割れた柳宗理のコーヒーソーサーの金継ぎ修理

割れた柳宗理コーヒーソーサーを漆もちょっと使って簡単に直す〈簡漆金継ぎ〉のやり方 3/3 蒔絵完成まで

割れたコーヒーソーサーの修理をします。合成樹脂と本漆を使った簡単な金継ぎ〈簡漆金継ぎ〉で壊れた器を直します。合成樹脂を使うことで作業時間の短縮、手順の簡略化を図りつつ、仕上げは漆を使うことで食器として安全に使うことができます。今回は漆塗り→蒔絵完成までを解説していきます。

割れた柳宗理コーヒーソーサーを漆もちょっと使って簡単に直す〈簡漆金継ぎ〉のやり方 2/3 漆の下塗りまで

合成樹脂と本漆を使った簡単な金継ぎ〈簡漆金継ぎ〉で壊れた器を直します。合成樹脂を使うことで作業時間の短縮、手順の簡略化を図りつつ、仕上げは漆を使うことで食器として安全に使うことができます。伝統的な金継ぎほどには難しくないのでぜひチャレンジしてみてください。今回は漆塗りまでの作業をご説明します。

割れた柳宗理コーヒーソーサーを漆もちょっと使って簡単に直す〈簡漆金継ぎ〉のやり方 1/3 接着まで

「簡漆金継ぎ」というイージーな漆継ぎのなり方を解説します。割れたお皿のパーツを合成樹脂の接着剤でくっつけて、最後の塗りだけは本物の漆を使います。手順も比較的簡単ですし、完成までの時間も短縮できる。「かぶれ」のリスクも少ない。そして仕上げは漆を使うので食器にも安心して使えます。

割れた角谷啓男さん竹筒カップの金継ぎ方法(極詳述) 5/6 ~錆漆研ぎまで

割れたカップの修理方法をご説明します。本物の漆を使った「金継ぎ方法」です。今回は割れた破片を接着した隙間に錆漆を入れて、それを研いでいきます。金継ぎに必要な道具の説明から錆漆の調合の仕方まで細かく(ややしつこく)解説していきます。どうぞ参考にしてみてください。

割れた角谷啓男さん竹筒カップの金継ぎ方法(極詳述) 4/6 ~刻苧漆削りまで

割れた器の金継ぎ修理方法のご説明です。本物の漆を使います。道具の作り方、選び方、使う材料の作り方までご紹介します。今回は漆を使ったパテの充填のやり方とその削り方を写真を中心にして解説していきます。ご興味のある方、参考にしてみてください。

欠けた角谷啓男のコップの金継ぎ修理

割れた角谷啓男さん竹筒カップの金継ぎ方法(詳述) 1/6 ~素地固めまで

3ピースに割れたカップを金継ぎ技法で修理します。本物の漆を使った古来からの修復方法です。画像を多く使って分かりやすいようにご説明します。道具の作り方から必要な材料までご紹介し、なるべく初めての方でもチャレンジできるようにしています。今回は器の素地を漆で固めるまでの解説です。