欠けた斎藤裕美子さんブルーカップの金継ぎのやり方 2/4 ~錆漆の削り・研ぎまで

size19
  ファイツ!!

※ 口周りが欠けてしまったカップの金継ぎ(金繕い)修理
やり方を説明していきます。
本物の漆を使った修理方法ですのでかぶれる」可能性があります
ご注意ください。

※ 万が一、漆が肌に付いた場合はすぐに
「油(サラダ油など)」でよく洗って下さい

油?? そうです。「油」をつけ、ゴシゴシ漆を洗い落としてください。
その後、その油を石けんや中性洗剤で洗い流してください。

 

 

 

【 前回の作業工程を見る 】


 

 

  ▸ Page 01 ペースト付けまで

 

 

 

今回は金継ぎの工程のうち、
〈失敗した錆漆を取り除く~錆漆を削る〉
までのやり方を解説していきます。

 

作業を始める前に…

 

私、初めてなんですけど、どんな道具とか材料を買えばいいんですか?
どこで買えるんですか??

 

↓ こちらのページを参考にしてください◎

 

 

▸ 本漆金継ぎで必要な道具と材料/そのお値段と買えるお店のご紹介

 

金継ぎでは本漆を使うので「ディフェンシブ」に行きましょう。
ゴム手袋は必需品です◎

 

 

 

 

 

step 01 失敗した錆漆を除去する



 【 錆削り作業で使う道具と材料 】   ▸ 道具と材料の値段と売っているお店


  • 道具: ① 彫刻刀 (平丸刀)  ② 彫刻刀 (平刀)  ③ 障子紙用丸刃カッター  ④ カッターナイフ(大)

上記の道具のいずれか、もしくは竹ベラ、金属性のものなど

削れればオッケーです◎

 

 

 

   失敗です。ああ、残念。

縮んだ錆漆を爪で押してみる

前回の金継ぎの錆漆さびうるし(ペースト)付けの作業で、
多分、漆の分量が多くなりすぎていました。
油断していました。

しわしわになった錆漆を爪で押してみると…
(皆さんは素手でやらないでくださいね。かぶれますよ◎)

 

錆漆に爪痕が残る。

心にも深い爪痕が残ります。ああ…。

このままほっとけばいつかは錆漆も乾くのですが、
時間がかかります。
とっとと進めるにはこの錆漆を取り除くのであります。
急がば回れ。はい。

 

乾かなかった錆漆をヘラで取り除く

今回は錆漆がほとんど硬化ていなかったので、
竹の刻苧こくそヘラで取り除きます。

 

金継ぎの錆漆を竹ヘラできれいに取り除く

ゴリゴリやっちゃってください。
悲しいけれど躊躇しちゃダメです。

 

乾いていた錆はそのまま残して、錆漆付けの二回目に移る

両脇の錆漆はしっかり硬化していました。
脇の方は錆漆の厚みが薄かったのでしかり乾いたのだと思います。

この残った錆漆を完全に除去してもいいと思います。
その場合は彫刻刀やカッターなどの刃物で削ってください。
今回はこのままでいけそうなので残しておきます。

 

金継ぎの錆付け1回目をやり直す

↑錆漆付けををやり直しました。
気持ち、ちょっと薄目につけました。ビビっちゃいました。

 

このページとほぼ同様の内容ですが
もう少し詳しい「錆付け失敗ページ」を作りました。
ご興味のある方はご覧ください。
 ▸ 錆漆付け失敗したときの復活方法

 

 

 

 

step 02 錆付け2回目



 【 錆漆(ペースト)作業で使う道具と材料 】   ▸ 道具と材料の値段と売っているお店



 

 

錆漆さびうるし(ペースト)を作ります。

 

体積比(目分量)… 砥の粉 10 : 8 生漆  ※ 水は適量

 ▸ 詳しい錆漆の作り方ページ

 

  1. 砥の粉を潰す
  2. 水を少量ずつ足しつつ、練る。
    チューブ入りの練りからし」くらいの状態になるまで水を加えつつ練る
  3. 次に「漆」を少しずつ足しつつ、練る
  4. 完成

 

※ 錆漆の「作り置き」はおススメしません。「使うときに作る」が原則です。
作ってから2~3日くらは乾きますが、どんどん乾きが悪くなっていきます

とはいえ、「明日も他の器を直すので」という方は、
残った錆漆さびうるし(ペースト)を保存してください◎
 ▸ 余った錆漆・麦漆・漆の保存方法

 

錆漆の作り方動画

錆漆さびうるしという細かいペースト状のものを付けていきます。

 

 

 

錆漆付けの2回目です。2回目でビシッと決めます。はい。

 

金継ぎ錆漆付けの一回目が乾いている

1回目の錆漆が乾いています。今回は縮んでいません。
よかった。

 

錆付け2回目を行う。ヘラに少量の錆漆を付けて欠けた部分に付ける

付けヘラに錆漆を少量取って、
器の欠け部分にのせていきます。

 

 錆漆はちょっとずつ付けていきます。

まずは作業板の上にある錆漆さびうるし(ペースト)を
ヘラの先で少量取ります。

 

  1. 作業板の上で錆漆さびうるし(ペースト)を薄く均一に広げる。
  2. ヘラを少し寝かしつつ、横から滑り込ませる。
  3. 右側から左側へ通す。
  4. そうするとヘラの先っちょだけに錆漆がつきます。

 

 

錆付けは欠けのエッジを利用して錆漆をヘラで載せていく

欠け部分のエッジを利用して、ヘラの錆漆を切っていきます。
エッジにヘラを擦りつけるような感じです。

 

乗せた錆漆をヘラで引いて広げる

ヘラを手前に通しながら欠け部分にのせた錆漆を広げつつ、
かつ一回目の錆漆としっかりと密着するように押し込みます。

手前に通したら、今度は奥側にヘラを通してください。

 

もう一度金継ぎの錆漆をおこなう

器の口元の錆漆の分量が足りていなかったので、
もう少し錆漆を付けます。
器のエッジにヘラを添わせつつ、錆漆を切っていきます。

 

のせた錆漆を整えて、錆付けを終了する

はい、まぁこんなところでいいでしょう。
あとは乾いてから刃物とペーパーで成形しますので、よしとします。

 

※欠けた箇所に錆漆をつける方法の詳しい
(かなりしつこい)ページをつくりました。
ご興味のある方は覗いてみてください。
 ▸ 金継ぎで役立つ錆漆付けのコツ

 

錆漆さびうるし(ペースト)はそれ自体に「水分」が入っているので、
とくに湿度のある「漆風呂」に入れなくても
しっかりと硬化してくれます。

けど、古い生漆や乾きの悪い生漆を使っていたり、
数日、取り置きしておいた錆を使った場合は
乾きが悪いかもしれません。
その場合は漆風呂に入れて、湿度を与えてください。

 

 

※ 水を固く絞った布を中に入れて湿度を高くしてください。

もうちょい詳しく見たい方は↓こちらへ


▸ 段ボール漆風呂の作り方

 

 

錆漆の硬化に1~2日くらいを見ておいてください。

 

 

 

 

step 03 錆漆の削り・研ぎ



 【 刻苧漆(パテ)の削り作業で使う道具と材料 】   ▸ 道具と材料の値段と売っているお店


  • 道具: ① 彫刻刀 (平丸刀)  ② 彫刻刀 (平刀)  ③ 障子紙用丸刃カッター  ④ カッターナイフ(大)

上記の道具のいずれか、
もしくは複数が用意できると作業がやりやすくなります。

おススメは 【 ①と②の彫刻刀 】
ですが、「研ぐ」ことができないと、使い捨てになってしまいますので、
現実的な初心者用の刃物チョイスとしては 【 ③と④のカッター 】
を用意してもらえたらと思います。

③ の障子用丸刃カッターはホームセンターの
「障子貼りコーナー」にありました。
刃先がRなので(丸味が付いている)、器の曲面部分、
特に「器の内側」部分の削りにもある程度、対応できます。

 

 

 

金継ぎの錆付け2回目がしっかりと乾いている

金継ぎの錆漆2回目も無事乾いています。ビビっています。

さぁ、削りましょう。

 

彫刻刀で器の内側の錆漆を削っていく。

私は彫刻刀の平丸という形のものを使います。
すこぶる使い勝手がいいですよ。おススメです。

同心円状の器の内側の削り作業をするときは
基本的に彫刻刀の「刃表」を使います。

 

彫刻刀をスライドさせながら錆漆を削る

錆漆を削るときのコツは刃物の半分くらいを器の方に当てて、
それを面の基準として利用しながら削るようにします。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

それで、彫るときは削り過ぎて凹まないように注意したいわけです。

いきなり、器のラインと刃を平行にして削ると
「食い込んで」削り過ぎる可能性が高まります。
(↑図の「Aコース」になるわけです)

器の面は基本的に「湾曲」しているので、
その「丸味」を意識して削っていかなくてはいけません。
何となく削っているといつの間にか食い込んでいて、
「削り過ぎた!…(涙)」となることが多いのです。(特に初心者)

 なので、その対処法としては
「刃を斜めに当てる」です。
刃の「器側」の部分は器の素地に当てます。
一方、「錆漆側」は少し斜めに「浮かす」ようにします。
(↑図の「Bコース」になるわけです)

この「浮かし」によって、「彫り過ぎ、涙」を防止します。
ちょっとずつ、ちょっとずつ斜めに彫っていくわけです。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

※ ↑の「コクソ」を「錆漆」と読み替えてください。

 錆漆さびうるし(ペースト)を削るときの「刃の角度」としては
始めは①のように角度を付けます。
錆漆側の刃を浮かし気味にする)

ちょっとずつ削りつつ、ちょっとずつ刃の角度を
②→③→④というように、
器のラインと平行にしていきます。

こうすると失敗が極めて少なくなります。
(たまに失敗しますが)

 

器の内側は彫刻刀の刃表を器に当てながら錆漆を削っていく。

刃表の半分くらいを器に当てて錆漆を削ります。

それから、私は削る方向に対して刃を斜めに構えて
そのままスライドさせます。
その方が抵抗が少なくて綺麗に削れるような感じがします。

 

彫刻刀で器の縁部分の錆漆を削る

縁のちょい内側の錆漆を削ります。刃表で削ります。
このときもなるべく器を面基準のガイドとして利用するようにします。

 

金継ぎの錆削り方法としては錆漆を彫刻刀で削っていく

器口元の縁部分は彫刻刀の刃裏を器に当てます。
器の外側の錆を削るときも基本的には刃裏を使います。

進行方向に対して刃物を斜めに構えたままスライドさせます。

 

少し凹んでいる錆漆部分があるけど、これは漆の塗りで埋めていく

ちょい凹みがありますが、
これくらいなら漆の塗りで埋まるかなと思いますので、
次の作業へと進みます。

(…と思っていたら漆で埋まりませんでした。
結局、錆漆にまで戻りました。
なので、この時点でもう一度、錆漆をやった方が
作業が早く進んだことになります。うう…残念)

 

 

刃物での金継ぎの錆漆削り作業が終わったら、
耐水ペーパーで軽く研ぎます。

 



 【 錆研ぎ作業で使う道具と材料 】   ▸ 道具と材料の値段と売っているお店


  • 道具: ③ ウエス(ボロ布)  ④ はさみ(安物、使えなくなったものでオッケー)  ⑤ 豆皿(水を入れる容器)
  • 材料: ① 水  ② 耐水ペーパー (#320~#600くらい) 

 

 

  1. ペーパー研ぎで使う道具たち
  2. ペーパーを1㎝×1㎝くらいの大きさにハサミで切る
  3. 三つに折る
  4. 少量の水を付ける

 

豆皿に出した水を少しだけつけて錆漆を研いでいきます。

 

金継ぎんの錆漆の研ぎの方法では耐水ペーパーで研いでいく

こんな感じでいかがでしょうか?

それでは次回は漆の塗りに入ります。

 

 

 

 

【 次の作業工程に進む 】


 

 

▸ Page 03 / 漆塗り後の錆漆やり直しまで

 

 

青いカップの他の修理工程を見る

 

 

 

 

 

 

Pocket