〈金継ぎTECHNIQUEシリーズ〉01 金継ぎで役立つ錆漆のつけ方・使い方part 1

 

size19  ファイツ!!

 

※ 金継ぎ修理刻苧付けやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

※ べらぼうに長いページです。錆付けだけの作業に画像が46枚です。途中で飽きるでしょう。私も飽きました。

でも、ぜひマスターしてください。
今回は砥の粉と水だけを混ぜた物(漆は入れていません)でトレーニングしています。

 

 

❖ step 01 ヘラ先で掬う錆漆の量を調節する

 

まずは〈砥の粉+水〉でよく練り合わせてください。

 

sabi-tuke_1001

まずは作業板の上に錆(今回は水練り砥の粉)をヘラで広げます。なるべく均一に薄目にです。

 

sabi-tuke_1002

作業板の上に広げた錆の左側にヘラを置いてスタンバイ。

 

sabi-tuke_1003

すいーっと左から右へヘラを通してみると

 

sabi-tuke_1004

あら、不思議!ヘラ先にちょっとの錆が掬えました。
金継ぎの錆付けでほんのちょっと錆を使うときはこの「1回ヘラを通すだけ」でよさそうですね。

 

sabi-tuke_1005

さらにワン、ツーと錆の上をヘラを通してみます。

 

sabi-tuke_1006

先ほどよりもうちょい多くの錆が掬えました。
このようにすることでヘラ先で掬う錆の量を調節します。金継ぎの錆付け作業をする部分に応じて調節してください。

 

 

 

❖ step 02 欠け部分の外側に錆漆を付ける

 

それでは欠けの錆付けをトレーニングしましょう。

 

sabi-tuke_1007

今回のターゲットはこちら↑

 

sabi-tuke_1008

オーソドックスな欠けです。こういうベーシックな欠けの練習が一番汎用性が高いのです。頑張りましょう。

 

sabi-tuke_1009

金継ぎの錆付けをするときのヘラの持ち方です。
どんな持ち方をしてもいいのですが、とりあえずこんな感じで。

 

sabi-tuke_1010

む!?怪しい人影!気にせずに作業を進めます。惑わされないように集中してください。

 

sabi-tuke_1011

 欠けた部分のエッジにヘラを擦りつけるようにします。欠けのエッジで錆を切ります。
ヘラを下に動かしつつ手前に引いていきます。それって「右下に引く」ってことじゃない?と仰りたいのはよくわかります。そうです。そうなんですが、感覚としてはそのベクトルが二つに分かれているような感じでヘラを動かします。その方がうまく錆が付きます。

 

sabi-tuke_1012

 ヘラを下に動かしつつ、手前に引く…と。
欠けのエッジで錆を切る…と。

 

sabi-tuke_1014

 錆が足りていませんのでもう一度ヘラ先に錆を取ります。

 

sabi-tuke_1015

 同じようにエッジで錆を切るように擦りつけながら、ヘラを引く。

 

sabi-tuke_1016

 ゆっくりじっくりとヘラ先の感覚を感じながらやってみてください。
漆が入っていないので簡単に取れます。なので何度失敗しても大丈夫です。

 

sabi-tuke_1017

 欠け外側部分に錆がのりました。

 

sabi-tuke_1018

ひとまずこれが最初のステップです。

 

sabi-tuke_1019

 はい、外側にのっています。

 

 

 

❖ step 03 外側に付けた錆漆を倒す

 

次に欠けの外側に付けた錆を内側に少し倒します。

 

sabi-tuke_1020

 ヘラを先ほどよりも斜めに構えて手前に引いていきます。

 

sabi-tuke_1021

 この時、先ほどと同様に欠けのエッジにヘラを添わせて(それをガイドにして)手前に引きます。

 

sabi-tuke_1022

 ちょっと倒れました。(写真を撮りながらの作業だと時間がかかるので、どんどん砥の粉が乾いて、ボソボソしてきています。やりにく)

 

sabi-tuke_1023

 先ほどはヘラを手前に通したので、今度は向こう側(左→右)へ通します。
この時も、ヘラは欠けのエッジに沿わせてガイドにしています。

 

sabi-tuke_1024

 通しました。

 

sabi-tuke_1025

 ちょっと倒れました。もっと倒した方がいいです。

 

 

 

❖ step 04 欠け部分の内側に錆漆を付ける

 

今度は欠けの内側です。

 

sabi-tuke_1026

 この時も欠けの内側のエッジを使います。

 

sabi-tuke_1027

 内側のエッジにヘラを付けて、添わせるように右側にヘラを動かします。
錆を切るようにして欠け部分に付けていきます。

 

sabi-tuke_1028

 エッジに擦りつけるように添わせつつヘラを右に通します。

 

sabi-tuke_1029

 通しました。なかなかきれいに錆がついています。

 

sabi-tuke_1030

 まだ欠けの内側右部分(赤い丸のところ)に錆がついていないので、そこに錆をつけます。

 

sabi-tuke_1031

 セット。欠けのエッジで錆を切りながら右奥へとヘラを動かす。

 

sabi-tuke_1032

 オッケー。欠けの右奥部分にも錆が付きました。

 

sabi-tuke_1033

こんな感じ。

 

sabi-tuke_1034

 

 

 

❖ step 05 錆漆の形を整える

 

 中央に空間が空いていそうです。大丈夫。これからそれを潰します。

 

sabi-tuke_1035

 ヘラを欠けの奥にセットします。

 

sabi-tuke_1036

 手前にヘラを通します。錆を潰す感じです。力を入れないように気を付けてください。

 

sabi-tuke_1037

ちょっとヘラの位置を変えて今度は手前から奥へ通します。

 

sabi-tuke_1038

 錆の形を整えつつ、欠けた部分にしっかり隙間なく錆が入り込むようにします。

 

sabi-tuke_1039

最後にヘラを手前に引きつつ、付けた錆のとんがった部分を優しく潰します。

 

sabi-tuke_1040

なかなかきれな形になりました。

 

sabi-tuke_1041

だいたいキレいに錆が付けられたので、まわりについてしまった錆を少し掃除します。ヘラ先で切るようにして錆を取り除きます。

 

sabi-tuke_1042

左側の余計な錆もヘラ先で取ります。

 

sabi-tuke_1043

 この汚れとり作業が綺麗にできるにこしたことがありませんが、もしできなくても綿棒などで拭き取れますので大丈夫。

 

sabi-tuke_1044

 器の内側の汚れもヘラで取ります。

 

sabi-tuke_1045

 ヘラ先は少し立たせる感じで器に付けて、汚れを切っていきます。

 

sabi-tuke_1046

 きれいに取れました。

 

 

飽きましたか?飽きたでしょ??でもまだ終わりません。もう1ページ、別角度から錆付けのページを作ったので、ご覧ください◎

 

【 別角度からの作業を見る 】

▸ 錆のつけ パート2

 

 

 

 

 
 
 

 

Pocket