初めての新うるし金継ぎ!欠けたミフィー皿をカワイく直しましょう◎/ Page 01

ミフィーの器を簡単な金継ぎで修理する方法

※ 縁が小さく欠けたミフィー(うさ子ちゃん)の小さなボウルの修理です。合成樹脂を使った金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆は使っていません。ご注意ください。

今回は簡単金継ぎの工程のうち、〈欠けた箇所を鑢る~エポキシ錆で埋めるまで〉のやり方を解説していきます。

 

ふぐ印の「新うるし」の販売元・桜井釣漁具株式会社の説明:

植物性のうるし系塗料です。
本品は毒性の強い物質ではありませんが念の為、食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください

「危険性がないわけではない。安全とは言い切れない」…といった感じなんでしょうか。(なんか、「原発は…」と同じような言い方ですね)
こういった場合は己の「感覚」「直感」で判断するしかないと思います。

「何でも安全、安全、って言い過ぎだよ。過剰にアナウンスしすぎ」と思われる方もいると思います。
ただ、一つ言えるのは「もし、何かあった場合でも、会社側は責任を負わない」ということだけは確かです。「食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください」と明記してあるので。

2016-12-20加筆
”鉛”が含まれています。ただ、金継ぎで使用する「量」が微々たるものなので、気にするレベルではないと思いますと説明されました。…パッケージの裏書きをなぜ、書き直さないのでしょうね?不思議ですね。これをどう捉えるかは自己判断ですよね)

 

 

 

usakoko01

次の作業 ▸ ページを見るエポ錆削り~新うるし塗り・完成

 

 

 

簡単(簡易)金継ぎとは


金継ぎとは欠けたり、割れたりした器を漆で直す日本の伝統技法です。本来は漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め、漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いてお化粧をします。
その伝統的な本漆金継ぎに対し現代、開発された素材である「新うるし」や合成樹脂の接着剤パテなどを使うことで時間、手間を簡略化したものが「簡単(簡易)」金継ぎです。

※ 「新うるし」(合成うるし)は植物性の樹脂を主原料にした塗料です。ただし、食器用に使うには安全性が保障されているわけではありません。

 

 

 

簡易金継ぎする器 information


  • 器: ミフィーちゃんの小さなボウル。現代の量産品です。
  • 器の特徴: 磁器、ピカピカの釉薬
  • 器のサイズ: 口径 100×85㎜(楕円形)、高さ35㎜
  • 破損状態: 欠け1カ所(9×5㎜)

 

 

 

金継ぎ修理する前の器

ミフィーちゃんが欠けました。

 

金継ぎ修理する前の器

キャラものの修理…。
実は意外とファイトが湧きます!!(うそ)

 

金継ぎ修理する前の器

蝶々も飛んでいます。

 

金継ぎ修理する前の器

 

金継ぎ修理する前の器

この手の器の表面はガラスのようにツルツルしているので、新うるしの食いつきがすごく悪いです。
破損した断面部分はそれなりにしっかりと食いつくのですが、表面の部分は「比較的、剥がれやすい」と思っておいてください。

 

 

 

〈簡単金継ぎの手順 01〉 器素地の削り・研ぎ


簡単な金継ぎの素地調整作業で使う道具

簡単金継ぎの素地調整で使う道具: ① ダイヤモンドの鑢/半丸(ホームセンター等で入手 価格\600‐~) ②③ リューターのダイヤモンドビット (ホームセンター等で入手可能/価格 \200~)

▸ ダイヤモンドビットのカスタマイズの方法

 

 

器の欠けた箇所をダイヤモンド鑢でやする

今回は半丸のダイヤモンドの鑢を使います。

 

器の欠けた箇所をダイヤモンド鑢でやする

エッジをやすっていきます。
サラサラと軽くやすってください。

 

器の欠けた箇所をダイヤモンド鑢でやする

↑画像の白点線の箇所も軽くやすります。

 

 

 

〈簡単金継ぎの手順 02〉 エポキシ錆またはエポキシペーストを付ける


※ 今回は「エポキシ錆(=エポキシ接着剤+砥の粉)」で欠けた箇所を埋めました。砥の粉を持っていない方は「エポキシペースト」を作って作業をおこなってください。
今のところ、「エポキシペースト」と「エポキシ錆」のどちらが扱いやすいのか、、は判定できていません。どっちもどっちというか、大して変わらないような気もしています。

 

簡単金継ぎのペースト付け作業で使う道具と材料

エポキシペースト付けで使う道具と材料

  • 道具: ③ 付け箆 ② 作業板(クリアファイルなど)
  • 材料: ① エポキシ接着剤 ④ エポキシパテ ⑤ テレピン

 

エポキシペーストを作ります。 ▸ エポキシペーストの詳しい作り方

大きな穴や隙間があるときは ▸ エポキシパテ で作業してください。

 

 

②パテは入念に練り合わせてください。練りが甘いと硬化しづらいパテになってしまいます。
③ではパテの方に少しずつ接着剤を混ぜていきます。使いやすそうな固さ(粘り)のところで接着剤を混ぜるのをストップします。

 

 

 

エポキシ錆付けで使う道具と材料

  • 道具: 付け箆(▸ 付け箆の作り方
  • 材料: エポキシ接着剤(30分硬化型)、砥の粉(もしくはエポキシパテ)、テレピン

※作業を見えやすくするためにペーストに弁柄を混ぜました。(なので赤いのです)

 

 

 

 

ヘラの扱い方です。

 

①作業板の上でヘラを使い、エポキシ接着剤を薄く広げます。
②ヘラを寝かせつつ、横からヘラを滑り込ませます。
③するとヘラの先っちょにエポキシ接着剤が付きます。

 

 

器の欠けた箇所にエポキシ錆を付けていく

少量のエポキシ錆をヘラの先にとります。

 

器の欠けた箇所にエポキシ錆を付けていく

器のエッジを利用します。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

エッジに擦りつけるようにしてエポキシ錆を切っていきます。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

置いたエポ錆をヘラの面を使って広げます。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

反対側にもヘラを通して、欠けた箇所にエポ錆がしっかりと密着させます。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

エポ錆が足りていなかったので、少量のエポ錆を追加します。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

再び器のエッジを利用してエポ錆を置き、箆で均します。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

こんな具合になりました。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

ちょい、盛り気味です。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

エポ錆もエポキシペーストもどちらも次第に垂れてきます…!
そこがちょっと扱いづらいところですね。

 

簡単な金継ぎ修理のエポキシ錆を付ける

重力でエポ錆/エポペーストが垂れてきても影響が少ない置き方にします。

Ⓑの置き方だと欠けた箇所に盛ったエポ錆が凹んでしまいます。
Ⓐの置き方にするとエポ錆が出っ張ってしまいますが、硬化した後に削ればいいので、この置き方を採用しました。

もしくは5分くらいごとに「器の向きを変える」というのもよさそうですね。
それがベストだと思います。

多分、10~15分も経てばエポキシが少し硬化してきて流動性が低くなってくると思います。そうしたら向きを変える必要もなくなりますので、5分おきに器の向きを変えるとしても2,3回やればいいと思います。

それほど面倒じゃないですよね。

 

 

次の作業ページを見る

usakoko01

エポ錆削り~新うるし塗り・完成

 

 

 

 

 

Pocket