割れたカップの簡単金継ぎ方法 2/4 マスキング/エポキシペースト付け 岡田直人

※ご注意ください。合成うるし(新うるしなど)を使った簡易金継ぎの紹介です

 

※ 〈新うるし〉のメーカー側の説明です…

植物性のうるし系塗料です。
・本品は毒性の強い物質ではありませんが念の為、食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください。

とのことですので、これをどう判断するか?ですよね。正直、難しいなぁーというのが私の感想です。
万全の安全性を考えるなら「菓子器」など口を付けたりしないもの、もしくはあまり食品が触れないような器の使い方をされた方がいいかもしれません。

それよりもみなさん、「本漆」、やってみませんか?(笑)

 

img078

 

PAGE 02  ‣ <BOOK k-02> 岡田直人/白いカップ


 

 

img077

  〈 目次 〉  

 

 

 

 

 

STEP 2.1  マスキング方法

 マスキングのやり方を説明します。

マスキングは金継ぎの修理箇所以外が汚れるのを予防します

 

マスキングで使う道具材料

 

マスキングで使う道具・材料

  • マスキングテープ(すでに千切って茶碗の口にいくつも付けいています)、
    マスキングテープのちぎり方
  • はさみ
  • 細い棒を1本(アイスピックのようなものとか、
    割り箸、竹串、楊枝、刻苧箆でもオッケーです)

 

マスキングする修理部分

 

ラインに沿って千切ったマスキングテープを付けていきます
(この器はツルツルしているので本当はマスキングをしなくても
大丈夫です。参考のためにやりました)

 

マスキングテープ一枚目を貼る

 

千切ったテープを貼ります

 

マスキングテープ二枚目を貼る

 

2枚目を貼ります
1枚目と少し重ねるようにして貼ってください。
隙間がないように

 

マスキングテープ三枚目が少しはみ出ている

 

3枚目を貼りました
が、テープの上の部分が少し修理箇所に
はみ出しています

 

はみ出したテープを細い棒で動かして修正する

 

ので、細い棒でちょちょちょとはみ出したテープの部分を
動かします

 

はみ出したテープを細い棒で動かして修正したあと

 

はい、動きました
もう、修理箇所(接着のライン)にはみ出していません

 

修理箇所のライン上部分のテープを貼り終える

 

修理箇所に沿ってラインの上部分のマスキング終了です

 

修理箇所ライン下部分もテープを貼り終える

 

ラインの下部分もマスキングできました

 

マスキングテープがはみ出た

 

はい、またテープがはみ出しました
わざとらしい

 

刻苧箆でテープの位置を修正する

 

今度は刻苧箆で動かしてみます

 

マスキング修了

 

はい、全部マスキングができました

 

マスキングはちょっと面倒ですが、
ザラザラした表面の器にはやっておいた方がいいです。

だんだんと作業が早くなってきます
ジグソーパズルのような感覚になってきて面白味も出てきます

 

 

 

簡易(簡単)金継ぎでは、エポキシ接着剤とエポキシパテとでペースト状のものを作り、それでパテでは埋めづらい小さな欠け、穴、断裁などを埋めていきます。

本漆金継ぎでいうところの”錆漆”になります。

 

STEP 2.2  エポキシペースト付け

 

エポキシペースト(体積比)

エポキシパテ 10 : 2~4 エポキシ接着剤

 

epoxy-paste

 

使う材料です

  • エポキシ接着剤
  • エポキシパテ

※今回、画像で見えやすいように弁柄(赤い顔料)を
少量入れます

 

エポキシ接着剤とエポキシパテをそれぞれ別に
練り合わせてから、その二つを混ぜ合わせます

 

epoxy-paste_1

 

まずはエポキシ接着剤の方から用意します

A剤、B剤を等量、作業板の上に出します
(弁柄も少量出しています)

 

詳しく知りたい方は→エポキシ接着剤の使い方

と言っても、ここでもあらかた説明しています

 

epoxy-paste_2

 

 A剤、B剤をよく混ぜます

 

epoxy-paste_3

 

エポキシ接着剤に弁柄を混ぜます
※皆さんは特にやる必要はありません。

 

epoxy-paste_4

 

次はエポキシパテの準備です

エポキシパテを少量、指に取りました

 

epoxy-paste_5

 

エポキシパテを指で練る

ここはしっかりと練り合わせてください
エポキシパテの詳しい扱い方→エポキシパテの使い方

 

 

epoxy-paste_6

 エポキシ接着剤とエポキシパテがそれぞれ用意できたので
いよいよ練り合わせます

 

epoxy-paste_7

 

パテの方に少量の接着剤を混ぜていきます
パテの緩み具合を見ながら接着剤を加えていきます

 

epoxy-paste_8

 

混ぜます

 

epoxy-paste_9

 

練り合わせるとだんだん緩んできます

マヨネーズくらいの緩さ~チューブ入りの練りからし
くらいの硬さが使いやすいかと思います

ですが、お好みで緩さ、硬さを調整してください

 

 

それではエポキシペーストを修復箇所に付けていきます

が、エポキシペーストを付ける作業では修復箇所周辺もペーストが
ついてしまいますので、必要であればしっかりマスキングしておいてください→マスキングのやり方

 

 

 

 

STEP 2.3  エポキシペーストの塗布

 

epoxy-paste_10

 

小さな箆(付け箆)の先にペーストを少量とります

 

epoxy-paste_11

 

ペーストを溝や穴、段差のある箇所に置きます

 

epoxy-paste_12

 

再び箆先にペーストを少量とります

 

epoxy-paste_13

 

ペーストを置きます

 

epoxy-paste_14

 

はい、ペーストが置かれました

これを繰り返します

 

epoxy-paste_15

 

ペーストの塗布が完了しました

 

epoxy-paste_16

 

小さい穴、欠け、段差がこれで埋まります

 

簡易(簡単)金継ぎで使う程よいペースト状のものが
手に入らなかったので自作してみました。
この方法が今のところベターかなと思っています。
また他のいいやり方が見つかったらご報告します。

 

 

 

 

 

 

 

img076

 

〈 次の工程に進む 〉 → 簡易(簡単)金継ぎ方法 ペースト削り・研ぎ/下塗り 岡田直人/白いカップ 03

〈 手順の目次に戻る 〉 → 白い小カップの作業手順

 

 

 

 

 

 

 

Pocket