欠けた斎藤裕美子さんブルーカップの金継ぎのやり方 2/4 錆漆の削り・研ぎまで

前回の金継ぎの錆漆付け一回目で失敗してしまい、錆漆が縮んでいる

※ 口元が欠けたカップの金継ぎ修理の方法を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち、〈失敗した錆漆を取り除く~錆漆を削るまで〉のやり方を解説していきます。

 

step 01 失敗した錆漆を除去する


金継ぎの錆漆除去で使う道具: 刻苧ヘラなど(棒状の固めのもの。もしくは彫刻刀など)

   失敗です。ああ、残念。縮んだ錆漆を爪で押してみる

前回の金継ぎの錆漆付けの作業で多分、漆の分量が多くなりすぎていました。
油断していました。

しわしわになった錆漆を爪で押してみると…(皆さんは素手でやらないでくださいね。かぶれますよ◎)

錆漆に爪痕が残る。

心にも深い爪痕が残ります。ああ…。

このままほっとけばいつかは錆漆も乾くのですが、時間がかかります。
とっとと進めるにはこの錆漆を取り除くのであります。急がば回れ。はい。

乾かなかった錆漆をヘラで取り除く

今回は錆漆がほとんど硬化ていなかったので、竹の刻苧ヘラで取り除きます。

金継ぎの錆漆を竹ヘラできれいに取り除く

ゴリゴリやっちゃってください。悲しいけれど躊躇しちゃダメです。

乾いていた錆はそのまま残して、錆漆付けの二回目に移る

両脇の錆漆はしっかり硬化していました。脇の方は錆漆の厚みが薄かったのでしかり乾いたのだと思います。
この残った錆漆を完全に除去してもいいと思います。その場合は刃物などで削ってください。今回はこのままでいけそうなので残しておきます。

金継ぎの錆付け1回目をやり直す

↑錆漆付けををやり直しました。気持ち、ちょっと薄目につけました。ビビっちゃいました。

このページとほぼ同様の内容ですがもう少し詳しい「錆付け失敗ページ」を作りました。ご興味のある方はご覧ください。
 ▸ 錆漆付け失敗したときの復活方法

 

step 02 錆付け2回目


金継ぎの錆付けで使う道具と材料(▸ 錆漆付けで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: プラスチック箆、付け箆(▸ 付け箆の作り方)、綿棒、豆皿
  • 材料: 生漆、砥の粉、水、テレピン

錆漆を作ります。 ▸ 詳しい錆漆の作り方

錆漆付けの2回目です。2回目でビシッと決めます。はい。

金継ぎ錆漆付けの一回目が乾いている

1回目の錆漆が乾いています。今回は縮んでいません。よかった。

錆付け2回目を行う。ヘラに少量の錆漆を付けて欠けた部分に付ける

付けヘラに錆漆を少量取って、器の欠け部分にのせていきます。

錆付けは欠けのエッジを利用して錆漆をヘラで載せていく

欠け部分のエッジを利用して、ヘラの錆漆を切っていきます。
エッジにヘラを擦りつけるような感じです。

乗せた錆漆をヘラで引いて広げる

ヘラを手前に通しながら欠け部分にのせた錆漆を広げつつ、かつ一回目の錆漆としっかりと密着するように押し込みます。
手前に通したら、今度は奥側にヘラを通してください。

もう一度金継ぎの錆漆をおこなう

器の口元の錆漆の分量が足りていなかったので、もう少し錆漆を付けます。
器のエッジにヘラを添わせつつ、錆漆を切っていきます。

のせた錆漆を整えて、錆付けを終了する

はい、まぁこんなところでいいでしょう。あとは乾いてから刃物とペーパーで成形しますので、よしとします。

錆漆の硬化に1~2日くらいを見ておいてください。

※欠けた箇所に錆漆をつける方法の詳しい(かなりしつこい)ページをつくりました。
ご興味のある方は覗いてみてください。 ▸ 金継ぎで役立つ錆漆付けのコツ

 

step 03 錆漆の削り・研ぎ


金継ぎの錆漆削り・研ぎで使う道具: 刃物(彫刻刀など)、耐水ペーパー(#400~#600)、はさみ、水、豆皿、ウエス

金継ぎの錆付け2回目がしっかりと乾いている

金継ぎの錆漆2回目も無事乾いています。ビビっています。

さぁ、削りましょう。

彫刻刀で器の内側の錆漆を削っていく。

私は彫刻刀の平丸という形のものを使います。すこぶる使い勝手がいいですよ。おススメです。
同心円状の器の内側の削り作業をするときは基本的に彫刻刀の「刃表」を使います。

彫刻刀をスライドさせながら錆漆を削る

錆漆を削るときのコツは刃物の半分くらいを器の方に当てて、それを面の基準として利用しながら削るようにします。

器の内側は彫刻刀の刃表を器に当てながら錆漆を削っていく。

刃表の半分くらいを器に当てて錆漆を削ります。
それから、私は削る方向に対して刃を斜めに構えてそのままスライドさせます。その方が抵抗が少なくて綺麗に削れるような感じがします。

彫刻刀で器の縁部分の錆漆を削る

縁のちょい内側の錆漆を削ります。刃表で削ります。このときもなるべく器を面基準のガイドとして利用するようにします。

金継ぎの錆削り方法としては錆漆を彫刻刀で削っていく

器口元の縁部分は彫刻刀の刃裏を器に当てます。器の外側の錆を削るときも基本的には刃裏を使います。
進行方向に対して刃物を斜めに構えたままスライドさせます。

少し凹んでいる錆漆部分があるけど、これは漆の塗りで埋めていく

ちょい凹みがありますが、これくらいなら漆の塗りで埋まるかなと思いますので、次の作業へと進みます。(と思っていたら漆で埋まりませんでした。結局、錆漆にまで戻りました。なので、この時点でもう一度、錆漆をやった方が作業が早く進んだことになります。うう…残念)

刃物での金継ぎの錆漆削り作業が終わったら、耐水ペーパーで軽く研ぎます。

 

私は耐水ペーパーを1㎝×1㎝くらいの小ささにはさみで切り、それを三つ折りにして使っています。豆皿に出した水を少しだけつけて錆漆を研いでいきます。

 

金継ぎんの錆漆の研ぎの方法では耐水ペーパーで研いでいく

こんな感じでいかがでしょうか?

それでは次回は漆の塗りに入ります。

 

次の工程に進む ▸ ③ 漆塗り後の錆漆やり直しまで

青いカップの他の修理工程を見る

 

 

 

Pocket