簡漆金継 ペースト削り・研ぎ/下塗り 岡田直人/白マグカップ[C] 02

※ご注意ください。エポキシ系の接着剤やパテで下処理を行い、塗りだけ本漆を使った簡漆金継ぎの紹介です。

 

 

 

 

img012

 

PAGE 02  ‣ <BOOK kh-01> 岡田直人/白マグカップ[C]


 

 

 

  〈 目次 〉  

 

 

 

 

STEP 2.1  刃物での削り

 

ペーストがしっかり固まったら器の形に合うように刃物で削っていきます。

刃物のおススメです
金継ぎで使う刃物の選び方

 

取り立てて、パテを削る「方法」のようなものがあるわけではないと思います。
刃の表でも裏でも場所場所に応じて使いやすい方を使ってください。

 

 

okada-white-mag2

 

ペースト削ります

 

 

okada-white-mag2_1

 

少しずつ削っていきます。

 

 

okada-white-mag2_2

 

私の場合たいがい、出だしは彫刻刀の刃表を使います
かな。

刃裏だと深く入り込んでしまいやすいので。

 

刃裏、刃表と言われてもわかりませんよね。
刃裏…平らな方
刃表…斜めというか山がある方

 このマグカップの器の外側は
ずっと刃表を使っていますね。

 

okada-white-mag2_3

 

マグカップの口元の曲面に合わせて
彫刻刀も斜めに当てて…

 

 

okada-white-mag2_4

 

…そのままスライドさせていきます

 

 

okada-white-mag2_5

 

 口周りは修理箇所のビシッとした直線に合わせるように
彫刻刀の刃裏の平面を利用して削ります

 

 

okada-white-mag2_6

 

 刃裏の平面がガイドになってくれます

 

 

okada-white-mag2_7

 

 特にキワの部分をしっかり攻めてください

キワの部分のペーストを少し水で濡らしてあげると
ほんのり下が透けて見えます
そうすると器の上に乗っかっているペースト部分が
分かりやすくなります。

 乗っかっている部分はなるべく削り取ってください

 

 

 

 

いろいろな角度からチェックして
器のラインに合うように削っていってください

 

 

 

 

STEP 2.2  ペーパーで肌を整える

使う道具: 

  • 耐水ペーパーの#600(刃物できれいに削れていればこれのみで大丈夫です)
  • 耐水ペーパーの#320(刃物であまりきれいに削れなくてデコボコしている場合、これもあった方がいいです)

 

 

 

 

小さく切ったペーパーを三つ折りにして使います
水にちょっと浸けます

 

okada-white-mag2_12

 

修理箇所以外はなるべく研がないように気を付けてください。
でも、研いじゃいますけどね。

 

 

okada-white-mag2_13

 

補填箇所の肌が滑らかになるまで研ぎます。

刃物での削りがあまりきれいにいかなかった場合(デコボコしている場合)
最初、ペーパーの#320でゴリゴリ研いでいきます。

形を作るつもりで研いでいきます

まぁ、いいんじゃない?と思えるくらいになったら
今度はペーパーの#600でさささとペーストの肌をきれいにします

 

 

okada-white-mag2_14

 

はい、肌が整いました。

 

  

 

 

ここから簡漆金継ぎと簡易金継ぎとが分かれます。

STEP 2.3 漆の下塗り

使う道具・材料

  • 道具: 小筆、付け箆
  • 材料: 漆(赤色)、テレピン、サラダ油

 

 

漆を塗っていきます。

本当に本漆を使っています。本当です。

 

まずは筆の油分を洗います
使用前の筆を洗うやり方

 

 

tools-material_1

 

ペーパーで研ぎあげた面に塗っていきます

 

 

 tools-material

 

 

作業板の上で漆の含み具合を調節してください

 

 

tools-material_2

 

 修理部分を完全に覆うように塗っていきます

 

 

tools-material_3

 

合成うるしより本漆の方が乾きがゆっくりです。

焦らず作業ができていいですね。

 

 

tools-material_4

 

口周りも忘れずに塗ります

 

 

tools-material_5

 

 特にキワの部分が塗り忘れやすいので
ご注意下さい。

 

 

tools-material_8

 

できました。

梅干しみたいです。

 

 

tools-material_7

 

塗り終わったら筆を洗います
使用後の筆を洗うやり方

 

漆は捨てないでくださいね
余った漆の保存方法

 

 

 

 

 

 

img076

 

 

 

 

 

Pocket