「たびたび金継ぎ図書館、江古田でおじゃまします」展 やります!

 

size19

 

長らくサイトのアップができておりませんでした。(デッサン教室だけでした)
すみませんでした。

久しぶりに金継ぎ関係です。

 

お知らせです。


展示、やります。はい。

いつから?  火曜日から…。  いつの火曜日?  9月13日の火曜日…。
告知、遅くない??  うん、遅い…。

はい、ということで9月13日火曜日から江古田(東京都練馬区)の「ヴィエイユ(ベーカリー・カフェ&ギャラリー)」さんで展示をやらせていただくことになりました。

 

tentoumusi-sara_011

【期間】 2016年9月13日(火)~10月9日(日)
【場所】
ヴィエイユ」ベーカリー・カフェ&ギャラリー
東京都練馬区旭丘1丁目56−2
(池袋駅から西武池袋線で3駅目(約6分)の「江古田」駅下車。駅から徒歩約5分です)
【営業時間】
平日・土曜 14:00~21:00
祝日・日曜 12:00~18:00
(月曜日がお休み)

 

 

何、展示すんの?  金継ぎ。  

はい、ということで「金継ぎした器」を展示します。
金継ぎした器の実物を見たことが無い方、ぜひ見てみてください。「おっ!結構、きれいじゃん」って思うかもしれません。
「え~、金継ぎってあの金で線描いてあるだけでしょ?みんな同じじゃん」って思った方。それ、違います。鳩屋の認識がやや甘いです。「いつもの」金継ぎ修理した器もありますが、「じゃない」修理をした器も結構、あります◎

なにゆえ、金継ぎ図書館はこんな修理をしたんだ…???(意味、分からん)というものも多数、揃えました◎

合計二十数点の器を展示予定です。

 

 

【水色の平皿】 Normal Kintsugi


mizuiro-sawser_009

  • 器の大きさ: 直径 225㎜ × 高さ 23㎜
  • 器の特徴: ガラス質の釉薬
  • 破損の具合: 割れ 3パーツ(計 470㎜) / ひび 2か所(計 60㎜)
  • 仕上げの種類: 金粉仕上げ

 

「ノーマル」な修理です。
これぞ「ザ・金継ぎ」ですよね◎

 

mizuiro-sawser_002

 

mizuiro-sawser_005

 

mizuiro-sawser_006

 

mizuiro-sawser_008

 

 mizuiro-sawser_016

 

mizuiro-sawser_010

 

 

 

【白い平皿】 Tento-musi-Happa-kuu


tentoumusi-sara_005

  • 器の大きさ: 直径 320㎜ × 高さ 13㎜
  • 器の特徴: マットめの釉薬
  • 破損の具合: 小さな欠け(計 27㎜)
  • 仕上げの種類: 金粉/色漆4色

 

はい。これは天道虫が元気いっぱい葉っぱを食べています。
可愛いですね◎

えっ!?テントウムシ…。
お皿に虫、くっつけて何してんのよ(涙) 怒られるよ~。

 

tentoumusi-sara_006

 

tentoumusi-sara_008

あなたね、こうゆうのウェブに載っけてると、お客さん減るわよ。

はっ!

 

tentoumusi-sara_009

「ななつ星テントウ」です。怒らないでくださいね◎

 

 

【黄色いマグカップ】 Naha-naha


 

kiiro-mag_001

  • 器の大きさ: 直径 75㎜ × 高さ 90㎜
  • 器の特徴: ガラス質の釉薬
  • 破損の具合: 小さな欠け(計 17㎜) / 割れ 2パーツ(計 300㎜)
  • 仕上げの種類: 金粉/色漆4色

 

 

花です。花だったら怒る人はいません。はい。
綺麗ですね◎

 

kiiro-mag_008

花ね…。まぁ、花はいいんだけど…、もうちょっと「きれい」な花は描けないかな?
どうして、こう、ちょっと「妙な」感じになるのかな~、金継ぎ図書館は。

 

kiiro-mag_005

内側も「花」です。

こういう角度から見ると、カップに花が活けてある感じに見えますよね。
あー、いいですね~◎

 

kiiro-mag_003

 

kiiro-mag_011

これでメッコールを飲んだら美味しそうですね◎

 

今後も少しずつ展示品の画像をアップしていきます。

 

 

▸ 展示品その2 も覗いてみてください

 

 

 

 

Pocket