割れた蕎麦猪口/本漆金繕いの修理工程を詳しく解説します Page 02

割れた蕎麦猪口を金繕いで修理する

※ 口元が割れた蕎麦猪口の金繕い修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金繕い工程の内の〈刻苧の充填~錆漆の研ぎ〉までの方法を解説していきます。

 

 

前回の作業を確認する方はこちらへ

割れた器の金繕いの方法

▸ 蕎麦猪口修理 Page 01

 

そういえば、最近あの「鳩」、見ませんね。
ああ、そういえば。
どこ行っちゃったんでしょうね?
いたらいたで邪魔ですけど、いないといないで少し寂し…くないですね。別に。
そのうちまた来るんでしょうね。

 

 

〈金繕いの工程 04〉 刻苧漆の充填


douguw 

使う道具・材料(▸  刻苧漆の充填で使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ① プラスチック箆 ② 刻苧(こくそ)箆(▸ 刻苧箆の作り方) ③ 作業板(クリアファイル) ⑧ サランラップ
  • 材料: ④ 生漆 ⑤ 木粉(▸ 木粉の作り方) ⑥ 小麦粉 ⑦ 水

↑の材料を使って穴に埋めるパテ状のものを作ります。
  ▸ 刻苧漆の作り方

※ このページも刻苧漆の使い方を詳しく説明していますが、もうちょい(くどいくらいに)説明したページを作りました。ご興味のある方は覗いてみてください。
 ▸ 刻苧漆のつけ方・使い方

 

 

割れた蕎麦猪口の隙間に刻苧漆を詰める

今回の隙間は狭いです。
こういった場合は錆漆にするか、刻苧漆を使うか迷うところです。

隙間は狭かったのですが、深さが結構あったので刻苧漆を使うことにしました。

刻苧を使うか、錆を使うかの判断基準ですが、私の場合、錆2回で埋まりそうな深さでしたら錆漆を使うし、それ以上の深さの場合は刻苧を使います。

つまり2㎜程度の深さでしたら錆漆を2回。2㎜より深い場合は1回目が刻苧、2回目が錆漆という工程を選択することが多いです。

 

割れた蕎麦猪口の隙間に刻苧漆を詰める

刻苧をヘラで少しずつ詰めていきます。

 

割れた蕎麦猪口の隙間に刻苧漆を詰める

しっかりと押し込みます。

このくらいの量の刻苧でしたら3,4日も経てばしっかりと中の方まで乾くと思います。
乾いたら次の金繕い工程に進んでください。

 

 

 

 

〈金繕いの工程 05〉 刻苧漆の削り


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

刻苧漆削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは平丸の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら) ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

 

出っ張った刻苧やはみ出した刻苧を刃物で削っていきます。

詰めた刻苧漆を彫刻刀で削る

器の外側を削るときは基本的に彫刻刀の「刃裏」を器に押し当てるようにして使います。

 

詰めた刻苧漆を彫刻刀で削る

進行方向に対して刃物を斜めに構え、スライドさせるように動かすと削りやすいです。

削り終わったら削りカスをウエスで拭き取ります。

 

 

 

 

 

〈金繕いの工程 06〉 錆漆付け


金継ぎの錆漆付け工程で使う道具の画像

金繕いの錆付けで使う道具と材料(▸ 錆漆付けで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ①プラスチック箆、②付け箆(▸ 付け箆の作り方)、
  • 材料: ④生漆、⑤砥の粉、⑥水、③作業板(クリアファイル)

錆漆を作ります。 ▸ 詳しい錆漆の作り方

 

 

小さな段差や隙間に錆漆を詰めていく

まずはヘラ先で錆漆を少量取ります。

 

  1. 作業板の上で錆漆を薄く均一に広げる。
  2. ヘラを少し寝かしつつ、横から滑り込ませる。
  3. 右側から左側へ通す。
  4. そうするとヘラの先っちょだけに錆漆がつきます。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

錆漆を接着箇所に置いていきます。

ヘラを横に滑らせるようにして錆漆を付けていきます。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

横スライドです。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

ヘラを反対方向に返して、錆漆を伸ばします。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

今度は接着ラインに対して直角にヘラを通します。
小刻みに通して、隙間や段差に錆漆を入れていきます。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

反対方向にもヘラを通します。
両方向からヘラを通すことで隙間にしっかりと錆漆が入り込みます。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

最後に接着ラインに沿ってヘラを通して、錆漆の表面を均します。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

余裕があれば周りについた錆漆をヘラで取り除いてしまいます。
今回の修理している器は表面がツルツルぴかぴかなので、綺麗に錆漆の掃除ができます。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

接着ラインの両側とも掃除をします。

 

同様にして他の接着部分にも錆漆を付けていきます。

接着した箇所に錆漆を付けていく

金繕いの錆漆付け作業が完了しました。
まわりに錆漆が付いていますが、乾いた後でも簡単に除去できますので、このままにしておきます。

 

接着した箇所に錆漆を付けていく

錆漆の乾きに1~2日ほど見ておいてください。

錆漆の場合は特に湿した場所に置く必要はありません。
が、もし使っている漆が古いものだったり、ちょっと乾きが悪いものでしたら、湿した場所(湿度65%~)に置いてください。

 

 

 

〈金繕いの工程 07〉 錆漆の削り・研ぎ


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

錆漆削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは平丸の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら) ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

はみ出した錆、出っ張った錆を刃物で削っていきます。

乾いた錆漆を彫刻刀で削る

周りに付いた錆漆もついでに削って、取ってしまいます。
簡単に取れますよ。

 

乾いた錆漆を彫刻刀で削る

 

彫刻刀で削ってきれいなラインが出たら、続いて耐水ペーパーで水研ぎします。

 

金継ぎのエポキシペースト研ぎ作業で使う道具と材料

錆漆の研ぎで使う道具と材料

  • 道具: ③ 豆皿(水入れ用) ④ ウエス ⑤ はさみ(ペーパー切り専用にしたもの)
  • 材料: ① 耐水ペーパー(今回は#600) ② 水

 

 

耐水ペーパーをハサミで小さく切って、それを三つ折りします。
ペーパーに水を少量つけながら研ぎ作業をおこなってください。

 

耐水ペーパーで研いで、錆漆の表面を平滑にする

なるべく修理箇所のみを研ぐようにします。が、どうしたって周りも研いでしまいます。それはしょうがないですよね~。

 

器の内側も研いでいきます。

耐水ペーパーで研いで、錆漆の表面を平滑にする

水を付けつつ、小刻みに動かします。

 

耐水ペーパーで研いで、錆漆の表面を平滑にする

 

 

耐水ペーパーで研いで、錆漆の表面を平滑にする

口周りの接着箇所もしっかりと研いでいきます。
隣のピースと綺麗なラインで繋がるように注意しながら研いでいきます。

 

金繕いの錆漆研ぎが完了

錆漆の研ぎ作業が完了しました。

次は漆の塗りに入ります。

 

 

次の作業ページを見る

soba-choko11_aa010

▸ 蒔絵・完成まで Page 03

 

 

前回の作業を確認する方はこちらへ

割れた器の金繕いの方法

▸ 蕎麦猪口修理 Page 01

 

 

 

 

 

Pocket