〈金継ぎTECHNIQUEシリーズ〉 金継ぎ蒔絵の粉固めと拭き取りのやり方

 

 

 

粉固め

 

使う道具・材料

  • 道具 : 小筆
  • 材料 : 生漆、テレピン

 

 

web_22

 

(写真画像が暗くて済みません。いつか撮り直します。)

左奥…テレピン、右奥…生漆

 

web_23

定盤に生漆を出し、テレピンを加えて生漆を緩めます

生漆 10 : 2~4 テレピン

といったところでしょうか。
箆でよく混ぜます。

 

web_24

 

小筆で丁寧に粉を蒔いたところをなぞります

強くなぞらないようにしてください。優しくです。
なるべくはみ出さないように。

 

 

web_26

 

 

 

 

拭き取り作業

 

使う材料 : ティッシュペーパー

 

 

web_27

ティッシュを折ります
8~9回折って小さくします。

 

 

web_28

生漆を塗布した場所に優しく乗せて、優しく押えます

 

 

web_29

粉が吸い込まなかった生漆がティッシュの方に吸収されます

 

web_30

ティッシュの面を変えて(きれいな面を出して)
繰り返します。

 

web_31

どんどんティッシュの面を変えてください

 

web_32

優しく押えます

 

web_33

ほとんどティッシュの方に生漆が付かなくなりました

 

 

web_34

 

はい、もうティッシュにはついていません。

ですが粉の間にはわずかに漆が残っています。
それがしっかり粉を固着してくれますので大丈夫です

 

 

web_35

※しっかり拭き取らないと金属粉を蒔いたところが
黒っぽくなりますのでご注意ください。

 

「こんなに漆を拭き取っちゃったら意味ないじゃん。
そもそも粉固めって意味あんの?」
と思われる方もいらっしゃると思います。

粉固めをしないと…金属粉が取れやすいです。
固めた場合と固めなかった場合とで比べると優位な差が出ます。
ので固めた方がいいのです。

それからこんなにしっかり拭き取ったとしてもしっかり粉は固着しますので
ご安心ください。

 

 

Pocket