1/5 欠けた上泉秀人さんカップの金継ぎ方法~錆漆付けまで

欠けた上泉秀人のコップの金継ぎ修理 本漆金継ぎ

 

 ファイツ!!

 

2020.5 全面リニューアル済み

 

artist 上泉秀人さんの器

初~中級者向け

難易度2.0
使用粉:金の丸粉2号
仕上げ:丁寧・こだわり
今回のシリーズは「完成度の高さ」にこだわって、頑張ってきれいに仕上げます◎

 

※ 口元が欠けたカップの「伝統的な本当の金継ぎ修理のやり方を説明していきます。

このページでは金継ぎの工程のうち
〈欠けた部分の器の素地をやすりで削る~欠けを錆漆で埋める(1回目)まで〉
のやり方を解説していきます。

 

 

今回の修理の参考になりそうなダイジェスト動画です↓

これを見れば「欠けた器のおおよその金継ぎ修理の流れ」が分かると思います。

金継ぎ修理を始めるその前に…

 

 

 
【ご注意!】


本物の漆
を使った修理方法ですのでかぶれる」可能性があります。

※ 万が一、漆が肌に付いた場合はすぐに「油(サラダ油など)」でよく洗って下さい
油?? そうです。「油」をつけ、ゴシゴシ漆を洗い落としてください。その後、その油を石けんや中性洗剤で洗い流してください。
※ もし、かぶれてしまい、それがひどくなるようでしたら、医者に行って処方してもらってください。

 

 

【道具・材料と購入先を見る】↓

▸本漆金継ぎで使う道具・材料ページ

 

 

作業を始めるにあたって、まずは装備を…

←:使い捨てゴム手袋 / アームカバー:→

金継ぎでは本漆を使うので「ディフェンシブ」に行きましょう。
ゴム手袋は必需品です◎ 漆をなめちゃいけません◎

作業後、油分多めのクリームを手、腕など、肌が露出していたところ(夏場は脚・足にも)に塗っておくと、カブレにくかった…というコメントをいただきました。
(塗り忘れたときは、毎回、痒くなった…そうです)

気になる方はやってみてください◎

注意:
修理箇所に油分をつけてしまうと、その箇所だけ漆が乾かなくなります。(手脂でも乾かなくなります)
ご注意ください!
※ 修理箇所に油分が付いてしまった場合は、エタノールで入念に拭きあげるか、台所用中性洗剤で洗えば大丈夫です◎

 

 

【金継ぎとは】

金継ぎで直す欠けたカップ

金継ぎ(金繕い)とは欠けたり、割れたりした器を本物の漆で直す日本の伝統技法です。
漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いて装飾をします。

「金継ぎ」と呼びますが、実は「金」で接着や穴埋めをするわけじゃありません。
ベースは全て漆を使っての作業になります◎

続きの長いお話↓


この「壊れた痕を目立たせる」修理方法は日本独自のものだと思います。

普通は傷って隠したくなるものだと思いますが、なぜ、敢えて金を蒔いて強調したのでしょうね?

修復した箇所に金を蒔いて仕上げる「金継ぎ」は室町時代の茶の湯から始まったようですが、壊れた器を漆で修理すること自体は縄文時代から行われてきました。

祭器の中にわざわざ漆で継いで直したものが多数、見つかっています。
僕たちの感覚からいえば、祭り(神とのやり取りの場?)で使われる器が「修理品」でいいの??と思いますよね。
「壊れた器を使うなんて、神様に失礼じゃない?作り直せばいいのに…」と思ってしまいます。

ただ、この「感覚」というのは「現代に生きる」私たち固有の(ある意味)「偏見」であり、何かを見落としていたり、何かを感じる力を失っているからこそ抱いてしまう感覚なのかもしれません。

勝手な想像を巡らせていいのならば、きっと、「作り直す」ではなく、「継ぎ直す」でなければならなかった理由が何かあるはずだと思うのです。

「壊れたもの、解体したもの(=〈死者の世界/異世界〉に移行したもの)」が「再び繋がり合う、継ぎ合わされる(=〈生者の世界/この世界〉に戻ってくる)」というプロセスをくぐり抜けたものだけが獲得し得る「力」のようなものを古代の人はリアルな身体実感として理解していた。
だからこそ継ぎ直したものも祭事に使っていた…のではないかと推測します。

千宗屋さんの本に、茶の湯の究極的な目的は”直心の交わり”だと書かれています。
直心の交わりを成立させるためには、その場に居合わせた各人それぞれが「自我のフレーム」を手放す、もしくは一度解体する必要があります。
主も客も道具も空間も一度そのアイデンティティがすべてが解体される。そしてばらばらになった破片同士をひとつに継ぎ直すことによってその場に「共身体」のようなものが立ち上がる。
その時、「わたし」も「あなた」もなくなった”直心の交わり”がなされる。

室町の茶人たちは「漆継ぎ」した器の中に、
「解体→再構築」のプロセスを通過したときに立ち上がる不可思議な「力」を具現化したもの
…として再発見した(つまり漆継ぎという技法の中にもともとあったのだと思います)。
その「力」をもっとビビットに表現する手段が「金継ぎ」だったのではないか、と思います。

さらになぜ「金」にしたのか…と書き出すとさらに長くなるのでまた今度にします。

とにかく金継ぎをやってみてください。
器の直しが完成したのに、きっと、「なんかヘン」「なんか不思議」という感覚を覚えます。
手元の傷をしげしげと眺めつつ、その不可思議な体験をぜひ。

 

【器 information】

【information】

  • 作家: 上泉秀人さん
  • 特徴: 磁器・ツルツルとした水色の釉薬。外側の側面に細かい縦方向の「しのぎ」が彫ってある。
  • サイズ: 直径78㎜×高さ72㎜
  • 破損状態: 欠け、口元の縁部分、2か所/①10㎜×15㎜ ②10㎜×5㎜
  • 仕上げ方法: 金粉仕上げ

 

修理依頼品を見ていきましょう。

欠けた器の傷の具合をチェックする。

まずは金継ぎ修理する器をしげしげと眺めます。
柔らかい水色の釉薬がいいですね。

 

依頼された傷以外にも損傷がないかチェックします。
いろいろな角度から見ます。
よくあるのが「ごく小さい欠け」と「うっすらと入ったひび」です。

 

器の欠けをチェックしながら金継ぎの修理方針を立てる。

と同時に修理の手順・方向性をイメージします。

 

ツルツルピカピカしたガラス質の釉薬なので金継ぎの「錆漆」工程で錆漆がはみ出してもきれいに拭き取れます。(もしくは固まった後、彫刻刀できれいに剥がせます)
→ということでマスキングの必要はなさそうです。

❖ 欠け部分が深くない(パテを盛って直すほどではない)
→なので錆漆(ペースト)2回くらいで欠けが埋められそう


・器自体の持っている雰囲気…今回の器は精度の高い端正な仕上がりです。
・依頼主の雰囲気…温厚でダンディーな(一見するとちょいワルな感じの)おじさまです。…などを考慮して、金継ぎの仕上がりのライン・形をイメージします。

→今回は傷のラインを「正確」に拾うよりかは少しシンプルなラインに整理した方がよさそうだなと思いました。

 

この段階では明確に完成イメージが見えないことがほとんどです。
何となくの方向性がとりあえず立てられればいいと思います。

実際に修理していく中で「もうちょい、こうした方がよさそうだな」とわかることが多いです。

 

 

 

【素地の調整】

 

〈使う道具〉

道具 :
 リューターのダイヤモンドビット
▸作り方ページ
 半丸のダイヤモンドやすり


※ 本漆金継ぎで使うおススメの道具・材料の一覧(購入先も)を↓こちらのページにまとめました。

‣本漆金継ぎで使う道具・材料ページ

 

ダイヤモンドビットのカスタマイズのやり方は↓こちらのページをご覧ください。

 

今回は①のダイヤモンドビットの方を使います。

 

▪実作業▪

 

まずは欠けた箇所のエッジをやすりで軽く削ります。

 

金継ぎの素地調整のやり方。リューターで欠けのエッジを削っていく。

欠けた部分のエッジを軽く削ります。うっすら「面」を作ります。

 

金継ぎの錆漆が載る部分もやすりがけして傷をつけておく。

錆漆や漆塗りの金継ぎ工程で器の素地への食いつきがよくなるように、軽く傷をつけておきます。

 

リューターで欠けた器のエッジを軽く削る。

もう一方の傷、「とんがった欠け」の方もダイヤモンドビットでやすり掛けします。
エッジを軽く取ります。

 

金継ぎの素地調整で器の口元のエッジもうっすらと削っておく。

口元の方のエッジにもやすり掛けします。

 

金継ぎの素地調整の工程。エッジを削る。

↑わずかですが、削れています。

 

 

【ザラザラ・マットな器を直している場合】

筆の扱いに慣れていなくて、修理箇所以外に「はみ出しちゃいそうな気がする…」という方は、汚れ防止のための「マスキング」をしておいてください。

マスキングのやり方は「この次の工程」で説明しています。

‣マスキングのやり方

 

【素地固め】

欠けた箇所を「漆の充填材」で埋める前に、その充填剤が器に食いつきやすくなるように下処理をしておきます。

修理箇所に「生漆」を薄く塗る作業をします。

 

〈使う道具/材料〉

道具:
 豚毛の平小筆
 練りベラ ‣作り方ページ ‣作り方の動画
 作業板(ガラス板など)
‣作り方ページ ‣作り方の動画
 ゲル板 ○ サランラップ

材料:
 テレピン ② ティッシュ
 生漆 ⑦ サラダ油


※ 本漆金継ぎで使うおススメの道具・材料の一覧(購入先も)を↓こちらのページにまとめました。

‣本漆金継ぎで使う道具・材料ページ

 

 ※ この作業で使う「小筆」は100均などで購入できる安価な筆にしてください(「豚毛」などの「硬い毛」がおススメです)。
陶器の断面に擦り付けるので、毛先が痛みやすいのです。高価な筆だとモッタイナイです。

 

 

 

使用「前」の筆洗い

 

 まずは筆をテレピン(または灯油)で洗って筆の中の「油」を洗い出します。
▸ 詳しい作業前の筆の洗い方

どうして筆に「油」が付いてるの??…かといいますと、漆作業で使った筆は最後に油で洗っているからなのです。油で洗うと筆の中に残った微量な漆が乾きません。
漆と油とは相性が悪いのですが、それを利用して、保管するときには油で洗います。

逆に、使う時にはその油を除去します。

 


 作業工程 
① 畳んだティッシュに筆を包む
② ティッシュをギュッと摘まんで、筆の中の油を吸い取る
※ 上の動画内では「①②のティッシュをギュッと摘まんで、
筆の中の油を吸い取る」ステップを撮り忘れています!済みません~(T_T) そのうちまた撮影し直します!
③ 作業板の上に数滴テレピンを垂らす
④ その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる
⑤ 筆をティッシュで包む
⑥ ティッシュをぎゅっと押えて、「油+テレピン」を絞り出す
⑦ 「4→5→6」を2~3回繰り返す

 

① 折り畳んだティッシュに筆を包みます。
② ティッシュの上からギュッと摘まんで、筆の中の油を吸い取ります。

③ 作業盤の上にテレピンを数滴、垂らします。
④ 筆にテレピンを含ませます。
筆は作業盤の上で捻ったりして、しっかりとテレピンと馴染むようにします。

⑤ 再び、ティッシュの上に筆を乗せます。
⑥ ティッシュの上からギュッと摘まんで、「油+テレピン」を絞り出します。

この後、「④→⑤→⑥」を2~3回、繰り返します。

この作業で筆のなかの油分をしっかりと除去します。
筆の中に油が残っていると漆が乾かないことがありますのでご注意ください。

 

「エタノール」などの揮発性の強いもので洗うと、テレピンよりも油分がしっかりと除去できますが、その分、筆への負担も大きくなり、傷みやすくなります。
ですので、金継ぎ図書館では筆が傷みにくいテレピン、灯油などをおススメしています。

 

 

生漆を希釈する

割れた断面に漆を塗るのですが、器の断面に浸み込みやすくするために、生漆に少量のテレピンを混ぜて希釈します。
作業板の上でヘラを使ってよく混ぜ合わせます。

~生漆の希釈~

【体積比/目分量】
 生漆 10:2~3 テレピン ※おおよそ

 作業工程 
① 作業板の上に生漆を適量、出す。
② 作業板の上にテレピンを数的、出す。
③ ヘラでよく混ぜる

「混ぜ混ぜ」作業はそんなに「念入り」にやる必要はありません。
ちゃちゃっと1分くらいでオッケーです◎

 

 

それを欠けた場所に浸み込ませていきます。

▪実作業▪

 


2:42~3:31まで再生

※ 写真を撮ってなかったので、他の器の修理写真を使って説明させてください。

 

金継ぎの素地固めでは生漆を筆で塗っていく

希釈した生漆を塗っていきます。

修理箇所からはみ出さないように気を付けます。

 

筆で塗り終わった生漆をティッシュで押さえて拭き取る

漆を塗り終わったら、ティッシュペーパーで表面に残った漆を吸い取ります。

折り畳んだティッシュをズレないようにしながら、漆を塗った箇所に押し当てます。

ティッシュを畳み直して、新しい面を出します。
ティッシュに漆がほとんど付かなくなるまで、この拭き取り作業を、数回、繰り返します。

 

余分な漆をティッシュペーパーで拭き取ったら、乾かす

↑こんな感じに拭き取れればオッケーです。

あまり厳密にやる必要はありません。
「そこそこ」で大丈夫です◎

 

 

漆を乾かす

作業が終わったら湿度の高い場所に置いて漆を硬化させます。
そう、漆は空気中の水分を取り込んで硬化するのです。不思議な樹液ですね◎

 

【漆が乾く最適条件】
▪▪▪

 

え~!
「高」湿度!の場所??

はい、その通りです◎

漆が乾く上記の条件を作るために「箱」を用意します。
手っ取り早く手に入る「段ボール」を例にご説明します。

① まず下にビニール袋を敷いて、段ボールが濡れるのを防ぎます。
次に濡らして「固く絞った」キッチンペーパー(もしくはウエス)を中に置きます。

② 作業が終わった器を入れます。できればウエスから少し離した場所に置きます
(上の画像よりも、もう少し離れた場所に置いた方がいいです)

③ 蓋を閉めて、湿度が逃げないようにします。

④ 鳩は入らないようにします◎

 

漆の乾きがよくないようでしたら、こまめに湿度を与えます。(5時間おきとか)
大体の場合は、初めに湿度を与えてあげればしっかりと乾きます。

※【箱】…段ボール、コンテナ、発泡スチロール…等々、何でも構いません。
要するに湿度が逃げない(逃げにくい)ように「閉じた空間」が作れればオッケーです。

※【布類】…水を含ませておくためのものですので、何でも構いません。
使っているうちにカビが生えたり、匂いがしてきたりするので、「キッチンペーパー」が使い勝手がいいようです。(匂ってきたら捨てられますから)

 

 

今回の「素地固め」では、漆を乾かす時間は「半日~1日ほど」です。
※ 2日以上~数カ月経ったとしてもほとんど悪影響はないんじゃないか?と思います◎

 

??何で「湿度の高い」場所に置くの??乾かないんじゃない?…と思われますよね。
実は漆が乾くメカニズムというのが、普通じゃないんです。

 

漆が乾くとは…

…ということなのです。
漆の世界では「硬化」することを「乾く」と呼んでいる…ってことです。

「ラッカーゼ」が元気に働いてくれると、漆が硬化するということでして、、、

【漆が乾く最適条件】

湿度:70~85%
温度:20~30℃

ということになります。

だたし、この条件は「最適条件」ということでして、この条件を上回っていても、下回っていても、乾きます
しかし、この最適条件から
●「下回るにつれ」と「乾きづらく」なっていき、「大幅に下回る」と「ほぼ乾かなくなる」こともあります

「上回るにつれ」と「乾きづらく」なっていき、「大幅に上回る」と「ほぼ乾かなくなる」こともあります

のでご注意ください。

 

「段ボールなんてダサくて嫌!」という方は↓のページを参考にバージョン・アップさせていってください。

▸ 段ボール漆風呂の作り方

 

 

 

 

使用「後」の豚毛筆洗い

 

 

漆を使った筆は作業後、「油」で洗います

作業工程 
① 折り畳んだティッシュで漆の付いた筆を包む。
② ティッシュを摘まんでギュッと漆を絞り出す。(数回おこなって、しっかりと絞り出す)
 ※ 上の動画では②の「ティッシュを摘まんでギュッと漆を絞り出す」作業を撮影し忘れました。そのうち撮り直します!済みません。
③ 筆に油を含ませる。
④ 作業盤の上で捻ったりしながら油を馴染ませる。
⑤ 筆の根元からヘラで「油+漆」をしごき出す。
⑥ ヘラで廃油を掬い、ティッシュに吸わせる。
⑦ 再び油を含ませる
⑧ 作業盤の上で、ヘラを使って絞り出す
⑨ 廃油の中に漆分が(ある程度)含まれなくなるまで…つまり「透明度」が高くなるまで繰り返す。
⑩ 筆をサランラップで包んで保管する。
⑪ 作業盤に数滴テレピンを垂らし、拭きあげる。(油分を除去する)

※ この洗い方は100均等で買った豚毛筆などの安価な筆の洗い方です。「雑」に洗っています。
蒔絵筆やインターロン筆など、ちょっとでも高い筆はこの洗い方をしないでください。毛が痛みます。

 

① 折り畳んだティッシュに漆の付いた筆を包み込みます。
② 外側からティッシュをぎゅっと摘まんで漆を絞り出す
これを数回おこなって、しっかりと絞り出します。

この時点でしっかりと漆を絞り出してしまった方が、この後の「油で洗う」時、筆が早く綺麗になります◎

③ 油の入った瓶に筆を入れて、油を含ませます。
④ 作業盤の上で捻ったりしながら筆に油を馴染ませます。

筆の根元からヘラで「油+漆」をしごき出します。今回は安価な「豚毛筆」を使っているので、わりかしガシガシやっちゃっていいです◎
⑥ 筆の中の「油+漆」の廃油がしごき出せたら、ヘラで廃油を掬い、、、ティッシュに吸わせます。
こうして廃油をどかしておくと、作業盤の上が常にクリーンな状態で筆の洗い作業ができます◎

この後は「③→④→⑤→⑥」を繰り返します。
廃油の中に漆分が(ある程度)含まれなくなるまで…つまり「透明度」が高くなるまで繰り返します。

今回は安価な「豚毛筆」を使っているので、適当なところで止めておきます。
高価な筆を洗う場合はしっかりと念入りに洗ってください。じゃないと、筆が劣化しますので◎

これで筆洗い作業は完了です◎

 

この後、筆を仕舞います。

⑨ サランラップを取り出し、その上に筆を置きます。
この時、筆先に「余白」(赤の矢印分くらい)を残しておいてください。
⑩ ラップに筆を巻いていきます。ローリングです。
⑪ 途中でローリングを止め、先ほど残しておいた「余白分」のラップを畳み込みます。
⑫ 最後までラップを巻いて、完成です◎

 

 

 

 

【 お掃除、お掃除 】

インターネット上で初心者相手の金継ぎ教室

全ての作業が終わったら作業板を掃除します。

テレピン(又はエタノール、灯油など)を垂らして、ウエスやティッシュできれいに拭き取ってください。

 

  caution ! 

厳密に言うと、掃除をし終わった後の作業板の上には「ごくごく薄っすら」と漆の成分が残っています
ですので、この作業が終わるまではしっかりとゴム手袋をして、ゴム手袋を外したあとは作業板を含めて漆の道具類を触らないようにした方がいいです。

 

 

 

 

 

※ 今回、修理しているような「ツルツル・ピカピカ」している器の場合には「マスキング」する必要はありませんが、場合によっては必要となりますので、記載しておきます。

【マスキング】

錆漆を充填する際、「器の表面」によってはそれらが汚れとしてこびりついてしまうことがあります。
作業する箇所以外が汚れないようにあらかじめマスキング材で覆っておきます

 

マスキングについてもっと詳しい解説を見たい方はこちらのページをご覧ください↓

 

 

マスキングした方がいい器とは?

 

● マスキングした方がいい器

・修理する器の表面(釉薬)が「ザラザラ、マットな質」のもの
・焼き締めの器
・器の表面に「小さな凹凸」がある
・器の表面に「小さなクレーターやピンホール」がある
・器の表面を見ても、「ツルツルしているような、でもマットなような…」と判断がつかない場合はケースバイケース
高台の裏など釉薬がかかっていない部分↑があれば、そこだけピンポイントでマスキングを行います。
※ 高台の裏は釉薬が掛かっていない場合が多いので、注意してください!

 

● マスキングしなくてもいい器

・修理する器の表面(釉薬)が「ツルツル、ぴかぴかのガラス質」のものでしたら、汚れがついても簡単に落とせます。ですので基本的にはマスキングは行いません。

・小さな凸凹、クレーター/ピンホールがない器

 

 

〈使う材料〉

マスキングで使う素材としては
・マスキング「テープ」
・マスキング「液」
の2種類があります。

 

使い分け方(金継ぎ図書館的な)

▪「テープ」を使用するのは…
 ・単純な形状にマスキングをする場合
 ・多少、複雑な形状でも、マスキングをする範囲が狭い場合

▪「液」を使用するのは…
 ・複雑な形状にマスキングをする場合

 

● マスキング「テープ」の使い方

① 棒(ヘラなど)
③ マスキングテープ(15~20㎜幅前後)

 

▪ 動画を見れば一目瞭然です◎ まずはこちらをご覧になってください↓


 
0:40~3:00まで再生

 

千切ったテープを修理箇所に沿って、貼っていきます。
その際、ヘラなどの棒を使うと作業がしやすくなります。

㊨:テープが修理箇所に「掛かって」しまったら、テープを棒で引っ張って微調整してください。
意外と融通が利きます◎

テープの貼り方ですが、「修理箇所から1~2㎜前後の隙間を開けた方がいい」と思います。

 

▪もう少し詳しい解説を見たい方はこちらのページをご覧ください↓

 

 

 

● マスキング「液」の使い方

①④ マスキング液

② 水筆+水+中性洗剤

 

▪ 動画を見れば一目瞭然です◎ まずはこちらをご覧になってください↓


 
3:00~7:08まで再生

 

㊧:筆先で少量のマスキング液を掬います。
マスキング液はどんどん固化していくので、容器の蓋は閉めます。

㊨:修理箇所に触れないように、その周りに塗っていきます。

薄く延ばしながら塗っていきます。
マスキング液がどんどん固化していくので、手早く塗っていきます。

マスキング液が足りなくなったら、その都度、液の入った瓶から少量出して使います。

 

マスキング液は乾くと「透明」になります。
「質感」としてはゴムっぽい感じです。

擦ると簡単に剥がれてしまいますので、気を付けてください。

 

▪もう少し詳しい解説を見たい方はこちらのページをご覧ください↓

 

 

 

 

 

【錆漆を付ける】

「欠け」や「凹み」を漆で作った充填材で埋めていきます。

漆で作る充填材には2種類あります。

① パテ状の「刻苧漆こくそうるし
② ペースト状の「錆漆さびうるし

…の2種類です。

 

刻苧or錆漆を使うかの判断基準

←刻苧漆(写真左)/(写真右)錆漆→

 

この2種類の充填材のどちらをどういった場合に使ったらいいのか?ですが、下記の表をジャッジする際の参考基準としてください。

 

基本的には「面積」ではなく、「深さ」を基準にしてください。

 傷の深さ   使う充填材 
▪深さ2㎜以上

刻苧漆こくそうるし(パテ)】を使用
一回の盛り厚は3㎜程度まで
それ以上の深さに充填する場合は数回に分けて充填する

▪深さ1~2㎜ 錆漆でも刻苧漆でもどちらでもオッケー
※ 錆漆を充填する場合は一回の盛り厚は1㎜程度まで
それ以上の深さに充填する場合は数回に分けて充填する
▪深さ0~1㎜未満

錆漆さびうるし(ペースト)】を使用
一回の盛り厚は1㎜程度まで
それ以上の深さに充填する場合は数回に分けて充填する

●「深さ」を基準にするので、充填箇所が…
・面積が狭くても「深ければ」→刻苧漆
・面積が広くても「浅ければ」→錆漆
…というように考えてください。

 

今回の修理は「面積は広い」けど、深さとしては「浅い」ので「錆漆(ペースト)」を使って直していきたいと思います。

 

〈使う道具/材料〉

 道具:
 作業盤(ガラスなど)
‣仕立てページ ‣仕立て動画
付けベラ ‣作り方ページ ‣作り方の動画  
練りベラ ‣作り方ページ ‣作り方の動画
 計量スプーン 1/4 (0.25㏄)

材料:
 ② 生漆 ⑥ 砥の粉


※ その他、本漆金継ぎで使うおススメの道具・材料の一覧(購入先も)を↓こちらのページにまとめました。
▸ 本漆金継ぎで使う道具・材料ページ

 

これらの材料を使って「ペースト状のもの=錆漆さびうるし」を作ります。

 

 

錆漆の作り方

 

 作業手順 
1.砥の粉を細かく潰す
2.水を少しずつ砥の粉に足しながら、よく練る
3.生漆を少しずつ「水練り砥の粉」に足しながら、よく練る
 

それでは「錆漆」を作っていきます。

錆漆は…
錆漆=砥の粉+生漆
で出来ています。

配合比は…

【目分量の体積比】

砥の粉 10:7~8 生漆

※ 【体積比】です。お間違いなく。

※ 錆漆の「作り置き」はおススメしません「使うときに作る」が原則です。
作ってから2~3日くらは乾きますが、どんどん乾きが悪くなっていきます。

とはいえ、「明日も他の器を直すので」という方は、残った錆漆さびうるし(ペースト)を保存してください◎
▸余った錆漆・麦漆・漆の保存方法

 

 

1.砥の粉を擦切り1杯
2.生漆を7~8分目
3.作業盤の上で砥の粉を細かく潰す
4.脇に水を少量出す

5.潰した砥の粉に少量ずつ水を加えながら、ヘラでよく練る
6.砥の粉が「まとまる」くらいまで水を加えつつ、練る
7.生漆を少量ずつ加えながら、ヘラでよく練る
8.生漆を全部加えたら出来上がり◎

※ 生漆が多すぎるといつまで経っても乾かない錆漆になってしまいますので、配合比には気を付けてください。

 

さらに詳しい「錆漆の作り方」を見たい方はこちらをご覧ください↓

 

 

ヘラで錆を掬うテクニック

 

作業に入る前に<ヘラテク>をご紹介します。

(4:45~4:59を再生)

 

【錆スクイ・テク】
▪▪▪

  1. 作業板の上で錆漆を薄く均一に広げる。
  2. ヘラを少し寝かしつつ、横から滑り込ませる。
  3. 右側から左側へ通す。
  4. そうするとヘラの先っちょだけに錆漆がつきます。
     

慣れてくるとテンポよく作業ができて、それだけで気持ちがよくなります。
<同一動作の反復>というのは集中していくととても心地いいものです。

 

 

▪実作業▪

 

 今回は修理する傷が浅いので錆漆を使います。

錆漆の「盛り厚」は1回につき1㎜以下程度いいと思います。
なので今回は2回に分けて、欠けた部分に充填していきたいと思います。

 

小さく欠けた個所に錆を付ける時の参考になる動画です↓


(5:00~6:17まで再生)

 

小さめの欠けから埋めていきます。

金継ぎの錆漆付けの方法。箆に少量の錆漆を付けて、それを欠けた部分に盛っていく。

作業盤の上の錆漆から「付け箆」の箆先に少量、取ります。
箆先に載った錆漆を欠けた箇所の「エッジ部分」にこすりつけるようにしながら置いていきます。

 

金継ぎの錆漆付けのやり方。錆漆をもう一度少しだけ欠け多分に付ける。

錆漆の量が少なかったのでもう一度、箆先に少量の錆漆を取ります。

 

欠けた部分に載せた錆漆を箆で均す。

同様に口元のエッジ部分に沿わせるように錆漆を置いていきます。

 

金継ぎの錆漆付けで載せた錆を箆で左右に均していく。

次に箆を上下左右に通して、欠け部分の内側にしっかり詰め込んでいきます。

いろいろな方向に箆を通して、錆漆を動かさないとほんの少し隙間が空いてしまうことがあるので注意してください。

 

錆漆付けの完了。

 錆付け一回目はこんなもんで。

 

器の内側から見た錆漆。

器の内側から見た画像です。
錆漆が少し凹んでいますが、これでオッケーです。一回で厚盛りしない方がいいのです。

 

 

 

次に広い面積の方の欠けに錆漆を盛ります。

大きな欠けの方にも金継ぎの錆漆付けを行う。

この欠け部分は面積が広いのですが「深さ」がないので麦漆より錆漆で埋めていった方が適していると思います。

 

少量の錆漆を箆で載せていく。

錆漆を載せます。ぜんぜん足りていません。

 

金継ぎの錆漆の方法。錆漆をさらに載せていく。

錆を付け足していきます。

 

欠けた部分に載せた錆を箆で左右に均していく。

今度は口元のエッジ部分に箆をこすりつけるようにして錆漆を付けていきます。

 

金継ぎの錆を箆で均して隙間がないようにする。

欠け部分に載せた錆漆を箆で左右に通して、均していきます。

 

錆漆を上下左右と箆を通して均す。

上下にも箆を通して、しっかり隙間なく錆漆が入り込むようにします。

 

ちょっと幅広の欠けた個所に錆を付ける時の参考になる動画です↓

3:11∼6:16まで再生

 

金継ぎの錆漆をチェックする。厚いところがないか気を付ける。

様々な角度からチェックして盛りすぎや薄すぎている部分がないか確認します。
といっても錆漆は乾きが早いのであまりじっくりとは作業がしていられません。

錆漆を箆で触った時にボサボサしてきたら作業は諦めてください。
乾かしてからもう一度やりましょう◎

 

器の内側から金継ぎの錆をチェックする。

器を上から見た画像です。

 

金継ぎの錆漆付けが完了。

金継ぎの錆漆付け1回目が完了しました。

 

 

【 お掃除、お掃除 】

インターネット上で初心者相手の金継ぎ教室

全ての作業が終わったら作業板を掃除します。

 テレピン(又はエタノール、灯油など)を垂らして、ウエスやティッシュできれいに拭き取ってください。

 

  caution ! 

厳密に言うと、素地をし終わった後の作業板の上には「ごくごく薄っすら」と漆の成分が残っています。ですので、この作業が終わるまではしっかりとゴム手袋をして、ゴム手袋を外したあとは作業板を含めて漆の道具類を触らないようにした方がいいです。

 

錆漆を乾かす

 

錆漆の乾きに1~2日間待ちます。

 

錆漆が乾くまで1~2日待機してください。
(調子のいい生漆を使うと4~5時間後に次の作業ができますが、一応大事を取って「待って」ください)

 錆漆さびうるし(ペースト)はそれ自体に「水分」が入っているので、とくに湿度のある「漆風呂」に入れなくてもしっかりと硬化してくれます

ですが、
・「古い生漆」
・「乾きの悪い生漆」
・「数日、取り置きしておいた錆」
…を使っていた場合は乾きが悪い可能性があります。その場合は初めから湿し風呂に入れて、湿度を与えてください。

始めに湿度を与えて、漆に「闘魂を注入」することが大切です◎

 

※ 水を固く絞った布を中に入れて湿度を高くしてください。

 

もうちょい詳しく見たい方は↓こちらのページをご覧ください。

 

 

本日の作業はここまでです◎
お疲れ様でした。

 

 

次の作業をご覧になりたい方はこちらのページへ↓

 

その他の作業ページを見る


 

 

 

【他の修理例を見る】↓

 

 

【道具・材料と購入先を見る】↓

 

 

【わかりやすい金継ぎ本を探している方】↓