〈金継ぎTECHNIQUEシリーズ〉 素地固めのやり方

 

 

※この生漆での素地固めに関しましては、「やる」のがオーソドックスな解答かと思うのですが、「やっちゃダメだ」という職人さんもいらっしゃいます。

ので、どちらでも構わないと思います。

もし、固めをやる場合は漆が乾きかけのころを見計らって麦漆での接着作業に移るのがおススメです。
私は素地固めをしたときはそうしています。

 

器の素地固め

使う道具・材料

  • 道具: 小筆、ティッシュ
  • 材料: 生漆、テレピン、サラダ油

 

生漆をテレピンで少し緩めて素地に浸みこみやすくしてください。
割合としては

生漆 10 : 2~4 テレピン

 

素地固めをする箇所

  1. 欠けの場合は欠けの断面
  2. ひびの場合はひびの箇所
  3. 割れの場合は割れた破片の断面すべて

 

 

3.割れの固め

 

▸漆の塗布


 

urushi-katame_1

 

ただ、ただ、接着面にあたる部分に生漆を塗ります

 

urushi-katame_2

 

はい、ただ塗るだけです

 

urushi-katame_3

 

はみ出さないように

 

urushi-katame_4

 

塗り終えました

 

urushi-katame_5

 

接着する全ての破片の全ての断面を
塗ってください

 

 

▸拭き取り


 

urushi-katame_6

折りたたんだティッシュを用意します

銘柄はクリネックスです
本当です。いいようです。

 

urushi-katame_7

 

漆を塗布した箇所に
ティッシュを押し当てます

 

urushi-katame_8

 

ティッシュに余分な漆を吸い取てもらいます。

ティッシュが漆で汚れますので

 

urushi-katame_9

 

ティッシュの汚れた面は
内側に折り込んで、新しくきれいな面を使ってください

 

urushi-katame_10

 

押し当てます

 

urushi-katame_11

 

はい、ティッシュが吸い取ってくれています。

 

素地固めではそこまで厳密に漆を吸い取る必要もないかなと思います

ので、このくらいで勘弁してあげましょう。

 

urushi-katame_12

こんな感じでいいなじゃないでしょうか

 

この塗布した漆が乾き過ぎないうちに
次の麦漆での接着作業に移るといいと思います。

 

 

 

 

 

Pocket