が落ちたら刃を変えられますし◎

「普通のカッターナイフ(大)」も100均で購入できるので、できれば「障子用カッター&普通のカッター」の二刀流で作業してもらえたらはかどると思います。

 

刃物を砥石で研ぐことができる方におススメの刃物は「平丸」の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら)
▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ・ページ

 

 

 

器の接着部分に盛ったエポキシペーストを彫刻刀で削っていく

彫刻刀を使って、サクサクと削っていきます。が、エポキシ樹脂って本当に硬いんですね。
これだけの面積を削るのには骨が折れました。やっぱりこの「エポキシ盛り作戦」は要再考です。

器の内側は彫刻刀の刃表を器に当てながら削っていきます。
刃は進行方向に対して斜めに構えつつスライドさせるように削っていくと抵抗が少なくなって楽です。

 

器の接着部分に盛ったエポキシペーストを彫刻刀で削っていく

器の外側のペーストも削っていきます。
今度は彫刻刀の刃裏を器に当てます。

 

器の接着部分に盛ったエポキシペーストを彫刻刀で削っていく

↑画像のように刃裏を器に当ててガイドとすることで、掘り過ぎ(凹むくらい掘ってしまう)のを防ぎやすくしますし、周りの「面のレベル」に揃えやすくなります。

 

器の接着部分に盛ったエポキシペーストを彫刻刀で削っていく

エポキシペーストの削り作業が終わりました。

 

器の接着部分に盛ったエポキシペーストを彫刻刀で削っていく

この削り終了時点ではペーストが周りにこびりついています。

 

 

次に耐水ペーパーで研いでいきます。

 道具:
③ ウエスまたはスポンジ ④ はさみ(切れ味の落ちたもの)
⑤ 豆皿(水入れ用) 〇 水桶

 材料:
① 水差し
② 耐水ペーパー(今回は#600)


※ 簡易金継ぎで使うおススメの道具・材料一覧(購入先も)を↓こちらのページにまとめました。

‣簡易金継ぎで使う道具・材料ページ

 

 

耐水ペーパーは小さく切って使います。

切れ味の落ちたハサミで、耐水ペーパーを1×1㎝くらいに小さく切ります。

それを「三つ折り」にします。
ペーパーに水を少量つけながら研ぎ作業をおこなってください。

 

 

 

エポキシペーストを耐水ペーパーで研ぐ

彫刻刀の削り跡を滑らかに繋げるのと、周りにこびりついたペーストを研いできれいにします。

 

エポキシペーストを耐水ペーパーで研ぐ

ペーパー研ぎが完了しました。

 

エポキシペーストを耐水ペーパーで研ぐ

きれいになりました。

このペーパーでの研ぎ作業ですが、実は器の表面(釉薬)も研いでしまっています。ペーパーって研磨力がすごいらしいです。
ですので、なるべく刃物や彫刻刀でペーストをとってしまい(といっても細かいペーストまで完全に削り取るのは正直、しんどいのでそこそこまでといったところですが)、ペーパーがけは必要最小限にしたいところです。あくまで理想的にはですが。

ペーパーをゴリゴリかけまくるのだけは避けましょう。

  ファイツ!!

06〉新うるし塗り

 道具:
① サラダ油 ② ティッシュ
③ 作業板(クリアファイルなど)
④ 練りベラ ‣作り方ページ ‣作り方の動画
⑤ 小筆 ⑥ ゲル板

 材料:
⑦ テレピンもしくは薄め液
⑧ 新うるし(今回は「ゴールド色」)


※ 簡易金継ぎで使うおススメの道具・材料一覧(購入先も)を↓こちらのページにまとめました。

‣簡易金継ぎで使う道具・材料ページ

 

※ チューブを使い始める前にぜひ、見ておいて欲しい!
「使っているうちにチューブの蓋が固まって開かなくなる問題」につての解決方法↓

‣蓋問題の解決動画

 

 

 

まずは使う前に筆をテレピンで洗って油を洗い出します。
▸ 〈使用前〉の洗い方ページ  ‣〈使用前〉の洗い方動画

 

毎回、作業が終わったときに筆を”油”で洗っているので、使うときにはまず筆の中の油を取り除きます。

① 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
② その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。

 

③ ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しくしごく。

※ ティッシュの上じゃなくて「ゲル板」↓の上でやった方が筆の痛みが軽減されるので、現在はゲルを使うことをおススメしています。

 

 

続いて新うるしを塗る準備をします。

1⃣ 作業板の上に少量の金属粉をヘラで取り出します。
2⃣ 新うるしも少量だけ作業板の上に出します。
3⃣ ヘラでよく混ぜ合わせる。

 

 作業板の上で何本か線を引いて、筆に含まれる新うるしの量を調整します。

 

器の接着部分に新うるしを塗っていく

新うるしを塗っていきます。
エポキシペーストの部分は完全に覆うように塗っていってください。

 

器の接着部分に新うるしを塗っていく

新うるしの場合、塗り厚が厚くなってもそれほど気にする必要はありません。
(均一な厚みにした方がキレイに見えそうですが)

どんどん塗っていきます。

 

 

もし、塗る面積が広くて、描いている途中で新うるしに粘り気がでてきてしまいましたら、テレピンもしくは専用の薄め液 を混ぜて緩めてください。

  1. 新うるしのに1,2滴テレピンを垂らす。
  2. ヘラでテレピンを掬う(”濡らす”程度)。
  3. それを新うるしに混ぜる。

 

ただし、テレピンを何度も混ぜているとどんどん新うるしの濃度が低くなってしまいます。
「薄くなりすぎたかな…」と思ったら、新たに金属粉と新うるしを混ぜ合わせたものを作り直してください。その方がきれいな仕上がりになると思います。

 

 

 

器の接着部分に新うるしを塗っていく

 

新うるしは緩い方がきれいに塗れます。
粘り気が出てくる前に手早く塗ります。

 

器の接着部分に新うるしを塗っていく

 

器の縁の部分も忘れずに塗ります。ちょっと塗りづらいですが。

全部のラインが塗り終わりましたら、もう一度よく見直します。ラインの「キワ」にほんの少し塗り残しがあったりします。「ま、いっか」と思っていても、あとあと気になると思います。
ですので、チェックは怠りなく。

 

 

使い終わったら油で筆を洗います

▸ 〈使用後〉の洗い方ページ  ‣〈使用後〉の洗い方動画

① 筆に油を含ませて、作業盤の上で筆に馴染ませる
② ティッシュの上(ゲル板の上の方がベター)に筆を置き、ヘラで優しくしごく

 ※ ティッシュの上じゃなくて「ゲル板」↓の上でやった方が筆の痛みが軽減されるので、現在はゲルを使うことをおススメしています。

 

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。
キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。

キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方向けに簡単なキャップを作るページありますので、ご覧ください。
▸ 筆のキャップの作り方ページ 

 

新うるしの表面は何時間かで硬化しますが、しっかりと固く「締まる」までには2~3日を見ておいた方がいいと思います。

とくに「厚塗り」した時は乾きが遅くなります。1週間くらい待つ感じでしょうか(いや、もっとかも)。

使い出すまで、ちょっと辛抱してください。(新うるしの”匂い”が取れるのに数日かかりますので、どのみち待ちたくなると思います)

 

 

 

 

平皿の簡易金継ぎ修理完成

 

割れた器の新うるしを使った金継ぎが完成

 

割れた器の新うるしを使った金継ぎが完成

 

割れた器の新うるしを使った金継ぎが完成

 

  割れた器の新うるしを使った金継ぎが完成

 

割れた器の新うるしを使った金継ぎが完成

 

 

 

 

簡易金継ぎの他の修理例を見る↓


 

簡易金継ぎで使う道具・材料をチェックする↓

‣簡易金継ぎで使う道具・材料ページ

 

 

 

 

 

金継ぎ図書館はあなたの金継ぎスピリットを全力で応援します。ファイッ!!