欠けた抹茶茶碗の金繕い修理のやり方 02 完成まで

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

※ 小さく2か所欠けた抹茶茶碗の金継ぎ(金繕い)修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。(カブレがすごく気になる方は、病院でパッチテストを受けてみてください。)

今回は金継ぎ(金繕い)工程のうち、〈錆漆の削り・研ぎ~蒔絵・完成まで〉のやり方を解説していきます。
少しページが長くなってしまいましたが、よろしくお付き合いください。

 

前回の作業工程を見る

抹茶茶碗の金繕い方法

▸  Page 01 / 錆漆付けまで

 

 

 

<金繕いの工程 04> 錆削り・研ぎ


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

錆漆削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは平丸の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら) ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

はみ出した錆、出っ張った錆を刃物で削っていきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

基本的には器の外側は彫刻刀の「刃裏」を器に当てながら使うのですが、
今回の抹茶茶碗は口元が「巻き込むようにカーヴ」しているので
彫刻刀の「刃表」の方を使って削っていきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

削りすぎないように少しずつ作業を行います。

刃の半分くらいを器に当てて、器の面を基準面のガイドとして利用します。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

口周りは彫刻刀の刃裏を使います。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

上下左右、斜めから随時チェックして
綺麗で平滑なラインが出ているか?
器とのラインは繋がっているか?
を確認してください。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

なるべく彫刻刀の削りでラインを出してしまいます。

「彫刻刀は苦手だな~」という方は無理せず、そこそこでやめておいて、
次のペーパー研ぎで頑張りましょう◎

 

 

彫刻刀で削ってきれいなラインが出たら、続いて耐水ペーパーで水研ぎします。

金継ぎのエポキシペースト研ぎ作業で使う道具と材料

錆漆の研ぎで使う道具と材料

  • 道具: ③ 豆皿(水入れ用) ④ ウエス ⑤ はさみ(ペーパー切り専用にしたもの)
  • 材料: ① 耐水ペーパー(今回は#600) ② 水

※ 彫刻刀ではあまり削れていない(まだきれいなラインがでていない)方は、まずは耐水ペーパーの#240くらいを使って研いでください。それで「形」を作ります。形ができましたら、仕上げに#600~#800程度で軽く研いで、表面の肌を整えてください。

 

耐水ペーパーをハサミで小さく切って、それを三つ折りします。
ペーパーに水を少量つけながら研ぎ作業をおこなってください。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

少量の水を付けながら研いでいきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

修理箇所からなるべくはみ出さないように研ぎます。
けど、しっかり「キワ」も研がないといけないので、器の方も少し研ぐことになります。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

できました。
どでしょう?滑らかに研げました。と思います。

 

 

 

 

<金繕いの工程 05> 漆の下塗り


金継ぎの漆の上塗り作業で使う道具と材料
漆の塗りで使う道具と材料

  • 道具: ② ティッシュペーパー ③ 付け箆 (▸ 付け箆の作り方) ④ 小筆 ⑦ 作業板(クリアファイルなど)
  • 材料: ① サラダ油 ⑤ 精製漆(今回使ったのは弁柄漆) ⑥ テレピン

 

 

まずは使う前に筆をテレピンで洗って油を洗い出します。 ▸ 詳しい筆の洗い方

毎回、作業が終わったときに筆を”油”で洗っているので、使うときにはまず筆の中の油を取り除きます。

  1. 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
  2. その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。
  3. ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しくしごく。

 

 

筆の準備が済んだら、今度は漆の用意をします。

  1. 漆のチューブの蓋を開ける。
  2. 作業板の上に少量の漆を出す。
  3. 筆に漆を馴染ませる。
  4. 作業板の上に何本か線を引き、漆の量を調節しつつ、含み具合をチェックする。

漆の中にゴミがたくさん入っている場合などは濾し紙で漆を濾してきれいにします。必要な方はこちらをご覧ください。
 ▸ 基本的な漆の扱い方・濾し方

 

 

筆と漆の準備が済んだらいよいよ塗りに入ります。

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

漆が厚くならないように気を付けて塗っていきます。
厚くなると…縮みます(涙)
気を付けてください。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

錆漆面は完全に覆うように漆を塗っていきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

塗りやすく、見やすいポジションが取れるように器を持ってください。
横でも逆さまでもオッケーです。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

もう一か所の「欠け」部分も塗っていきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

塗り終わりました。

これを湿した場所(湿度65%~程度)に2日くらい置いて、
漆が硬化するのを待ってください。

 

作業が終わりましたら油で筆を洗います。 ▸ 詳しい筆の洗い方

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。
キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方向けに ▸ 筆のキャップの作り方 ページを作りましたので、ご覧ください。

 

 

 

 

<金繕いの工程 06> 下塗り研ぎ


金継ぎのエポキシペースト研ぎ作業で使う道具と材料

漆の研ぎで使う道具と材料

  • 道具: ③ 豆皿(水入れ用) ④ ウエス ⑤ はさみ(ペーパー切り専用にしたもの)
  • 材料: ① 耐水ペーパー(今回は#800) ② 水

 

漆を研いでいきます。

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

これも、あまりはみ出し過ぎないように研いでいきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

いろいろな角度からチェックしてください。

漆を塗ることで錆漆研ぎの時点ではわからなかった「凹み」などが見やすくなっています。

なるべく凹みがなくなるまで研いでいきます。
凹みが深すぎたら…錆漆を付け直してください。え~(涙)と思われますよね。
でも、やっぱり錆を付け直した方が綺麗な仕上がりになりますので、どうか頑張ってください◎(凹みだけにピンポイントで錆付けしてください。楽ですよー)

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

まだ少しうっすらとした凹みがあります。
↑画像の「色の濃い、点てん」が凹んでいる箇所です。
この後、もう2回程漆を塗り重ねるので、その作業でこのくらいの凹みは埋まると判断しました。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

 

 

 

<金繕いの工程 07> 上塗り→蒔絵


金継ぎの漆の上塗り作業で使う道具と材料
漆の塗りで使う道具と材料

  • 道具: ② ティッシュペーパー ③ 付け箆 (▸ 付け箆の作り方) ④ 小筆 ⑦ 作業板(クリアファイルなど)
  • 材料: ① サラダ油 ⑤ 精製漆(今回使ったのは呂色漆) ⑥ テレピン

 

筆の洗い方、漆の準備などは上記の 【〈金繕いの工程 05〉 漆の下塗り】 を参考にしてください。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

細い筆を使って修理箇所の「縁」を塗っていきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

ぐるりと一週、漆を塗ります。塗り絵の「縁取り」ですね。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

次に少し幅のある筆で、縁取りした内側を塗っていきます。

漆はなるべく薄く、均一になるように塗っていきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

最後に筆を揃えて通していきます。
横、横、横、と少しずつずらしながら筆を通します。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

今度は縦、縦、縦…と通していきます。

 

このあと、本来であれば漆が乾き「始める」タイミングを待ちます。
1時間でも、2時間でも漆の具合を見ながら待ちます。
けど、「そんな余裕はない」「乾きかけが判断できない」という方も多いかと思います。

ひとまず便宜的に20~30分ほど、湿した場所(湿度65%~)に置いて、漆が乾く「きっかけ」を与えるとしましょう◎

 

 

金継ぎの蒔絵作業で使う道具と材料
蒔絵で使う道具と材料

  • 道具: ① あしらい毛棒(柔らかい毛質の筆) ③ 重石
  • 材料: ④ 蒔絵紛(今回は錫粉を使用)

 

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

筆の先で掬った蒔絵紛を漆を塗った箇所にのせていきます。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

筆先で錫粉を掃きながら広げていきます。
手早く、軽いタッチで。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 こんな感じです。

蒔き終わったら、湿した場所(湿度65%~)に置き、3~5日ほどかけて漆を乾かします。

 

 

実は…この後、3回程やり直しました。
持ち主の小牟田夫人の人柄やライフスタイルに合う意匠で、この器の傷にちょうどいいものは何かないかな…?と考え、いろいろと試してみました。
が、結局はシンプルな直しが今回は一番合うな―――ということになりました。
(ちょっとだけラインを単純化しました)

何か「いいデザインで直して、驚かせてやろう」みたいな自己顕示欲のようなものが入っていたのかもしれません。ちょっと悔しいような、残念なような、でもやっぱりオーソドックスな直しが一番いい時もあるということが骨身に沁みました。

「ベスト」な修理を見つけるには、この狭間で揺れ動くのを常態とするしかないのでしょうね。

 

 

 

 

<金繕いの完成> 


 

最終的な仕上げは真鍮粉にしました。

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

お茶の先生にいただいた抹茶茶碗だそうです。

先生の先生の先生(!)から代々、渡ってきたそうです。ということは…どのくらいでしょう?明治くらいなのでしょうか。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方 

実はこちらにもちょっとした傷がありました。

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

周りの模様に合わせる感じで、少しシンプルなラインになっています。

  縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

縁の欠けた抹茶茶碗の金継ぎ修理のやり方

 

 

ではお隣さんのご紹介です。

komuta00_001

こちらがお隣さんの小牟田夫妻です。

旦那さんは元海上自衛隊のパイロット。駄洒落好き(笑)
周り置いてけぼりの駄洒落連発の時があります。

 

komuta00_002

マダム小牟田です。
通称「こむこむ」(私は心の中でそう呼んでいます)

ちょっと天然系のご婦人。以前、夕飯にお呼ばれしてお酒をご馳走になった時に、ワインと間違えてお酢を呑まされました(苦笑)
(いや、あれは天然を装った意図的な攻撃だったのかも…(笑))

料理上手の料理好きマダムです。
スリランカカレーもお作りになるのですが、半端じゃなく辛い!
恐るべし小牟田夫人!!(もちろん美味しいです◎)

 

 

 

 

 

Pocket