【欠けの金継ぎ修理】 東南アジアの茶碗 02 / 欠けた箇所のパテ埋め

size19
ファイツ!!

お茶碗の金継ぎ修理の方法

※ 口周りが欠けてしまったお茶碗の金継ぎ(金繕い)修理
やり方を説明していきます。
本物の漆を使った修理方法ですのでかぶれる」可能性があります
ご注意ください。

※ 万が一、漆が肌に付いた場合はすぐに
「油(サラダ油など)」でよく洗って下さい

油?? そうです。「油」をつけ、ゴシゴシ漆を洗い落としてください。
その後、その油を石けんや中性洗剤で洗い流してください。

今回は金継ぎ工程の内の〈刻苧漆こくそうるし(パテ)を詰める〉までのやり方を解説していきます。

 

前回の作業を見る

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

▸ Page 01 /  素地を漆で固める

 

 

私、初めてなんですけど、どんな道具とか材料を買えばいいんですか?
どこで買えるんですか??

↓ こちらのページを参考にしてください◎

▸ 本漆金継ぎで必要な道具と材料/そのお値段と買えるお店のご紹介

 

 

金継ぎでは本漆を使うので「ディフェンシブ」に行きましょう。
ゴム手袋は必需品です◎

 

 

〈金継ぎ作業 02〉 刻苧漆こくそうるし(パテ)を充填する



 


刻苧漆こくそうるし(パテ)充填で使う道具・材料 ▸ 道具・材料の値段と売っているお店

  • 道具: ① サランラップ  ② 作業板 ▸作り方  ③ 刻苧ベラ ▸作り方  ④ 練りベラ ▸作り方
  • 材料: ⑤ 生漆  ⑥ 小麦粉  ⑦ 木粉 ▸作り方  ⑧ 水

 

↑ これらの材料を使って穴に埋めるパテ状のものを作ります。
  ▸ 刻苧漆こくそうるし(パテ)の詳しい作り方
はじめての方はしっかりと↑こちらのページをお読みください。
失敗をしなくて済みますよー◎

 

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

今回、直す器の「欠け」の深さが「2㎜」ほどなので、
刻苧漆こくそうるし(パテ)を充填することにしました。

傷が「浅い」場合は
 ▸ 錆漆さびうるし(ペースト) で充填してください。

 

刻苧を使うのか、それとも錆漆を使うかジャッジする際の
ご参考までに。

傷の深さ 使う充填材
深い(2㎜以上) 刻苧漆こくそうるし(パテ)
※ 一回の盛り厚は3㎜程度まで
それ以上の深さに充填する場合は
数回に分けて充填する
どっちつかず(1~2㎜) どちらでもお好みで◎
※ 錆漆を使う場合は1回で厚盛しない。
一回の盛り厚は1㎜程度まで。
それ以上の深さに充填する場合は
数回に分けて充填する
浅い(1㎜未満) 錆漆さびうるし(ペースト)

 

 

【 刻苧漆こくそうるし(パテ) = 麦漆むぎうるし(接着剤) + 木粉 】

なので、まずは麦漆むぎうるし(接着剤)を作ります。
▸ 麦漆の詳しい作り方

 

体積比(目分量)… 小麦粉 1 : 1 生漆 ※ 水は適量

 

  1. 小麦粉、水を出します
  2. 水を少しずつ足しつつ、練っていきます
    (ガムみたいに粘るまで)
  3. 生漆を少しずつ足しつつ、練っていきます
  4. 完成です◎

 

 

詳しく動画で見たい方は↓

 

初めのうちは失敗しないように、
ちゃんと計量スプーンを使ってやってみてください◎

作った麦漆に木粉を入れていきます。

 

  1. 麦漆むぎうるし(接着剤)漆を1割くらい横に取っておきます
    (失敗した時のために)
  2. 木粉を少しずつ足しつつ、練っていきます
  3. ちょっとずつ様子を見ながら木粉を足していきます
  4. ヘラがぎりぎり「ぱっ」と離れるようになったらオッケーです。
    (まだ「べたっ」とくっつくようだったら、もう少し木粉を足してください)

 

※ 木粉が少ない(麦漆の分量が多すぎる)と
いつまで経っても乾かない刻苧漆こくそうるし(パテ)
になってしまいます!

▸ 刻苧漆こくそうるし(パテ)の詳しい作り方
はじめての方はしっかりと↑こちらのページをお読みください。

 

 

 

作った刻苧漆こくそうるし(パテ)を充填していきます。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

まずはサランラップを小さくちぎったものを
器の外側から当てて、
その後ろから指で抑えます。

欠けた箇所に指が来るようにします。
指で「壁」を作ります。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 内側から刻苧を詰めていきます。
一度に大量に詰めないで、ちょっとずつ詰めてください。

器の素地に密着するように押さえます。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 刻苧漆の盛り具合は
修理箇所の周りとフラットな面になるくらいか、
もしくはほんのちょっと盛り気味にします。

 お茶碗の金継ぎ修理の方法この「刻苧」作業の後に
「錆漆さびうるし(ペースト)」を付ける作業をおこなうので、
「フラット気味」でも「盛り気味」でもどちらでもいいと思います。
(ちょい凹んでいても大丈夫です)

結局、今現在、僕の思う所は
「”多すぎず、少なすぎず”であれば、オッケー◎」
という感じです。(いい加減かしら?)

どっちだって大して変わらないのだから、
あまり神経質にならずにいけばいいんじゃないでしょうか?

 

※ ちなみに「刻苧の後に錆漆ってやんないとダメなんですか?」
「刻苧がキレいに盛れていたら、錆は要らないんじゃないですか?」
というご質問があろうかと思います。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

刻苧に混ざっている「木粉」は基本的に粒子が「粗い」です。
錆に混ざっている「砥の粉」はかなり「細かい」微粒子です。

なので、刻苧に直で漆を塗り重ねた場合、しばらくはキレイに見えたとしても、
時間が経って、漆の塗膜が痩せてきたときに、その下地の木粉の
「ゴリゴリ感」が影響してきてしまいます。

刻苧と漆塗りの間に「砥の粉の微粒子」を噛ませておくことで、
漆自体が痩せた時にも木粉の影響が軽減され、キレイなフラットな
塗りが維持されやすくなります◎

もちろん、「あたし、そんなん気にしないもんね」という方は
刻苧に漆を直で塗っても構いません◎

 

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 内側から刻苧漆こくそうるし(パテ)を詰め終わったら、
サランラップを内側に被せます。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 外側のラップをそーっと剥がして、
外側からも刻苧を詰めていきます。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 ちょっとずつ、隙間がないようにチェックします。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 刻苧をヘラで押さえて、
器の素地に密着させます。

しっかりと押さえて、素地に密着させないと
時間が経った時に剥がれる場合があります。
ご用心、ご用心◎

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 表側からも刻苧を詰め終わったら、
ラップを再び外側までぐるっと巻いて、
その上から指でギュっギュッと押さえます。

まちがいなく素地に密着させます。

あと、器の周りのラインに合うように成形もします。
微調整します。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 サランラップをそーっと剥がしたらお終いです。

 

 ↓ こちらが刻苧の充填のやり方を説明した動画になります。

 

※ このページも刻苧漆の使い方を詳しく説明していますが、
もうちょい(くどいくらいに)説明したページを作りました。
ご興味のある方は覗いてみてください。

 ▸ 刻苧漆こくそうるし(パテ)のつけ方・使い方 

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

こんな具合です。
どでしょう?

 

 

 もう一か所の欠けも同様の作業をおこないます。
こちらはダイジェストでどうぞ◎

 

 はい、終わりました。

慣れちゃえばこの作業は意外と簡単になってきます◎

 

 

インターネット上で初心者相手の金継ぎ教室

全ての作業が終わったら作業板を掃除します。
テレピン、エタノールなどを垂らして、
ウエス、ティッシュできれいに拭き取ってください。

厳密に言うと、作業板の上には「ごくごく薄っすら」と
漆の成分が残っています。
ですので、この作業が終わるまではしっかりとゴム手袋をして、
ゴム手袋を外したあとは作業板も含めて
漆の道具類を触らないようにした方がいいです。

 

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 それはまた次回、お会いしましょうー◎

 

 

 

 

 

 

 
 

 

Pocket