「理由あって直さなくちゃならない」器をお持ちであるならば
その方達に差し出せる智慧と技術がこの図書館にはあります。

その想いサポートしていきます。どうぞご利用ください。

 

■■■

【 動画の字幕協力のお願い 】

世界のどこかに私たちと同じように「捨てることができない」器を持っている人たちがいる。
皆様が持っているその貴重な言語能力のお力をお貸しいただけないでしょうか?

動画の外国語字幕協力のお願い

 

 

chip1

break1

crack1

 

 

 

【材料の作り方】

 

なにはともあれ、まずは覚えなくちゃいけない金継ぎの基本

 

 

 

【〈初級・金継ぎ〉完全講義】~簡易的にやりたい方へ

 

 

 

【〈中級・金継ぎ〉完全講義】~本気!の独学者向け

 

 

 

【〈上級・金継ぎ〉完全講義】~栄光のKintsugi Masterを目指す人たちへ

 

 

 

 

【欠けた器】

 

 

 共継ぎ〈注ぎ口〉の欠け

 

 

 

 

 〈平たい〉欠け

 

 

 

 

 〈中くらい〉の欠け

 

 

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 割れた破片の接着

「欠け」を直す前に、小さく「割れた破片」があったのでそれを接着します。
動画の詳細な目次

② 刻苧漆を充填する

欠けが少し大きめだったので、2回に分けて漆パテを充填します。
動画の詳細な目次

③ 錆漆を付ける

ちょっとした隙間や凹みを漆ペーストで埋めていきます。
動画の詳細な目次

④ 漆の塗り&研ぎ

金粉を蒔く前に修理箇所の肌をとことん綺麗にしていきます。
動画の詳細な目次

⑤ 漆の地塗り&蒔絵

漆を極薄で塗ってすぐに金粉(丸3号)を蒔きます。
動画の詳細な目次

⑥ 蒔絵粉の固め&磨いて完成!

漆を極薄で塗ってすぐに金粉(丸3号)を蒔きます。
動画の詳細な目次

 

 

 〈小さな〉欠け

 

~錆漆(漆のペースト)を使う~

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 錆漆で埋める

ペースト状のもので小さな欠けを埋めます
動画の詳細な目次

② 漆塗り1回目まで

ペーストを削って研いで、それから漆を塗ります
動画の詳細な目次

③ 漆塗り2回目まで

ちょっと凹んでいたところをペーストで補修して、漆を塗ります
動画の詳細な目次

④ 金粉を蒔くまで

漆を極薄に塗って金粉「丸粉3号」を蒔きます
動画の詳細な目次

⑤ 完成まで

金粉を漆で固定し、磨いて仕上げます
動画の詳細な目次

 

 

 

【割れた器】

 

 

 〈2ピース〉の割れ

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎

 

 

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 麦漆で接着する

割れた破片同士を接着します
動画の詳細な目次

② ペーストを付ける

ペースト状のもので接着したピースの隙間・段差を埋めます
動画の詳細な目次

③ 蒔絵をして完成

金の「消し粉」を蒔いて完成させます
動画の詳細な目次

 

⓪ ダイジェスト版

まずはこれを見ると作業全体の流れが分かります
初心者の方はまずはここから◎
動画の詳細な目次

① 麦漆で接着する

割れた破片同士を接着します
動画の詳細な目次

② ペーストを付ける

ペースト状のもので接着したピースの隙間・段差を埋めます
動画の詳細な目次

③ 2回目のペースト充填

わずかに残った凹などをもう一度、埋めます
動画の詳細な目次

④ 1回目の漆塗り

錆漆を研いで漆を塗ります
動画の詳細な目次

⑤ 銀粉を蒔く

漆を極薄で塗って銀粉を蒔きます
動画の詳細な目次

⑥ 磨いて完成

銀粉を漆で固定してから磨きます
動画の詳細な目次

 

 

【ヒビの入った器】

 

 

 

【道具の仕立て・扱い方】

 

 

 

【金継ぎTips】

 

マスキングのやり方

麦漆が乾かない時の対処方法

 

 

 

 


 

……【 動画の字幕協力のお願い 】……

 

世界のどこかに私たちと同じように「捨てることができない」器を持っている人たちがいる。

この図書館にご来館いただいた皆さんと同じように
何かしらの直感に導かれて「森の木から受け継いだ本物の漆を使って直さないと
私の“本当の想い”が受け継がれない気がする…」と感じている人たちが
海外にも少なからずいるはずです。

YouTube上にも少なからず「Kintsugi」動画があります。
が、その99%は接着剤とパテを使った「フェイク金継ぎ」です。
フェイク金継ぎが「日本古来の“伝統的金継ぎ”」として発信されています。

接着剤やパテ、絵の具を使っても、確かに器の「姿」は直せます。
だけど「そうゆうことじゃないんだよ」と思っている人たちをサポートしたいのです。

私は日本語しか理解できません。
私の力では、他の国々で、器が壊れて途方に暮れている人たちを助けることができません。

だから、皆さんが習得されているその貴重な言語能力のお力をお貸しいただけないでしょうか?
手間のかかる作業ではありますが、他言語への翻訳作業をご協力いただけたらとても有難く思います。

どうか宜しくお願い致します。

YouTube字幕協力のページへ

 

 

金継ぎ図書館 館長 深澤勇人