鳩屋金継ぎ展で参加している器たち その三

 

size19

 

展示の紹介、3回目です。
金継ぎのやり方ページを作るより、ちょっと楽でございます◎

ソーリ―・ソーリー・鳩屋展…?こらこら、タイトル間違えているぞ!
「ソーリ―・ソーリ―」って何で謝ってんのよ。
それに「鳩屋」じゃなくて、「金継ぎ図書館」でしょ!
何をしたたかに「鳩屋」の宣伝してんのよ。

あっ!いっけね~。間違えちった~。ソーリ―・ソーリ―。

 

 

只今、展示をしています。
よろしくどうぞ◎

  展示点数は現在15点くらいです。来週もうちょい増えます。(予定)

 

【期間】 2016年9月13日(火)~10月9日(日)
【場所】
ヴィエイユ」ベーカリー・カフェ&ギャラリー
東京都練馬区旭丘1丁目56−2
(池袋駅から西武池袋線で3駅目(約6分)の「江古田」駅下車。駅から徒歩約5分です)
【営業時間】
平日・土曜 14:00~21:00
祝日・日曜 12:00~18:00
(月曜日がお休み)

 

 

birdman_e010

▸ 展示品その2も覗いてみてください

 

 

 

【クロスの青マグカップ】 サン+クロス


cross-mag_008

  • 器の大きさ: 直径 80㎜ × 高さ 78㎜
  • 器の特徴: ちょいマット質の釉薬
  • 破損の具合: 欠け (計 28㎜)
  • 仕上げの種類: 錫粉+色漆2色仕上げ

 

十字です。
これ、内田鋼一さんのカップを直した時と同じデザインを援用しました◎

 

cross-mag_001

 

cross-mag_003

 

cross-mag_006 

赤十字です。
「クロス」は傷の修理と相性がいいですよね。

アンリ・デュナンです◎

 

cross-mag_009

錫粉を蒔いたあとに、その上から赤と黄色のクロスを描き足しました。

 

 

 

【緑の大鉢】 スタンダード・シルバ


gin-bowl_002

  • 器の大きさ: 直径 225㎜ × 高さ 75㎜
  • 器の特徴: ガラス質の釉薬
  • 破損の具合: 割れ 6ピース (計 710㎜)
  • 仕上げの種類: 銀粉仕上げ

 

 

gin-bowl_003

まぁ、これは、あれです。いつもの感じです。

あまり「へん」なことばかりしていると、目を三角にする人がいるので(いないかな?)、そのご批判をかわすための「守り」の一手です。

弱小・金継ぎ図書館の戦術は前線からのアグレッシブなディフェンス&カウンダ―狙いです◎
レスターのようですね。

 

gin-bowl_001   

 

gin-bowl_006

はい、ディフェンシブです。
けど、ノーマル・銀継ぎもいいですよね。

結局はこういったものが一番飽きないような気もします。

 

gin-bowl_007

 

gin-bowl_004

 

gin-bowl_005

 

 

 

【紺の中平皿】 P-man


p-man_006

  • 器の大きさ: 直径 270㎜ × 高さ 20㎜
  • 器の特徴: ツルツルのガラス質の釉薬
  • 破損の具合: 欠け (計 44㎜)
  • 仕上げの種類: 錫粉+真鍮粉+色漆3色仕上げ

 

 

p-man_001

ほー、ピーマンですか…。まぁ、いいや。いや、よくないな。
なんでピーマンなの?
しかもピーマンに見えないし。補色だし。

 

p-man_002

えーっとですね。ピーマンじゃなくて、パーマンです。
うそです。ピーマンです。意味はありません。意味はないのです。はい。

 

p-man_003

まぁ、ぶっちゃけ、これは「怒られるな」と思っていたんです。
ピーマンはね~。ピーマン描いたら怒るよな~。

と思っていたら、搬入日に見に来てくれた人に「これがいい…」と言われました。
実は言われた本人が相当ショックを受けてました。
「(絶句)……!(頭は大丈夫ですか?と言いそうになった)」

世の中には変わった人がいるな…としみじみと感じました。はい。
恐るべし江古田…。

 

p-man_004

お皿の裏面です。

 

p-man_005 

補色が目に滲みるな~。

 

 

 

birdman_e010

▸ 展示品その2も覗いてみてください

 

 

 

 

 

Pocket