注ぎ口が欠けた「ピッチャー岡田直人」の金繕い修理 01/漆のパテ埋め

 

size19

 

※ 口周りが欠けたピッチャーの金繕い修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですのでかぶれる」可能性があります。ご注意ください。
※ 万が一、漆が肌に付いた場合はすぐに「油(サラダ油など)」でよく洗って下さい。
油?? そうです。「油」をつけ、ゴシゴシ漆を洗い落としてください。その後、その油を石けんや中性洗剤で洗い流してください。

今回は金繕い工程の内の〈素地調整~刻苧漆の充填〉までの方法を解説していきます。

 

「ピッチャー、岡田直人!」…と書くと、野球のようです。

↑のタイトル【「ピッチャー岡田直人」の金繕い修理のやり方】って…。もし、岡田さんに会ったら怒られるな。(会うことはないでしょうが)

すごく久しぶりの「修理方法コンテンツ」です。
ども、お久しぶりです。金継ぎ図書館です。かなり極端に更新頻度が落ちた金継ぎ図書館です(廃館してませんよ~)。ご無沙汰していました。済みませんでした。

 

 

 

私、初めてなんですけど、どんな道具とか材料を買えばいいんですか?どこで買えるんですか??

↓ こちらのページを参考にしてください◎

▸ 本漆金継ぎで必要な道具と材料/そのお値段と買えるお店のご紹介

 

 

作業を始めるにあたって、まずは装備を…

金継ぎでは本漆を使うので「ディフェンシブ」に行きましょう。ゴム手袋は必需品です◎ 漆をなめちゃいけない◎

 

 

 

金継ぎ(金繕い)とは


金継ぎ(金繕い)とは欠けたり、割れたりした器を漆で直す日本の伝統技法です。漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め、漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いてお化粧をします。

えーっと、実は「金」で接着や穴埋めをするわけじゃありません。ベースは全て漆を使っての作業になります◎

 

 

 

器 information


岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

カッコイイです。
ギリシャ彫刻のようです。石膏デッサンを思い出してしまいます。

岡田さんの数ある器の中でもピカ一かもしれませんね◎

information

  • 器の作家: 岡田直人
  • 器の特徴: 白マットの釉薬。
  • 器のサイズ: 直径100㎜、高さ206㎜
  • 破損状態: 欠け4か所…口周り(注ぎ口など)
  • 修理料金: ¥7,200- + Tax
  • 仕上げ: 金粉仕上げ
  • 依頼主: N.Mさん

 

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

 

【 器 story 】


 昨年、関西から関東へと引っ越してきたMさん。

ご夫婦2人共、コーヒーが好きで色々なお店の豆を試すのが趣味。

関西にいた時は行きつけのお店のものを使っていたけど、東京は比べものにならないくらい沢山の店があって、嬉しさ反面、周りきれずお気に入りのお店を決めかねているところ。

 
陶芸家・岡田直人さんの作る器が大好き。
ちょうどピッチャーを探していたところ、この岡田さんのピッチャーに出会い一目惚れ。
 
関西の器ギャラリーで働いていた時に「器を育てる」ということを教えてもらった。
大好きなものは毎日使いたい。だけど、「欠けたまま」だと出番がなくなりそう…。
これから先、これ以上素敵な物に出会えないような気がする…。
 
ということで、思い切って「金継ぎ図書館」へ。確かに少し値段はかかりますが(笑)

毎朝コーヒーを淹れるとき
2人が揃う休みの日の食後の一杯のとき
そこあるのはもちろんこのピッチャー ◎

 

     岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

 

いきなり作業を始める前に、まずは

  1. 傷の確認(細かいところまで)
  2. 修理計画を立てる(完成のイメージも作りつつ)

です。

1. 傷の確認
修理する器の傷の具合を入念にチェックします。意外と自分で気が付いている以外の傷が入っていたりします。「ちいさな欠け」「薄っすらと入ったひび」は特に見落としがちです。
いろいろな角度から器に光を当てて、チェック、チェックです◎(←”ひび”は当てる光の角度をいろいろと変えて見ていると”見える”ことが多いです)
 

2. 修理計画を立てる(完成のイメージも作りつつ)
傷の具合を見て、例えば欠けが大きかったら「刻苧漆こくそうるし(パテ)→錆漆さびうるし(ペースト)」となりますし、欠けが小さかったらいきなり錆でオッケーです。
また、器の釉薬の具合を見て、「ツルツルのガラス質」ならば「マスキングで汚れ防止」をする必要は基本的にはありません(絶対に汚したくない人はもちろんやってください◎)。「ガサガサのマットな表情」だったら、マスキングをした方がいいと思います。

…などなど、作業に入る前にある程度の「計画」や「完成イメージ」を作っておきます。けど、それほど厳密にやる必要はないと思います。経験を積んでいくうちにこのあたりの計画は立てやすくなってきますし、完成イメージに関しては作業を進めていくうちに「変更」「修正」を加えていく方が実はいいと思います◎

 

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

 「注ぎ口の欠け」です。これがなかなか難しい。
しっかりと「水切れ」しないといけないわけです。切れが悪くてだらだらと「おつゆ」が垂れたら…ちょっと、ですよね。

是が非でも「キレキレ」にします。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

修理依頼は 「欠け」の4カ所。
なのですが、一応、他に「小さい欠け」がないか?実は「薄っすらとひび」がはいっていないか??を入念にチェックします。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

この時点で、↑このくらいの「深さ、大きさ」の欠けだったら、「刻苧漆こくそうるし(パテ)」でいった方がいいだろな…って計画を立てます。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

今回の修理の「難所」はやはり「注ぎ口の成形」です。

この時点では「注ぎ口くらい、余裕でしょ~」って思っていました。(←”過信”ですね~)

 岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

 けど、「意外と大変なのよ」ということに後程、気が付きました(涙)

 

 

 

 

 

01> 素地の調整


道具  ①リューターのダイヤモンドビット ▸作り方 ②ダイヤモンドやすり
▸ 道具・材料の値段/販売店


※ 今回は①の道具で、「ビット」の部分を「球体」から「砲弾型」に取り替えて使いました。

 ダイヤモンドビットは市販のものを購入したままだと使いづらいので(先っちょの部分しかないので)、簡単なカスタマイズをすると使いやすくなります。
▸ ダイヤモンドビットのカスタマイズの方法 

 

 

まずは欠けた箇所のエッジをやすりで軽く削ります。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

私はたいがい、やすることにしています。やすらない人も多いと思います。

何故、やするのか…??いろいろと理由が思い浮かびますが、説明が面倒なので(伝わりづらい気がするので)また今度。…隠しているわけじゃないですよ~◎

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

かるくずりずりと。ずりずり。

 

 

 

 

02> 素地固め


道具  ③小筆 ⑤練りべら(大き目のヘラ) ▸作り方 ⑥作業板(ガラス板) ▸作り方
材料  ①テレピン ②ティッシュ ④生漆 ⑦サラダ油

▸ 道具・材料の値段/販売店


 ※ この作業で使う「小筆」は安価な筆にしてください。陶器の断面に擦り付けるので、毛先が痛みやすいのです。蒔絵筆だとモッタイナイです。

 

 まずは筆をテレピンで洗って筆の中の油を洗い出します。
 ▸ 詳しい作業前の筆の洗い方

 

 【 作業前の筆の洗い方 】

  1. 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
  2. その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。
  3. ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しく押さえる

 

 

 

 次に、浸み込みやすくするために生漆をテレピンを混ぜて希釈してください。作業板の上でヘラを使ってよく混ぜ合わせます。

 

 【 生漆の希釈 】

【体積比/目分量】… 生漆 10:3 テレピン ※おおよそ

※ テレピンの代わりにアルコール、灯油でもオッケーです◎

 

それを欠けた場所に浸み込ませていきます。

【素地固め動画】

 

 

それでは作業に入ります。みなさん、「ゴム手袋」してくださいね◎ しないとカブレちゃうかもしれませんよ。

 岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

塗ります。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

はみ出しちゃダメですよ。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

欠けた箇所すべてに漆を浸み込ませました。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

 ティッシュで吸い込まなかった余計な漆を拭き取ります。

 岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

折り畳んだティッシュを押し当てます。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

余分な漆がティッシュに吸い取られました◎

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

これを2,3回繰り返します。
ティッシュにほとんど漆が付かなくなるまで繰り返します。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

 オッケーです。漆の拭き取り作業終了です。

 

拭き取り作業が終わったら湿度の高い場所(65%~)に置いて漆を硬化させます。そう、漆は空気中の水分を取り込んで硬化するのです。不思議な樹液ですね◎

湿度が高い場所…って、お風呂場にでも置けばいいんですか??

 風呂場…でもいいのですが、風呂場って湿度が100%近くにまでなるので、漆を乾かすにはちょっと「どぎつい」環境だと思います。(漆は急激に硬化すると「やけ」「縮み」といった厄介な現象が起こりやすくなります)

もうちょっとソフトな環境を用意してあげましょう◎ そう、実は漆は”やさしさ”で乾くのです。よ◎

 

 【 簡易的な漆乾燥用の風呂 】

湿度が保てる空間を用意します。
※ 水を固く絞った布を中に入れて湿度を高くしてください

↑ こんな感じでいかがでしょうか?

え!段ボール…。こんなんでもいいんですか??

 はい、大丈夫です◎「段ボールなんてダサくて嫌!」という方は↓のページを参考にバージョン・アップさせていってください。

▸ 段ボール漆風呂の作り方

 

湿度のある場所(65%~)6時間くらい置いて漆を硬化させてください。

 理想的には「漆の乾きかけ」のタイミングで次の接着作業に入れたらステキです。けど、そのタイミングで次の作業に入るのが難しいようでしたら、なるべく1,2日後くらいに次の作業に取り掛かるようにしてください。

 とはいえ、↑これは「厳密に言うと」ということですので、1~2週間空いてしまっても「ヤバイ!」ってことにはなりませんのでご安心ください◎

 

 

塗り終わったら油で筆を洗います。
 ▸ 詳しい作業後の筆の洗い方 

※ 油で洗わないと筆の中に残った漆が硬化するので次第に筆がゴワゴワしてきてしまいます。

 

【 終わった後の筆の洗い方 】

  1. 筆に油を含ませる
  2. 作業板の上で優しく捻ったり、クネクネ(?)させたりする
    (こんな表現でいいんでしょうか?)
  3. ティッシュの上で、ヘラを使って優しく押さえる
  4. 筆の中の漆分がほとんどなくなるまで、<1~3>の作業を繰り返しす
  5. 最後に綺麗な油を筆に軽く含ませてキャップを被せる

※ 極々、ソフトに押さえるようにして筆の中の漆と油を掻き出すようにしてください。強くしごいてしまうと、筆の毛先が痛んで「カール」してしまします。

 

【使い終わった筆の洗い方動画】

 

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。

キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方はこちらを参考にしてください。
 ▸ 筆のキャップの作り方 

 

 

 

 

インターネット上で初心者相手の金継ぎ教室全ての作業が終わったら作業板を掃除します。

 テレピン(又はエタノール、灯油など)を垂らして、ウエスやティッシュできれいに拭き取ってください。

   caution ! 

 厳密に言うと、素地をし終わった後の作業板の上には「ごくごく薄っすら」と漆の成分が残っています。ですので、この作業が終わるまではしっかりとゴム手袋をして、ゴム手袋を外したあとは作業板を含めて漆の道具類を触らないようにした方がいいです。

 

 

 

03> 刻苧漆(パテ)の充填


道具: ①サランラップ ②作業板 ▸作り方  ③刻苧ベラ ▸作り方 ④練りベラ ▸作り方
材料: ⑤生漆 ⑥小麦粉 ⑦木粉 ▸作り方 ⑧水

▸ 道具・材料の値段と売っているお店


 

↑ これらの材料を使って穴に埋めるパテ状のものを作ります。
  ▸ 刻苧漆こくそうるし(パテ)の詳しい作り方

はじめての方はしっかりと↑こちらのページをお読みください。失敗をしなくて済みますよー◎

 

今回、直す器の「欠け」の深さが「2㎜」ほどなので、刻苧漆こくそうるし(パテ)を充填することにしました。

傷が「浅い」場合は ▸ 錆漆さびうるし(ペースト) で充填してください。

 

「刻苧」を使うのか、それとも「錆漆」を使うかジャッジする際のご参考までに。

傷の深さ 使う充填材
深い(2㎜以上) 刻苧漆こくそうるし(パテ)
※ 一回の盛り厚は3㎜程度まで
それ以上の深さに充填する場合は
数回に分けて充填する
どっちつかず(1~2㎜) どちらでもお好みで◎
※ 錆漆を使う場合は1回で厚盛しない。
一回の盛り厚は1㎜程度まで。
それ以上の深さに充填する場合は
数回に分けて充填する
浅い(1㎜未満) 錆漆さびうるし(ペースト)

 

 

【 刻苧漆こくそうるし(パテ) = 麦漆むぎうるし(接着剤) + 木粉 】

なので、まずは麦漆むぎうるし(接着剤)を作ります。
▸ 麦漆の詳しい作り方

 

体積比(目分量)… 小麦粉 1 : 1 生漆 ※ 水は適量

  1. 小麦粉、水を出します
  2. 水を少しずつ足しつつ、練っていきます
    (ガムみたいに粘るまで)
  3. 生漆を少しずつ足しつつ、練っていきます
  4. 完成です◎

 

 

【麦漆作りの動画】

 

初めのうちは失敗しないように、ちゃんと計量スプーンを使ってやってみてください◎

作った麦漆に木粉を入れていきます。

 

  1. 麦漆むぎうるし(接着剤)漆を1割くらい横に取っておきます
    (失敗した時のために)
  2. 木粉を少しずつ足しつつ、練っていきます
  3. ちょっとずつ様子を見ながら木粉を足していきます
  4. ヘラがぎりぎり「ぱっ」と離れるようになったらオッケーです。
    (まだ「べたっ」とくっつくようだったら、もう少し木粉を足してください)

 

【刻苧作りの動画】

※ 木粉が少ない(麦漆の分量が多すぎる)といつまで経っても乾かない刻苧漆こくそうるし(パテ)になってしまいます!

▸ 刻苧漆こくそうるし(パテ)の詳しい作り方
はじめての方はしっかりと↑こちらのページをお読みください。

 

 

 

 

 

今回は「造形」の必要な「注ぎ口」と「深い欠け」を、刻苧漆で充填します。

「小さい欠け」は錆漆で埋めます。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

充填箇所の後ろからサランラップを当てがって指で押さえます。(←意味、伝わりますか??)

※ 皆さんはゴム手袋をしてくださいね。オフェンシブにいきたい方はもちろん素手でもオッケーです◎ でもオフェンシブに行く必要はないと思います。

少しずつ、刻苧漆を盛っていきます。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

↑画像ではこの時点でもきれいに造形できているように見えます。が、もちろん四苦八苦しながら形を整えました。写真写りがいいように「見栄」を張っています。

指で抑えつつ、箆で少しずつ盛っていきます。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

サランラップをぐるっとひと巻してから指でぎゅっとつまみます。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

様子を見ながら形を整えていきます。

一回の「ぎゅっ」ではうまくいきません。(上手くいったら達人です。そんな人はこのコンテンツを見る必要はありません◎)

何度も指を話し、形をチェックし、そして微調整します。

器の方にも刻苧漆がしっかりと密着するように押し込みます。

 

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

こんな感じでどうでしょ??

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

8.5~9割方、形が整っている…という感じでしょうか。

刻苧が乾いたあと、彫刻刀で削って、さらに錆漆でも成形ができますので、それを計算すると9割方、形が整っていれば「御の字」かと思います。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

ちょっと「ライン」がおかしいですね。

でも、ひとまず「よし」としましょう◎

 

「次の作業」、「次の次の作業」というように先を見通せるようになると、この時点でどこまでの精度がでていればいいのかが分かるようになります。(←おっ!エラソーじゃん)

 

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

やや深めの欠けにも刻苧を充填します。
錆漆を2,3回に分けて盛っていく…というのでもオッケーです。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

箆で刻苧を詰めて、サランラップを巻き、指で「ぎゅっ」と押さえる。

 

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

刻苧漆の盛り厚は、器のラインと「フラット」か、もしくは「ほんのちょい盛り目」です。

 

岡田直人のピッチャーの金繕い修理のやり方

 これはちょい盛りです。

乾いたら彫刻刀で削りますので大丈夫です。

 

刻苧漆の乾きに2,3週間待ってください。
(刻苧に含まれる漆の割合、木粉の割合、漆自体の活力、気温などによって乾きのスピードが異なります)

 

 

 

 

インターネット上で初心者相手の金継ぎ教室全ての作業が終わったら作業板を掃除します。

 テレピン(又はエタノール、灯油など)を垂らして、ウエスやティッシュできれいに拭き取ってください。

   caution ! 

 厳密に言うと、素地をし終わった後の作業板の上には「ごくごく薄っすら」と漆の成分が残っています。ですので、この作業が終わるまではしっかりとゴム手袋をして、ゴム手袋を外したあとは作業板を含めて漆の道具類を触らないようにした方がいいです。

 

 

 

 【次の工程を見る】

▸  Page 02 / 錆漆削り・研ぎまで

 

 

 

Pocket