割れたマットさん平皿の本漆金継ぎ修理 5/5 ~蒔絵・完成まで

金継ぎの工程 漆の塗り方

 ※ 3ピースに割れた平皿の金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

 

 

STEP 1 漆の上塗り


漆の上塗りで使う道具と材料(▸ 使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: 小筆、付け箆 (▸ 付け箆の作り方
  • 材料: 漆(今回は弁柄漆)、テレピン、サラダ油、

 

 錆漆を研いだ上に漆を塗っていきます。

まずは筆をテレピンで洗って油を洗い出します。 ▸ 詳しい筆の洗う方法

 

器の表側 漆の下塗りを研いだ後

下塗りを研いでから塗ります。

漆の下塗り後、ペーパーで研いで漆を塗っていく

作業後半でも指の置き場だったり、手の置き場、持つ場所が確保できるように考えて
漆の塗る場所の順番を決めます。

弁柄漆で上塗りを行う。はみ出さないように気を付ける。

漆は薄めに塗っていきます。下塗りした部分はすべて覆うように塗ります。

器の縁部分も塗り残しの内容に漆の上塗りを進めていく

お皿の縁部分もやりづらいですがきれいに塗ってください。

漆の上塗り完了

 器の表側が終了しました。

 

続いて器の裏側も漆の上塗りを行います。

器の裏側も漆の上塗りを行う

漆は薄目に塗っていきます。

漆の上塗り 器の裏側

線のキワに塗り残しがないように注意します。

漆の上塗りのやり方 器の裏側

塗ります。塗ります。

金継ぎ工程の上塗り終了

お皿の裏側も完了しました。

湿度の高い場所(65%~)に置いて今回は約60分待ちました。

 

塗り終わったら筆を油で洗います。 ▸ 詳しい筆の洗う方法

洗い終わったら筆にキャップをつけて保管します。
キャップがなかったらサランラップで優しく包んでください。

 

STEP 2 蒔絵


蒔絵で使う道具と材料(▸ 使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: 毛棒(または柔らかい小筆)
  • 材料: 錫紛

 

金継ぎの蒔絵のやり方。まずは錫粉を筆にとっておいていく

 毛先で掬った錫紛をバサッと置きます。

金継ぎの工程、蒔絵のやり方。錫粉を筆で少しずつ払って漆の上に載せていく

 それをサラサラサラと掃いて漆の上に載せていきます。

さらに錫紛を蒔いていく

錫紛が足りなくなったら、また毛先で錫紛を掬い取って器に乗っけます。

器の表面に蒔絵を施していく

 掃きます。掃きます。

器の裏側も蒔絵を施していきます。

器の裏側も蒔絵を施す

錫粉をサラサラ掃いていきます。

器の裏側も蒔絵を施す

器の裏側も終了しました。
軽く器を叩いて余計な錫粉は落とします。

錫粉を漆の上に載せ終わって10分くらいしたらまたチェックしてみてください。
錫粉の下から薄っすら漆が染みてきているのが見えたらその個所は再度、錫粉を蒔きます。

 湿した風呂に入れて3,4日待ちます。

 

STEP 3 完成


 

平皿の金継ぎ終了。器の表側

 

平皿の金継ぎ終了

 

平皿の金継ぎ終了

 

平皿の金継ぎ終了

 

平皿の金継ぎ終了 器の裏側

 

 

その他の修理工程を見る

▸ ① ~接着まで
▸ ② ~錆漆付けまで
▸ ③ 錆漆の削り・研ぎ
▸ ④ ~下塗り研ぎまで

 

 

Pocket