割れたカップの簡単金継ぎ方法 1/4 診察/素地調整/接着 岡田直人

※ご注意ください。合成うるし(新うるしなど)を使った簡易金継ぎの紹介です

img088

 

※ 〈新うるし〉のメーカー側の説明です…

植物性のうるし系塗料です。
・本品は毒性の強い物質ではありませんが念の為、食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください。

とのことですので、これをどう判断するか?ですよね。正直、難しいなぁーというのが私の感想です。
万全の安全性を考えるなら「菓子器」など口を付けたりしないもの、もしくはあまり食品が触れないような器の使い方をされた方がいいかもしれません。

それよりもみなさん、「本漆」、やってみませんか?(笑)

 

 

簡単(簡易)金継ぎとは


 器を修理する方法に漆を使った「金継ぎ」という日本独自の伝統技法があります。この技法を現代において開発された素材(合成の塗料や接着剤、パテ)を代用しておこなうのが「簡単(簡易)金継ぎ」です。

 「かぶれ」の心配がほとんどなく、素材の入手・扱いも漆に比べたら簡単です。修理期間も1~3日程度でできてしまいます。(ただし、食器として使うには安全上の保障がされていませんのでご注意ください)

 「とにかく器を直してみたい!」という方は、まずはこの簡単(簡易)金継ぎからっチャレンジしてみるのもいいかと思います。

器が直ったとき、とにかく嬉しいですよ◎

 

  〈 目次 〉  

 

STEP 1.1 診察

依頼品の診察です。

 

<information>

  • 器の作家: 岡田直人さん
  • 器の特徴: 白の陶器、釉薬はガラス質
  • 修理箇所: 側面
  • 破損状態: 破片1つ、ひび1箇所
  • 寸法: 直径  高さ

 

 

 

白いカップ破損状態

 

本体の割れの下の方にひびが一箇所入っています。

 

STEP 1.2  素地調整 (簡単金継ぎのやり方)

簡単金継ぎの素地調整で使う道具: リュータ―ビットを使います。[→ リュータ―ビットのカスタマイズ ]

  1. ひび(にゅう)の溝切り、傷をつける
  2. 破片のエッジ面取り

 

ⅰ.ひびの溝切り、傷をつける


白カップの素地調整

ひびが入っています。
よくあることです。

リュータ―ビットを使って溝を切るダイヤモンドビットをつかいます。
ひびにそってゴリゴリ削ります。

始めはやさしくなぞってください。
ある程度、溝が引けたらちょっと力を込めて

ゴリゴリ

はい、溝が切れました

外側の溝切り完了オッケーです

次は内側です

内側も溝を切る

 

始めの数回はやさしくひびをなぞります

 次第にゴリゴリさせていきます

 

 

内側溝切り完了

 

はい、溝が切れました

終了です。ご苦労様でした。

 

 

 

 

ⅱ.破片のエッジの面取り


 

 

エッジの面取り

 

エッジをほんのわずか削ります(面取り)

ぴんぴんしているエッジが少し触り心地がよくなるくらい

 裏、表、おこないます
お忘れなく

 

 

エッジの面取り

 

とんがっているところもやります。
特に口元になるところ
ここ、結構重要です。

接着したとき、ここがズレていると(というかわずかに
ズレたりします)使い心地がよろしくありません。
ので、あらかじめ面取りしておきます。
少し入念に。

 

 

エッジの面取り

 

本体も面取りします

 

器の内側も忘れずに面取りしてください

 

 

口元のエッジ面取り作業のアップ

 

口元のとんがり
お忘れなく 

 

 

 

 

STEP 1.3  接着 (簡単金継ぎのやり方)

簡単金継ぎの接着工程で使う道具と材料

  • 道具: 付け箆
  • 材料: エポキシ接着剤

エポキシ接着剤の使い方がわからない方はこちらへ→

 

接着は「薄く均一に」です。

※今回は接着剤が見えやすいように松煙を入れて黒くしました。

 

web_47

 

ちょっとずつ接着剤を箆ですくい、それを接着する断面に置きます。

 

 

web_48

 

それを少しずつ延ばしていきます

 

はい、片面できました。

 

web_44

 

反対側も接着剤を塗っていきます

 

 

web_45

 

接着剤を少し乗せて、それを延ばします

 

 

web_50

 

できました。
薄く塗ってあります

 

 

web_42

 

本体の方の断面にも接着剤を塗ります。

 

 

web_43

 

本体の方も塗り終わりました

 

 

web_52

 

エポキシ接着剤でも乾き始めるタイミングを待ちます

 

 

web_69

 

余った接着剤を要らないポストカードやメモ帳にでも少し残しておいて、
それを箆でチョチョっとつついて乾き具合を確認します。

 

※壊れたピースの多い修理でエポキシを使う場合は
乾き待ちせずにマスキングテープにアシストしてもらって
ガンガン組み立てていってください。

 

 

web_57

 

接着します

 

web_58

 

 

慎重に合わせていきます

 

 

web_59

 

なるべく隙間がないようにしっかり合わせてください。

 

 

web_61

 

破片の数が多い時はあまりグッと力をいれるわけにはいかない場合があります

ズレちゃいますから

 

 

web_62

 

はい、できました。

 

 

web_64

 

上、下、斜め、などなどからチェックして
なるべくズレがないように微調整します。

 

 

web_66

 

口元もきちんと噛み合っています

 

 

web_65

 

今回は破片が一つだったので簡単でした。

破片が多いほどずれやすくなります。
私もズレますよ。
そりゃね。

 

 

web_67

 

支えや安定させるのに何を使っても構いませんので、
重力で次第に圧着するようなポジションをとってください。

 

 

web_68

 

この状態で接着剤が完全に硬化するのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

img076

 〈 次の工程に進む 〉 → 簡易(簡単)金継ぎ方法 マスキング/エポキシペースト付け 岡田直人/白いカップ 02

 〈 手順の目次に戻る 〉 → 白い小カップの作業手順

 

 

 

 

 

 

Pocket