「理由あって直さねばならぬ」器をお持ちであるならば
その方達に差し出せる智慧と技術がこの図書館にはあります。

皆様のその想いが継げるまでサポートしていけるよう
動画コンテンツを増やしていきます。
どうぞご利用ください。

YouTubeにアップした動画コンテンツをこのページにアーカイブし、利用者が検索しやすいように編集し直しました。

 

chip1

break1

crack1

 

 

 

【材料の作り方】

 

なにはともあれ、まずは覚えなくちゃいけない金継ぎの基本

 

 

 

【欠けた器】

 

 

 共継ぎ〈注ぎ口〉の欠け

 

 

 

 

 〈平たい〉欠け

 

 

 

 

 〈中くらい〉の欠け

 

 

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 割れた破片の接着

「欠け」を直す前に、小さく「割れた破片」があったのでそれを接着します。
動画の詳細な目次

② 刻苧漆を充填する

欠けが少し大きめだったので、2回に分けて漆パテを充填します。
動画の詳細な目次

③ 錆漆を付ける

ちょっとした隙間や凹みを漆ペーストで埋めていきます。
動画の詳細な目次

④ 漆の塗り&研ぎ

金粉を蒔く前に修理箇所の肌をとことん綺麗にしていきます。
動画の詳細な目次

⑤ 漆の地塗り&蒔絵

漆を極薄で塗ってすぐに金粉(丸3号)を蒔きます。
動画の詳細な目次

⑥ 蒔絵粉の固め&磨いて完成!

漆を極薄で塗ってすぐに金粉(丸3号)を蒔きます。
動画の詳細な目次

 

 

 〈小さな〉欠け

 

~錆漆(漆のペースト)を使う~

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 錆漆で埋める

ペースト状のもので小さな欠けを埋めます
動画の詳細な目次

② 漆塗り1回目まで

ペーストを削って研いで、それから漆を塗ります
動画の詳細な目次

③ 漆塗り2回目まで

ちょっと凹んでいたところをペーストで補修して、漆を塗ります
動画の詳細な目次

④ 金粉を蒔くまで

漆を極薄に塗って金粉「丸粉3号」を蒔きます
動画の詳細な目次

⑤ 完成まで

金粉を漆で固定し、磨いて仕上げます
動画の詳細な目次

 

 

 

【割れた器】

 

 

 〈2ピース〉の割れ

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎

 

 

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 麦漆で接着する

割れた破片同士を接着します
動画の詳細な目次

② ペーストを付ける

ペースト状のもので接着したピースの隙間・段差を埋めます
動画の詳細な目次

③ 蒔絵をして完成

金の「消し粉」を蒔いて完成させます
動画の詳細な目次

 

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 麦漆で接着する

割れた破片同士を接着します
動画の詳細な目次

② ペーストを付ける

ペースト状のもので接着したピースの隙間・段差を埋めます
動画の詳細な目次

③ 2回目のペースト充填

わずかに残った凹などをもう一度、埋めます
動画の詳細な目次

④ 1回目の漆塗り

錆漆を研いで漆を塗ります
動画の詳細な目次

⑤ 銀粉を蒔く

漆を極薄で塗って銀粉を蒔きます
動画の詳細な目次

⑥ 磨いて完成

銀粉を漆で固定してから磨きます
動画の詳細な目次

 

 

【ヒビの入った器】

 

 

 

【道具の仕立て・扱い方】

 

ガラス定盤の仕立て方

100均のフォトフレームで作業盤を作る

 

 

【金継ぎTips】

 

マスキングのやり方

麦漆が乾かない時の対処方法

 

 

 

 


 

ひとまず100コンテンツを目指して!

現状、YouTubeチャンネルにおける「金継ぎYouTube図書館」はほとんど視聴されていない…というのが厳しい現実なのですが、「う~、、、見てもらえないよ~」とボヤくよりも、ひとまずコンテンツの「量」を増やしていきたいと思っています。

2019-10-26現在、動画コンテンツ数=「73」でして、これでは「図書館」とは言えないな~という感じですよね。まだまだ「知りたいことが見当たらない…」という現状かと思います。

世の中、何らかの理由あって「壊れた器を直したい」という思いを持っている人は多いと思います。ですから、「有用な図書館」を作ればきっと利用していただけると思っています。

ひとまず「100」を目指して(あくまで通過点です)動画制作していきますので、これからもよろしくお付き合いください。

金継ぎ図書館 館長 深澤勇人