新うるしを使った〈割れた〉チャイナカップの金継ぎのやり方 1/2 接着剤の削りまで

壊れた器を簡単な金継ぎ方法で直します。

※ 口元の割れたチャイナカップの合成樹脂を使った金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆は使っていません。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち、〈割れた部分の器の素地をやすりで削る~接着剤を削るまで〉のやり方を解説していきます。

 

※ 〈新うるし〉のメーカー側の説明です…

植物性のうるし系塗料です。
・本品は毒性の強い物質ではありませんが念の為、食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください。

とのことですので、これをどう判断するか?ですよね。正直、難しいなぁーというのが私の感想です。
万全の安全性を考えるなら「菓子器」など口を付けたりしないもの、もしくはあまり食品が触れないような器の使い方をされた方がいいかもしれません。

それよりもみなさん、「本漆」、やってみませんか?(笑)

 

 

 

簡単(簡易)金継ぎとは


金継ぎとは欠けたり、割れたりした器を漆で直す日本の伝統技法です。本来は漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め、漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いてお化粧をします。
その伝統的な本漆金継ぎに対し現代、開発された素材である「新うるし」や合成樹脂の接着剤やパテなどを使うことで時間、手間を簡略化したものが「簡単(簡易)」金継ぎです。

※ 「新うるし」(合成うるし)は植物性の樹脂を主原料にした塗料です。ただし、食器用に使うには安全性が保障されているわけではありません。

 

 

金継ぎする器 information


  • 器: メイドインチャイナの湯呑。現代の量産品です。
  • 器の特徴: 磁器の絵付け、ややピカピカの釉薬
  • 器のサイズ: 直径75㎜、高さ55㎜
  • 破損状態: 口元 割れ2ピース+本体 (割れの長さ 総計約850㎜)

 

ぱっつりと器が割れています。これを金継ぎしていきます。

三つの破片に壊れた器

よくある割れ方ですのでみなさんの参考になるかと思います。

これから金継ぎで直す三つの破片に壊れた器

現在把握している修理箇所以外にも器に破損がないかよく調べてください。

よくあるのが、うっすらと見えづらい「ひび」です。割れた周辺に生じていることがおおいので、いろいろな角度から光を当ててチェックしてください。

あとは口元周りに「極小の欠け」があることも多いです。要チェックです。

壊れた器の破片

白地に藍色の絵付けの磁器。これには金色が映えそうです。

これから金継ぎで直す三つの破片に壊れた器

かなり久しぶりの「簡単(簡易)金継ぎ」ページの追加です。
見てくれている方が多いので、たまにはこちらのコンテンツも増やしていかねば…と思いました。やります。たまに。

 

 

 

〈簡単金継ぎのやり方01〉 素地調整


簡単な金継ぎの素地調整作業で使う道具

簡単金継ぎの素地調整で使う道具: ① ダイヤモンドのやすり(ホームセンター等で入手 価格\600‐~) ②③ リューターのダイヤモンドビット (ホームセンター等で入手可能/価格 \200~)

▸ ダイヤモンドビットのカスタマイズの方法

 

素地調整で使うダイヤモンドやすり

今回は半丸のやすりをメインに使っていきます。

ダイヤモンドやすりで割れた断面のエッジを研ぐ

割れたパーツの断面のエッジを軽く削ります。軽くです。

ダイヤモンドやすりで割れた断面のエッジを研ぐ

口元にくるエッジは少し入念に研ぎます。接着した時にここにズレが溜まりやすいので予め「面取り(斜めに削る)」しておきます。

面取りしなかった場合(A)よりも面取りした場合(B)の方が、ズレが「柔らかく」なると思います。

ダイヤモンドやすりで割れた断面のエッジを研ぐ

 本体の方の断面のエッジにも同様にヤスリをかけます。

ダイヤモンドやすりで割れた断面のエッジを研ぐ

接着する断面も軽く研いで、「傷」を入れておきます。こうした方が接着剤の食いつきがよくなると思います。

 

 

〈簡単金継ぎのやり方 02〉 エポキシ接着


簡単な金継ぎの接着作業で使う道具と材料 

簡単金継ぎのエポキシ接着作業で使う道具と材料

  • 道具: ② 作業板(クリアファイルなど)) ③ 付け箆(▸ 付け箆の簡単な作り方
  • 材料: ① エポキシ接着剤 ④ テレピン

 硬化速度の違う接着剤がいろいろと売っていますが、30分~60分くらいのものが使いやすいと思います。5分、10分硬化型はちょっと早すぎて焦りそうです。

 

 接着剤が2液に分かれていると思いますので、それぞれを等量ずつ作業板に出して、ヘラでしっかりと混ぜ合わせます。

今回は画像で見えやすいように黒い顔料(松煙)を入れました。皆さんは入れなくて大丈夫です。

器の割れた断面に接着剤を塗っていく

ヘラの先の少量のエポキシ接着剤を取ります。

器の割れた断面に接着剤を塗っていく

器の接着断面に沿ってヘラを横にスライドさせつつ接着剤を置いていきます。最初、うまくいかなくてもそのうちできるようになります。

器の割れた断面に接着剤を塗っていく

置いた接着剤をヘラで全体に広げます。ヘラを左→右へと通します。

器の割れた断面に接着剤を塗っていく

今度は右→左へとへらを返します。接着剤はなるべく薄くなるようにしてください。
接着剤が厚いと接着した時にズレが大きくなります。

器の割れた断面に接着剤を塗っていく

本体の断面に接着剤が塗り終わりました。

器の割れた断面に接着剤を塗っていく

割れたパーツの方にもエポキシ接着剤を塗ります。

器の割れた断面に接着剤を塗っていく

 塗り終わりました。

塗り終わったら、接着剤が乾き始めるまで待ちます。(すぐに接着しても特に問題はありませんが、ズレの修正がやりにくい気がします。ただし、接着するパーツが多い時はどんどん接着作業を進めていってください。待ってられません。)

 

余った接着剤をいらない紙に付けておきます。
その接着剤をヘラの先やつまようじなどでつんつんしてみて、少し固まり始めてきたかなーという時まで待ちます。

  固まり始めたら接着します。

金継ぎの接着作業

ひとパーツずつ、接着面同士の間に隙間ができないようにぐりぐりと押し込みながら接着していきます。この段階ではちょっとズレていても構いません。どんどんくっつけていきます。
早めに全パーツをくっつけるようにします。それからちょっとしたズレを直していきます。

いろいろな方向から見てズレを微調整しながら直していきます。が、どうしたってズレは生じてしまうと思います。
「ズレ」も金継ぎならではだよね…と受け入れていいと思います。

破片を接着したら器を置く

 接着剤が硬化するまで、重力を考慮した置き方をします。パーツ同士がその重みで密着していくような置き方です。

 

 

〈簡単金継ぎのやり方 03〉 接着剤の削り


簡単な金継ぎの接着作業で出た接着剤を削る道具 

 エポキシ接着剤を削る道具: 次のいずれか、または複数。

  • ① メス(先丸の刃) ② オルファのアートナイフプロ(先丸の刃) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは断然④の平丸彫刻刀です。研がないといけませんが。

 

器からはみ出した接着剤を刃物で削る

 はみ出た接着剤を削ります。ささっとで大丈夫です。
器の表面は彫刻刀の刃裏を器に当てて削ります。

器からはみ出した接着剤を刃物で削る

 器の内側は彫刻刀の刃表を器に当てます。

器からはみ出した接着剤を刃物で削る

 接着パーツ同士の間にほんのちょっとの段差があって、削りづらい場合は刃先のエッジを使って削ると便利です。

金継ぎの接着剤削り作業が完了

接着剤の削り作業が終了しました。

金継ぎの接着剤削り作業が完了

 

 

 

次の修理工程を見る ▸  ② 新うるし塗り・完成まで

簡易金継ぎのページに戻る

 ▸ 簡易金継ぎ修理一覧ページに戻る

 

 

 

 

Pocket