小さく欠けた白いマグカップの金継ぎの方法 1/3 ~素地固めまで(岡田直人の器)

金継ぎ修理前チェック※ 口元が一か所、小さく欠けたカップの金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち〈欠けた部分の器の素地をやすりで削る~欠けに漆を浸み込ませる〉までのやり方を解説していきます。

 

金継ぎとは


欠けたり、割れたりした器を漆で直す日本の伝統技法です。漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め、漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いてお化粧をします。

本漆金継ぎでは漆を使いますので「かぶれ」のリスクがあります。ですがそのリスクを引き受けてでもやるだけの価値があると思います。なんといっても「大切な想い」の詰まった器が直せるのですから。

そして金継ぎで器がよみがえった時にきっと不思議な感じがすると思います。「直った」というより、「生まれ変わったみたい」と。別もののようにも見えてしまう。

どうして日本人はこんな不思議な直し方をしたのでしょうか?
そんな不思議な感覚をぜひ味わってください。

器 information


  • 器の作り手 : 岡田直人さん
  • 器 : 白い(乳白色)マグカップ
  • 釉薬 : ツルツル・ピカピカのガラス質
  • 破損個所 : 口元(ふちこぼれ) 1 箇所
  • 破損状態 : 欠け(大きさ 横10㎜×縦6㎜前後)
  • 仕上げ : 金粉仕上げ希望

 

いきなり金継ぎの作業に入る前に器を入念に診察します。

  • 釉薬
  • 破損個所
  • 破損状態

をチェックしてください。

今回の依頼品の損傷は「欠け」が一箇所ですが、
特に気をつけないといけないのが欠けた場所の近辺に
「ひび」がないか?です。

割れたり欠けたりした場合、それと同時に
ひびが入ることがよくあります。

このひびが特段、見えづらい場合があるのでいろいろな
角度から見たり、光の当て方を変えたりしながら入念にチェックしてください。

あとはほんの小さな欠けも見落としがちなので
それも気を付けて診察してください。

 金継ぎ修理の方法。欠けた部分のチェック。

このような口元の欠けはよくある修理依頼です。
この段階で欠けの「深さ・厚み」から判断して、
欠けの充填に「錆漆」でいくのか、
それとも「刻苧漆」でいくのかを決めます。

今回は欠けが浅いので錆漆でいきます。

私の大体の目安は深さ・厚み3㎜くらいまでを錆漆で充填します。
2~3回に分けて少しづつ充填します。

それ以上の深さ・厚みの充填が必要な場合は刻苧漆でやります。

 

金継ぎ修理の方法。欠けた部分の状況を確認する。

乳白色、ツルツル・ピカピカの釉薬です

ガラス質の釉薬の場合、器に麦漆や錆漆がついて汚れてしまったとしても
比較的簡単に落とせるので、マスキングの必要はないなと判断します。
(ただ今回は参考のためにマスキングをおこないました)

 

器の素地調整 / 素地の削り

 

使う道具 : リュータ―(ダイヤモンドのビットで)、マスク、水を固く絞ったウエス

 金継ぎ修理の方法。欠けた部分の周りをリューターのダイヤモンドビットで面取りしていく。

リューターのビット部分だけを購入してカスタマイズします
[ ダイヤモンドビットのカスタマイズのやり方 ]

そしてそれを使った他の作業例です
[ 素地調整 エッジの面取る方法 ]

まずはリュータ―で破損個所を少し削ります。

 金継ぎ修理の方法。リューターで欠けた部分を削っていく。

(この工程を行う人はあまりいないと思いますので、参考までに)

ガラス質の釉薬部分に傷をつけて漆の食いつきを良くするためと、
ほんの少し面取りをおこないます。

リュータ―のビットはダイヤモンドビットを使います。

金継ぎ修理の方法。陶器の欠けのエッジを削る

軽くエッジを削っていきます。

ビンビンに立っているエッジ箇所はしっかり削ってしまいます。

金継ぎ修理の方法。欠けのエッジを削る

リュータ―での削り作業は粉塵が出ますので、
マスクをした方がいいです。

削り作業が完了したら水を固く絞ったウエス
(使い古しの布とか)で粉を拭き取ってください。

 

器の素地を漆で固める

器の素地に漆を薄く吸い込ませる作業です。

使う道具・材料

  • 材料 : 漆(生漆)、テレピン、ティッシュ(クリネックスがいいようです。いや、本当です)
  • 道具 : 小筆(面相筆など)
  • 掃除用、その他 : 定盤(作業台)、サラダ油、小箆、ウエス、テレピン、サランラップ

 

素地固めの金継ぎ作業工程

  1. 漆にテレピンを混ぜる(作業台の上で箆でやります)
  2. 欠けた破損個所に塗る
  3. ティッシュで押さえる(ティッシュに漆が付かなくなるまで繰り返す)
  4. 油で筆を洗う(後片づけ)

 

 

筆を使う前に筆の中にある油分を洗い出してください
使用前の筆の洗う方法

金継ぎ修理の方法。欠けた部分に生漆を筆で塗っていく。

生漆(10) : テレピン(3)

くらいの割合で混ぜて、漆を緩めます。沁み込みやすいように。

金継ぎ修理の方法。漆を筆で塗っていく。

このあと、ティッシュで優しく押えて余分な漆を取ります。

素地固めについての詳しい説明です
素地固めのやり方

 

 

作業が終わったら油で筆を洗います
使用後の筆の洗う方法

 

※この「固め」という作業ですが、職人さんによって意見の分かれるところです。
やらない方がいいという方もいるし、当然やるでしょという方もいます。
一応、オーソドックスなやり方としては「やる」だと思います。

輪島の偉大な師匠の一人は「絶対やっちゃダメ」と言っていました。

なぜにいかんのですか?というと、
固めた後に行う作業の食いつきが悪くなるからということです。
固めた後、漆を塗るでもいいし、錆漆を付けるでもいいのですが、その際の食いつきが悪くなると。

確かに、私も仏像の三段框を作った時に固めを行って、ゲンナリするような目にあいました。

「固める」「固めない」はこんな感じで意見の分かれるところなので、ぶっちゃけどっちでもいいのかなと思います。

とりあえず私が今、とっている暫定的な解決案としましては「固めて→漆が乾きかけの時に次の作業を行う」ということです。

何を言っているんだ、はとや!…なので、どっちでもいいです。

固めた場合はなるべく、あくまでもなるべく早めに(何日も間を開けないで)次の作業を行うことをおススメします。

 

 

次の作業工程に進む  ▸ ② 錆漆付けまで

他の作業工程を見る  ▸ ③ 完成まで

 

 

 

Pocket