簡単な金継ぎでマリナーズ・マグカップの壊れた取っ手直します。Page 02

 

size19

 

※ 取っ手の壊れたマリナーズ・マグカップの合成樹脂を使った金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆は使っていません。ご注意ください。

今回は簡単金継ぎの工程のうち、〈エポキシパテを削る~新うるしで上塗り・完成まで〉のやり方を解説していきます。

 

ふぐ印の「新うるし」の販売元・桜井釣漁具株式会社の説明:

植物性のうるし系塗料です。
・本品は毒性の強い物質ではありませんが念の為、食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください。

「危険性がないわけではない。安全とは言い切れない」…といった感じなんでしょうか。(なんか、「原発は…」と同じような言い方ですね)
こういった場合は己の「感覚」「直感」で判断するしかないと思います。

「何でも安全、安全、って言い過ぎだよ。過剰にアナウンスしすぎ」と思われる方もいると思います。
ただ、一つ言えるのは「もし、何かあった場合でも、会社側は責任を負わない」ということだけは確かです。「食器等口に含む恐れの有る物に塗装しないでください」と明記してあるので。

 

 

前回の修理ページを見る ▸ マリナーズ・マグカップの壊れた取っ手直します。Page 01

 

 

 

〈簡単金継ぎの手順 step 05〉 パテ削り


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

パテ削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは平丸の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら) ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

 

前回、盛ったパテを刃物で削っていきます。

壊れた取っ手部分に盛ったパテを削る

器の凹んでいる曲面部分は彫刻刀の「刃表」を使って削っていきます。

 

壊れた取っ手部分に盛ったパテを削る

削りすぎないように少しずつ慎重に削っていってください。

 

壊れた取っ手部分に盛ったパテを削る

器の「平面」になっている箇所を削るときは彫刻刀の刃裏を使います。

 

壊れた取っ手部分に盛ったパテを削る

削り作業が終わりました。

 

壊れた取っ手部分に盛ったパテを削る

イマイチ綺麗になっていませんね。

 

壊れた取っ手部分に盛ったパテを削る

細い隙間などパテでは埋めづらかったところを次の作業で埋めていきます。

 

 

 

 

〈簡単金継ぎの手順 step 06〉 新うるし錆付け


新うるし錆を作るのに必要な道具と材料

使う道具と材料

  • 道具: ③ 練り箆 ④ 作業板
  • 材料: ① 砥の粉 ② 新うるし(今回は白色)

 

詳しい新うるし錆の作り方の説明 ▸

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

このちょっとした隙間、ちょっとした段差を「新うるし錆」で埋めていきます。

 

新うるし錆を付けるときのヘラの使い方です。

  1. 作業板の上で錆漆を薄く均一に広げる。
  2. ヘラを少し寝かしつつ、横から滑り込ませる。
  3. 右側から左側へ通す。
  4. そうするとヘラの先っちょだけに錆漆がつきます。

 

 マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

ヘラ先に新うるし錆をとります。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

取っ手の接着した隙間の部分に新うるし錆を置いていきます。

ヘラを横スライドさせながら新うるし錆を付けます。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

「スライド」です。

初めはうまくつけられなくても、何個もやっているうちに気持ちよくスライドできるようになってきます。うまくスライドできなくても別に構いませんので、どんどん付けていってください。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

一定範囲に新うるし錆を置いたら、今度はそれを溝に入れていきます。

まずはヘラを接着ラインに沿って通します。新うるし錆を均一に均します。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

今度は接着ラインに対して「直角」にヘラを通します。小刻みに通していきます。
わずかな隙間の中に新うるし錆が入り込むようにします。

その後、反対方向にもヘラを通してください。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

最後に新うるし錆の表面を均します。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

取っ手周りの新うるし錆付け…難しいですね。

新うるし錆の扱も、乾きが早かったりで、まだ慣れていません。周りについた錆を掃除する余裕もありませんでした。でも今回の修理物件はツルツルしているので、錆が乾いた後でもすぐに取れます。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

新うるし錆の扱で要注意点としましては、「厚盛り厳禁」です。
1㎜厚未満 でお願いします。少しでも厚くなると乾きが異常に悪くなります。

少しでも厚くしたい場合は新うるし錆を2回に分けて盛ってください。

 

マグカップの取っ手修理で新うるし錆を盛る

新うるし錆の乾きに2,3時間~2日待ってください。
付けた厚みによって乾きが全然異なります。ご注意ください。

 

 

 

〈簡単金継ぎの手順 step 07〉 新うるし錆の削り・研ぎ


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

新うるし錆の削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

今回は彫刻刀の「丸刀」も使いました。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

新うるし錆が乾きました。
↑画像ですが、隙間の分部が少し凹んでいます。
新うるしが乾いていく過程で新うるしを希釈していた成分が揮発して痩せたのだと思います。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

しっかりと綺麗な「平滑面」で仕上げたいとお望みの方はもう一度、新うるし錆を付けた方がいいです。
ちょっと面倒かもしれませんが、結局はそうするのが一番よいです。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

それでは錆がしっかりと乾いたので刃物で削っていきます。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

いつもは彫刻刀の「平丸」だけ使っていたのですが、今回はそれだけではちょっと無理でした。

取っ手の付け根は小さめの「丸刀」(3㎜幅)を使いました。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

削りすぎないように、少しずつ削っていきます。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

周りについている新うるし錆は彫刻刀の平丸でコリコリ取っていきます。
簡単に剥がれます。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

平丸で削れる部分はなるべく平丸でやります。

 

新うるし錆を彫刻刀で削る

彫刻刀でなるべく綺麗に成形してしまいます。

周りに付いた新うるし錆もなるべく刃物で除去してしまいます。

 

 

次に耐水ペーパーで研いでいきます。

金継ぎのエポキシペースト研ぎ作業で使う道具と材料

エポキシペースト研ぎで使う道具と材料

  • 道具: ③ 豆皿(水入れ用) ④ ウエス ⑤ はさみ(ペーパー切り専用にしたもの)
  • 材料: ① 耐水ペーパー(今回は#600) ② 水

 

耐水ペーパーをハサミで小さく切って、それを三つ折りします。
ペーパーに水を少量つけながら研ぎ作業をおこなってください。

 

新うるし錆を耐水ペーパーで研ぐ

彫刻刀の削り跡を消すような感じで研いでいきます。

 

新うるし錆を耐水ペーパーで研ぐ

時々、ウエスで研ぎ汁を拭き取って、いろいろな角度からチェックします。
平滑なラインが器の方に繋がっているか確かめます。

 

新うるし錆を耐水ペーパーで研ぐ

研ぎ作業が完了です。

 

新うるし錆を耐水ペーパーで研ぐ

本当はもう一度、新うるし錆を付けた方がよいです。が、今回はこのままでいってみたいと思います。

 

新うるし錆を耐水ペーパーで研ぐ

↑ちょっと凹んでいます。

 

新うるし錆を耐水ペーパーで研ぐ

 

新うるし錆を耐水ペーパーで研ぐ

 

 

 

 

〈簡単金継ぎの手順 step 08〉 新うるしの塗り


簡単な金継ぎの新うるし塗り作業で使う道具と材料

新うるし(合成うるし)塗りで使う道具と材料

  • 道具: ③ 付け箆(▸ 付け箆の簡単な作り方) ④ 小筆 ⑤作業板(クリアファイルなど)
  • 材料: ① サラダ油 ⑥ テレピン ⑦ 新うるし(合成うるし。今回は「ゴールド色」)

 

まずは使う前に筆をテレピンで洗って油を洗い出します。 ▸ 詳しい筆の洗い方

毎回、作業が終わったときに筆を”油”で洗っているので、使うときにはまず筆の中の油を取り除きます。

  1. 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
  2. その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。
  3. ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しくしごく。

 

 

続いて新うるしを塗る準備をします。

1⃣ 作業板の上に少量の金属粉をヘラで取り出します。
2⃣ 新うるしも少量だけ作業板の上に出します。
3⃣ ヘラでよく混ぜ合わせる。

 作業板の上で何本か線を引いて、筆に含まれる新うるしの量を調整します。

 

壊れた取っ手に新うるしを塗る

 塗りに入ります。

 

壊れた取っ手に新うるしを塗る

特に注意点はないのですが、厚くなり過ぎないように気を付けて塗ります。
厚いと乾きが異様に遅くなります。

 

壊れた取っ手に新うるしを塗る

今回の器はすごくツルツルした表面なので、新うるしの食いつきがかなり悪いです。
ですので、はみ出した新うるしは結構、取れやすいと思います。
けど、どうしたってはみ出しますよね。しかも「新うるし」は細い線が描きづらいです。

 

壊れた取っ手に新うるしを塗る

新うるしは硬化が早いのでなるべく手早く塗っていってください。

 

 

もし、塗る面積が広くて、描いている途中で新うるしに粘り気がでてきてしまいましたら、テレピンを混ぜて緩めてください。

  1. 新うるしのに1,2滴テレピンを垂らす。
  2. ヘラでテレピンを掬う(”濡らす”程度)。
  3. それを新うるしに混ぜる。

ただし、テレピンを何度も混ぜているとどんどん新うるしの濃度が低くなってきます。
「薄くなりすぎたかな…」と思ったら、新たに金属粉と新うるしを混ぜ合わせたものを作り直してください。その方がきれいな仕上がりになると思います。

 

 

壊れた取っ手に新うるしを塗る

ひび部分にも新うるしを塗っていきます。

 

壊れた取っ手に新うるしを塗る

線が太くなってしまいました。新うるし…難しいぜ…。

 

塗り終わったら油で筆を洗います。 ▸ 詳しい筆の洗い方

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。
キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方向けに ▸ 筆のキャップの作り方 ページを作りましたので、ご覧ください。

 

新うるしの表面は何時間かで硬化しますが、しっかりと固く「締まる」までには2~3日を見ておいた方がいいと思います。とくに「厚塗り」した時は乾きが遅くなります。1週間くらい待つ感じでしょうか。

使い出すまで、ちょっと辛抱してください。(新うるしの”匂い”が取れるのに数日かかりますので、どのみち待ちたくなると思います)

 

 

 

マリナーズマグカップの壊れた取っ手の簡単金継ぎ完成!


 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

取っ手の壊れたマグカップの金継ぎ修理が完成

 

 

 

 

前回の修理ページを見る ▸ マリナーズ・マグカップの壊れた取っ手直します。Page 01

 

 

cheerup7

Pocket