簡易金継ぎ版‐新うるしを使った〈ひびの入った〉中国湯呑の金継ぎ方法

中国の湯飲みの金継ぎ修理

※ 口元からひびの入った中国湯呑の合成樹脂を使った金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆は使っていません。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち、〈ひびの入った部分の器の素地をやすりで削る~新うるし塗りまで〉のやり方を解説していきます。

一気に完成までご紹介します。長いですがご付き合いください。

 

※ 〈新うるし〉のメーカー側の説明です…

植物性のうるし系塗料です。
・本品は毒性の強い物質ではありませんが念の為、食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください。

とのことですので、これをどう判断するか?ですよね。正直、難しいなぁーというのが私の感想です。
万全の安全性を考えるなら「菓子器」など口を付けたりしないもの、もしくはあまり食品が触れないような器の使い方をされた方がいいかもしれません。

それよりもみなさん、「本漆」、やってみませんか?(笑)

 

 

 

簡単(簡易)金継ぎとは


金継ぎとは欠けたり、割れたりした器を漆で直す日本の伝統技法です。本来は漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め、漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いてお化粧をします。
その伝統的な本漆金継ぎに対し現代、開発された素材である「新うるし」や合成樹脂の接着剤やパテなどを使うことで時間、手間を簡略化したものが「簡単(簡易)」金継ぎです。

※ 「新うるし」(合成うるし)は植物性の樹脂を主原料にした塗料です。ただし、食器用に使うには安全性が保障されているわけではありません。
ということは安全なの?それともマズイの?の疑問に対して私は「グレー」「判断保留」というスタンスでいます。

 

 

金継ぎする器 information


  • 器: メイドインチャイナの湯呑。現代の量産品です。
  • 器の特徴: 磁器の絵付け、ややピカピカの釉薬
  • 器のサイズ: 直径75㎜、高さ55㎜
  • 破損状態: 口元からひび 総計52㎜(縦に42㎜、横に10㎜)、 口元に欠け(大きさ5×5㎜) 

 

 

ひびの入った湯呑

今回のメインで取り扱う「ひび」の他に「欠け」もあります。

  ひびの入った湯呑

 うっすらとひびが入っています。

ひびの入った湯呑

 しかも男爵の髭のように横にもひびが伸びていました。
かなりしっかりとチェックしないと見えないようなひびです。これを見落とさないように気を付けてください。

ひびの入った湯呑

内側もひびが入っています。
内側は髭のようなひびはありませんでした。…としっかりチェックしたはずが、完成してから内側にも「髭ひび」が入っていることが判明して、げんなりしました。

ひびの入った湯呑

 「欠け」あるところに「ひび」あり…と、基本的には疑っていった方がよさそうです。

 

 

 

〈簡単金継ぎのやり方 01〉 素地調整


簡単な金継ぎの素地調整作業で使う道具

簡単金継ぎの素地調整で使う道具: 今回はリューターのビットが必要です。

 ① ダイヤモンドのやすり(ホームセンター等で入手 価格\600‐~) ②③ リューターのダイヤモンドビット (ホームセンター等で入手可能/価格 \200~)

▸ ダイヤモンドビットのカスタマイズの方法

 

ひびの入った器をやすりで研ぐ

このうっすらと入ったひびに沿ってダイヤモンドのやすりをかけます。
傷をつけて新うるしの食いつきをよくします。

ひびの入った器をやすりで研ぐ

いきなり力を入れてやするのではなく、ゆっくりとなぞるように軽く2,3往復させてから少し力を入れて研ぎます。

ひびの入った器をやすりで研ぐ

ひびが見えづらい場合は目印として鉛筆や油性マジックで線を引いてください。
その上をゆっくりとダイヤモンドビットでなぞっていきます。

ひびの入った器をやすりで研ぐ

内側も同様に作業を行います。
このうち側にも「髭ひび」があったとは…まったく気が付きませんでした。

ひびの入った器をやすりで研ぐ

うっすらと「傷」がついたら素地調整作業が完了です。

 

 

 

次は「欠け」部分にエポキシペーストを補填します。
「ひび」の修理だけを見たい方は飛ばしてください。 ▸ ひび修理の続き

〈簡単金継ぎのやり方 02〉 エポキシペースト付け


簡単金継ぎのペースト付け作業で使う道具と材料

エポキシペースト付けで使う道具と材料

  • 道具: ③付け箆 (▸ 付け箆の作り方) ②作業板(クリアファイルなど)
  • 材料: ①エポキシ接着剤 ④エポキシパテ ⑤テレピン

 

 

欠けた部分に補填するエポキシペーストを作ります。 ▸ エポキシペーストの詳しい作り方
(欠けが大きい場合はエポキシパテを使ってください。 ▸ エポキシパテの使い方) 

 手順

  1. エポキシ接着剤のA剤、B剤を作業板の上に等量出して、よく練り合わせる。
    ゴム手袋をはめてエポキシパテをよく練り合わせる。
  2. エポキシパテに少しずつエポキシ接着剤を混ぜていく。程よい硬さになったら接着剤を混ぜるのをやめる。

 

細かいようですが、へらの扱い方です。覚えると作業がきれいにいきますし、この反復動作が楽しくなります。(職人っぽいですねー)

  1. 作業板の上でヘラを使い、エポキシペーストを薄く広げます。
  2. ヘラを寝かせつつ、横からヘラを滑り込ませます。
  3. するとヘラの先っちょにエポキシペーストが付きます。

 

 

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

ヘラの先に少量のエポキシペーストと取ります。
まずは欠け部分の向かって右側からペーストを置いていきましょう。

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

欠けのエッジにひっかけるようにしてペーストを置いていきます。

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

次は欠け部分の向かって左側にペーストを置いていきます。
再度、ヘラの先にペーストを少量取ります。

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

欠けの左側のエッジにひっかけるようにヘラをスライドして、ペーストを置きます。

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

最後に向かって奥側のエッジを利用してペーストを置きます。

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

ヘラをひっかけるようにしてスライドさせます。

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

ちょっと「盛り気味」ですが、ひとまずこれでよしとさせてください。
まだ「ベスト」なエポキシペーストの使い方が確立していません。試行中です。
現在は「ちょい盛り気味に置く」をベターアンサーとして暫定的にご紹介しています。
以後、やり方が変わるかもしれません。そうしたらまたご説明します。

欠けた部分にエポキシをつけて埋める

ちょい盛り気味にして、硬化してから刃物で削ります。
ジャストを狙って盛るのが一番いいのですが、万が一盛り足りなかった場合、そのリカバリーがかなり面倒なのです。(今のところいい方法が見つかっていません)

ですので盛り気味です。

エポキシペーストつけ作業が完了したら器を逆さにして硬化を待つ

硬化するまでの間に、エポキシペーストは流動性が高いので「垂れて」きます。(この辺が「錆漆」と違いますね)
ですので、「垂れ」が生じても影響の少ない置き方にします。今回は一応、逆さまに置きました。

この「垂れ」をうまく利用したペースト付けというのもありそうですね。今後、検証していきます。

 

 

 

〈簡単金継ぎのやり方 03〉 ペースト削り・研ぎ


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

エポキシペースト削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) 
▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

 

おススメは平丸の彫刻刀です。 ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

 

それではエポキシペーストを削っていきます。

エポキシペーストを彫刻刀で削る

 器の外側は基本的には彫刻刀の「刃裏」を器に当てながら削っていきます。

エポキシペーストを彫刻刀で削る

上から見るとこんな感じです。刃裏の平面を器に当てることで面の繋がりのガイドとします。

エポキシペーストを彫刻刀で削る

 口元周りを削るときもできるだけ周りの器に刃裏を当てて、それを頼りに平面のレベルを把握します。

削りつつ、いろいろな方向からペーストを盛った面の繋がりをチェックします。
膨らんでいる箇所を見つけて削っていきます。

エポキシペーストを彫刻刀で削る

 削るときは進行方向に対して彫刻刀を斜めに構えて、しかも斜めにスライドさせていきます。
その方が抵抗が少なくなって、削りやすいです。

この「より多くの(複数の)方向に動きのベクトルを分ける」っていうのは武道でも工藝でも動きの肝心なところなのかもしれませんね。

エポキシペーストを彫刻刀で削る

器の内側は「刃表」を当てて削っていきます。
削るときは少しずつ慎重に削っていってください。削りすぎるとエポキシペーストに戻る羽目になりますし、しかも修正が面倒です。

 

刃物で削り終わりましたら、続いて耐水ペーパーで水研ぎします。

金継ぎのエポキシペースト研ぎ作業で使う道具と材料

エポキシペースト研ぎで使う道具と材料

  • 道具: ③ 豆皿(水入れ用) ④ ウエス ⑤ はさみ(ペーパー切り専用にしたもの)
  • 材料: ① 耐水ペーパー(今回は#400) ② 水

 

 

ペーパーをはさみで小さく切り、それを三つ折りして使います。

 

エポキシペーストを耐水ペーパーで研ぐ

 削りでできたわずかな削り跡の段差を滑らかに研いでいきます。

エポキシペーストを耐水ペーパーで研ぐ

ペーパーをつまんで、 なるべく器本体を研がないように(厳密には無理ですが)、研いでいきます。

金継ぎのペースト研ぎ作業が完了

研ぎ終わりました。

 

 

 

 

〈簡単金継ぎのやり方 04〉 新うるし塗り


簡単な金継ぎの新うるし塗り作業で使う道具と材料

新うるし(合成うるし)塗りで使う道具と材料

  • 道具: ③ 付け箆(▸ 付け箆の簡単な作り方) ④ 小筆 ⑤作業板(クリアファイルなど)
  • 材料: ① サラダ油 ⑥ テレピン ⑦ 新うるし(合成うるし。今回は「ゴールド色」)

 

まずは使う前に筆をテレピンで洗って油を洗い出します。 ▸ 詳しい筆の洗い方

 

次に新うるしの金色を塗る用意をします。

混ぜるだけです。
が、硬化が比較的に早く、のんびりしていると器に塗っている時に粘りが出てきます。そうすると塗りづらくなりますので手早く混ぜ合わせます。

 

器の内側から新うるしを塗り始める

手順としては器の内側から塗り始めた方がいいと思います。
先に器の外側を塗ってしまうと、内側を塗っているときにうっかり、塗ったところを触ってしまうことがあるからです。

器の内側から新うるしを塗り始める

口元も忘れずに塗ります。

 

 

描いているうちに新うるしが粘ってきたら「テレピン」をほんの少し足して混ぜ合わせます。
テレピンは「直」に新うるしの上に出すのではなく、その横に1,2滴出して、そこからヘラでほんのちょっと掬って、新うるしと混ぜ合わせます。

 

器の外側に新うるしを塗る

器の外側にも新うるしを塗っていきます。

器の外側に新うるしを塗る

 

器の外側に新うるしを塗る

ひげ部分が描き終わったら修理完了です。

 

新うるしがしっかり硬化するまで待ちます。
薄塗りの場合は1~2日、厚塗りした場合は3~4日待った方がいいと思います。
(激厚で塗ったら5日経ってもしっかり硬化していませんでした。厚塗りしたかったら何度かに分けて塗り重ねていった方がよさそうです)

塗ってしばらくしないと「新うるし臭さ」も抜けませんので、しばし放置してください。

 

塗り終わったら油で筆を洗います。 ▸ 詳しい筆の洗い方

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。

 

 

 

〈簡単金継ぎの完成〉


 

ひびの入った器の簡単な金継ぎ修理が終了

 器自体の口元周りのデザインを借りて、かけ部分に「+」を描いてみました。

ひびの入った器の簡単な金継ぎ修理が終了

髭の先っちょには「ドット」です。器に入っているガラス質の「透かし」が丸い(楕円かな)ので、馴染みがいいかと思い、描きました。

ひびの入った器の簡単な金継ぎ修理が終了

内側のひびの先にもドットです。

ひびの入った器の簡単な金継ぎ修理が終了

 

  ひびの入った器の簡単な金継ぎ修理が終了

ひげ男爵っぽさが引っ掛かっていたので、 数日後に描き足しました。葉っぱです。

どでしょう?

 

 

 

 

簡易金継ぎのページに戻る

 ▸ 簡易金継ぎ修理一覧ページに戻る

 

 

 

 

Pocket