口元がちょっと欠けた内田剛一さんのコップを漆+樹脂で簡単に直す簡漆金継ぎ方法 2/2 蒔絵完成まで

内田剛一さんのカップを直します。漆+合成樹脂を使った「簡漆金継ぎ」です。漆を使うので「かぶれ」る可能性がありますが、仕上げの工程のみの使用ですのでそのリスクは少なくなります。合成樹脂をメインに使って直していきますので、初心者でも挑戦しやすいと思います。

口元が割れた蕎麦猪口の漆もちょっと使う簡漆金継ぎ修理 2/2 蒔絵完成まで

明治期の蕎麦猪口を〈漆+合成樹脂〉で直す修理方法を説明していきます。「金継ぎ」と呼ばれる伝統的な修理方法をベースに合成樹脂も使うことで手間を簡略化し。「かぶれ」のリスク少なくしました。今回は凹みに補填したペーストを削り、漆を塗って蒔絵→完成するまでの解説をしていきます。

欠けた岡田直人の皿の金継ぎ修理

リムがちょっと欠けた岡田直人さんの器を漆も使って簡単に直す簡漆金継ぎ 2/2 蒔絵完成まで

お皿の縁のちょっとした欠けを直します。ホームセンターなどで手に入るパテと漆屋で購入した漆を使って、簡単に直します。伝統的な金継ぎと呼ばれる修理技術と現代の素材を使ったハイブリットなやり方です。初心者の方でもチャレンジできるように画像を中心に説明していきます。

リムがちょっと欠けた岡田直人さんの器を漆も使って簡単に直す簡漆金継ぎ 1/2 パテ削りまで

縁がちょっとだけ欠けた器の修理をします。合成のパテ+本物の漆を使った「金継ぎ」と呼ばれる修理方法です。「漆は触ったことがない」「でも大切にしていたお皿を直したい」という初心者の方にもわかるように画像を中心に解説していきます。

割れた柳宗理のコーヒーソーサーの金継ぎ修理

割れた柳宗理コーヒーソーサーを漆もちょっと使って簡単に直す〈簡漆金継ぎ〉のやり方 3/3 蒔絵完成まで

割れたコーヒーソーサーの修理をします。合成樹脂と本漆を使った簡単な金継ぎ〈簡漆金継ぎ〉で壊れた器を直します。合成樹脂を使うことで作業時間の短縮、手順の簡略化を図りつつ、仕上げは漆を使うことで食器として安全に使うことができます。今回は漆塗り→蒔絵完成までを解説していきます。

割れた柳宗理コーヒーソーサーを漆もちょっと使って簡単に直す〈簡漆金継ぎ〉のやり方 2/3 漆の下塗りまで

合成樹脂と本漆を使った簡単な金継ぎ〈簡漆金継ぎ〉で壊れた器を直します。合成樹脂を使うことで作業時間の短縮、手順の簡略化を図りつつ、仕上げは漆を使うことで食器として安全に使うことができます。伝統的な金継ぎほどには難しくないのでぜひチャレンジしてみてください。今回は漆塗りまでの作業をご説明します。

割れた柳宗理コーヒーソーサーを漆もちょっと使って簡単に直す〈簡漆金継ぎ〉のやり方 1/3 接着まで

「簡漆金継ぎ」というイージーな漆継ぎのなり方を解説します。割れたお皿のパーツを合成樹脂の接着剤でくっつけて、最後の塗りだけは本物の漆を使います。手順も比較的簡単ですし、完成までの時間も短縮できる。「かぶれ」のリスクも少ない。そして仕上げは漆を使うので食器にも安心して使えます。