【Web金継ぎ教室】 Lesson01 欠けた器/ 初心者・久恒さんの金継ぎ往復書簡

WEB上で繰り広げられる初心者相手の「金継ぎ教室」です。今回の挑戦者は「久恒さん」。「欠け」たカップを直します。彼女をナビゲートする形で、このページを作っていきます。今回は欠けた箇所に漆を浸み込ませるところまでの解説です。Read More »

注ぎ口が欠けた食器(作・岡田直人)の金繕い修理のやり方 03

注ぎ口が壊れた岡田直人さんのピッチャーを直します。日本の伝統技法である「金継ぎ」と呼ばれる方法で修理します。「本漆」を使いますが、それほど難しいものではありません。ぜひぜひ、このページを参考にしてご自分でもチャレンジしてみてください◎Read More »

欠けてひびの入ったマリナーズ・マグカップの金継ぎ修理のやり方 03 蒔絵・完成

※ 口元が割れた蕎麦猪口の金繕い修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。 今回は金繕い工程の内の〈錆漆の研ぎ~蒔絵・完成〉までの方法を解説していきます…Read More »

欠けてひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方 02 錆付けまで

ひびの入ったマグカップの修理を行います。本物の漆を使った伝統的な修理方法の「金継ぎ」と呼ばれるやり方で直します。今回は「錆漆」で修理箇所を埋めて、それを削ります。初めての方でも自力で出来るようにナビゲートしていきますので、どうぞ参考にしてください。Read More »

欠けてひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方 01 刻苧充填まで

欠けて、なおかつ「ひび」の入ってしまったマグカップの修理をします。本物の漆を使った「金継ぎ」と呼ばれる伝統技法を使って直します。使う素材は特殊ですが、やり方自体はそれほど難しくはありません。このページを見ながら、ぜひご自分でチャレンジして直してみてください。Read More »

欠けた抹茶茶碗の金繕い修理のやり方 01/錆漆付けまで

縁が小さく欠けた抹茶茶碗を金継ぎ方法で直します。本物の漆を使った伝統的な修理技法です。「かぶれ」のリスクはありますが、技法自体はそれほど難しいものではありません。ぜひこのページを見ながらご自分でお茶碗の修理にチャレンジしてみてください。Read More »

初めての新うるし金継ぎ!欠けたミフィー皿をカワイく直しましょう◎/ Page 02

縁の欠けたミフィーちゃんのお皿を修理します。合成の接着剤、パテ、新うるし(本漆じゃありません)を使った「簡単」金継ぎの方法で直します。お手軽、簡単ですのでどうぞこのページを参考にご自分で直してみてください。Read More »

初めての新うるし金継ぎ!欠けたミフィー皿をカワイく直しましょう◎/ Page 01

縁の書けてしまったミフィーの小さな器を直します。本物の漆ではなく「新うるし」という合成樹脂を使った修理方法です。ホームセンターやハンズなどで簡単に入手できる道具と材料とで修理を行いますので、初めての方でも独学でできると思います。Read More »

〈欠け〉内田鋼一さんカップの金継ぎ方法~蒔き地のやり方教えます Page 01

縁の欠けたカップの修理のやり方をお教えします。本物の漆を使った「金継ぎ」と呼ばれる日本古来からの伝統技法です。初心者の方でも独学でできるような説明を心掛けていますので、参考にしていただけたら嬉しいです。Read More »

1 2 3