欠けてひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方 02 錆付けまで

ひびの入ったマグカップの修理を行います。本物の漆を使った伝統的な修理方法の「金継ぎ」と呼ばれるやり方で直します。今回は「錆漆」で修理箇所を埋めて、それを削ります。初めての方でも自力で出来るようにナビゲートしていきますので、どうぞ参考にしてください。

欠けてひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方 01 刻苧充填まで

欠けて、なおかつ「ひび」の入ってしまったマグカップの修理をします。本物の漆を使った「金継ぎ」と呼ばれる伝統技法を使って直します。使う素材は特殊ですが、やり方自体はそれほど難しくはありません。このページを見ながら、ぜひご自分でチャレンジして直してみてください。

口元がちょっと欠けた内田剛一さんのコップを漆+樹脂で簡単に直す簡漆金継ぎ方法 2/2 蒔絵完成まで

内田剛一さんのカップを直します。漆+合成樹脂を使った「簡漆金継ぎ」です。漆を使うので「かぶれ」る可能性がありますが、仕上げの工程のみの使用ですのでそのリスクは少なくなります。合成樹脂をメインに使って直していきますので、初心者でも挑戦しやすいと思います。

服部竜也さんの取っ手の壊れた黒いマグカップの漆金継ぎ修理 2/2 蒔絵完成まで

取っ手が壊れたマグカップの金継ぎ修理のやり方とご説明します。今回は麻布を貼って補強する珍しいやり方をご紹介します。取っ手はどうしても強度の出にくい箇所ですが、このやり方を覚えれば接着力と耐久力の高い修理ができるはずです。どうぞご参考になされてください。

欠けた岡田直人の皿の金継ぎ修理

リムがちょっと欠けた岡田直人さんの器を漆も使って簡単に直す簡漆金継ぎ 2/2 蒔絵完成まで

お皿の縁のちょっとした欠けを直します。ホームセンターなどで手に入るパテと漆屋で購入した漆を使って、簡単に直します。伝統的な金継ぎと呼ばれる修理技術と現代の素材を使ったハイブリットなやり方です。初心者の方でもチャレンジできるように画像を中心に説明していきます。

リムがちょっと欠けた岡田直人さんの器を漆も使って簡単に直す簡漆金継ぎ 1/2 パテ削りまで

縁がちょっとだけ欠けた器の修理をします。合成のパテ+本物の漆を使った「金継ぎ」と呼ばれる修理方法です。「漆は触ったことがない」「でも大切にしていたお皿を直したい」という初心者の方にもわかるように画像を中心に解説していきます。