【欠けの金継ぎ修理】 東南アジアの茶碗 01 / 素地の漆固め

size19
ファイツ!!

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

※ 口周りが欠けてしまったお茶碗の金継ぎ(金繕い)修理
やり方を説明していきます。
本物の漆を使った修理方法ですのでかぶれる」可能性があります
ご注意ください。

※ 万が一、漆が肌に付いた場合はすぐに
「油(サラダ油など)」でよく洗って下さい

油?? そうです。「油」をつけ、ゴシゴシ漆を洗い落としてください。
その後、その油を石けんや中性洗剤で洗い流してください。

今回は金継ぎ工程の内の〈素地固め〉までのやり方を解説していきます。

 

 

 

私、初めてなんですけど、どんな道具とか材料を買えばいいんですか?
どこで買えるんですか??

 

↓ こちらのページを参考にしてください◎

 

▸ 本漆金継ぎで必要な道具と材料/そのお値段と買えるお店のご紹介

 

 

 

 

作業を始めるにあたって、まずは装備を…

金継ぎでは本漆を使うので「ディフェンシブ」に行きましょう。
ゴム手袋は必需品です◎

 漆をなめちゃいけない◎

 

 

 

金継ぎする器 information



欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方 information


  •  器の国籍: 不明(多分、東南アジアのどこかの国)
  • 器の特徴: 茶色のややマットめの釉薬
  • 器のサイズ: 直径 120㎜、高さ 55㎜
  • 破損状態: 欠け2ヵ所 (縦 8㎜×横 13㎜ 、 縦 11㎜×横 20㎜)
  • 仕上げ希望:  

 

 

  欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 なんだか重厚感がありますね。
日本とはちょっと違う意匠です。

タイ、カンボジア、ラオス…的な香りがしますね~
(↑ 当てずっぽ)

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 欠けた箇所は2か所。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 このくらいの感じでしたら直し易い部類に入ると思います。
初めての方でもいけると思います。

こちらの欠けは「刻苧漆こくそうるし(パテ)」で埋めましょう◎

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 もう一か所の欠けです。

こちらは傷が浅いので錆漆さびうるし(ペースト)でいきます。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

 

 

 

〈金継ぎ作業 01〉 素地固め



素地固め作業で使う道具・材料 ( ▸ 道具・材料の値段と売っているお店 info )

 

※ この作業で使う「小筆」は安価な筆にしてください。
陶器の断面に擦り付けるので、毛先が痛みやすいのです。蒔絵筆だとモッタイナイです。

 

 

まずは筆をテレピンで洗って筆の中の油を洗い出します。
 ▸ 詳しい筆の洗い方

 

使うときにはまず筆の中の油を取り除きます。
(↑作業終了時に筆を”油”で洗っているので、筆に油が含まれています)

  1. 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
  2. その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。
  3. ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しくなでる

 

次に、浸み込みやすくするために生漆をテレピンを混ぜて希釈してください。
作業板の上でヘラを使ってよく混ぜ合わせます。

生漆 10 : 3 テレピン
くらいの割合で生漆を希釈します。

それを欠けた場所に浸み込ませていきます。

 ※ テレピンの代わりにアルコール、灯油でもオッケーです◎

 

 

 

 

 いざ、実践!

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 筆にあまりじゃぶじゃぶ漆を含ませすぎると
周りにはみ出しやすくなりますので、
気を付けてください。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 欠けた箇所に漆を浸み込ませていきます。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 漆を塗り終わったら、
吸い込まなかった余分な漆はティッシュで拭き取ります。

拭き取るといってもティッシュを「押さえる」ようにして
拭き取ってください。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 ↑ こんな感じで「ポンっ」と置く感じです。
この時、ティッシュを左右に動かしてしまうと
作業箇所の周りに漆がついてしまいます。よ◎

といってもちょっとくらいついても全く大丈夫です◎
あまり神経質になり過ぎないように作業してください。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 余分な漆がティッシュに吸い取られました。

この「押さえ」作業を数回繰り返します。
3,4回もやれば大丈夫です。

この作業も「完全に拭き取ってやる!」って
躍起になってやる必要はありません。

 

 

もう一か所の欠けも同様の作業をやります。

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 希釈した漆を塗布します。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 鳩、調子に乗っています。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 漆の塗布作業が終わったら
ティッシュで押さえます。

ティッシュは5~6回、折り畳んだものを使います。

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 パフッと押さえて…

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 漆を吸い取ります。

この作業を3~4回繰り返します。
その際、毎回、ティッシュの吸い取る面を変えてください。
漆のついていない、新しい折り面を広げて
その面で押さえます。

 

 

拭き取り作業が終わったら湿度の高い場所(65%~)
に置いて漆を硬化させます。
そう、漆は空気中の水分を取り込んで硬化するのです。
不思議な樹液ですね◎

湿度が高い場所…って、お風呂場にでも置けばいいんですか??

風呂場…でもいいのですが、風呂場って湿度が100%近くにまでなるので、
漆を乾かすにはちょっと「どぎつい」環境だと思います。
(漆は急激に硬化すると「やけ」「縮み」といった厄介な現象が
起こりやすくなります)

もうちょっとソフトな環境を用意してあげましょう◎

 

↑ こんな感じでいかがでしょうか?

え!段ボール…。こんなんでもいいんですか??

はい、大丈夫です◎
「段ボールなんてダサくて嫌!」という方は
↓のページを参考にバージョン・アップさせていってください。


▸ 段ボール漆風呂の作り方

 

湿度のある場所(65%~)に6時間くらい置いて
漆を硬化させてください。

理想的には「漆の乾きかけ」のタイミングで
次の接着作業に入れたらステキです。
けど、そのタイミングで次の作業に入るのが難しいようでしたら、
なるべく1,2日後くらいに次の作業に取り掛かるようにしてください。

とはいえ、↑これは「厳密に言うと」ということですので、
1~2週間空いてしまっても「ヤバイ!」ってことにはなりませんので
ご安心ください◎

 

 

 

塗り終わったら油で筆を洗います。
 ▸ 詳しい筆の洗い方 

※ 油で洗わないと筆の中に残った漆が硬化するので
次第に筆がゴワゴワしてきてしまいます。

 

  1. 筆に油を含ませる
  2. 作業板の上で優しく捻ったり、クネクネ(?)させたりする
    (こんな表現でいいんでしょうか?)
  3. ティッシュの上で、ヘラを使って優しくしごく
  4. 筆の中の漆分がほとんどなくなるまで、<1~3>の作業を繰り返しす
  5. 綺麗な油を筆に軽く含ませてキャップを被せる

 

 

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。
キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。

キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方は
こちらを参考にしてください。
 ▸ 筆のキャップの作り方 

 

 

インターネット上で初心者相手の金継ぎ教室

全ての作業が終わったら作業板を掃除します。
テレピン、エタノールなどを垂らして、
ウエス、ティッシュできれいに拭き取ってください。

厳密に言うと、作業板の上には「ごくごく薄っすら」と
漆の成分が残っています。
ですので、この作業が終わるまではしっかりとゴム手袋をして、
ゴム手袋を外したあとは作業板も含めて
漆の道具類を触らないようにした方がいいです。

 

 

欠けたお茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

次の作業工程を見る

お茶碗の金継ぎ修理の方法

 ▸ Page 02 / 刻苧を詰める

 

 

 

 
 

 

 

Pocket