取っ手が割れた急須の金継ぎ方法(やや概略) 3/3 ~蒔絵完成まで(古川まみさん)

割れた急須の金継ぎ作業完了※ 取っ手とその周辺が壊れた急須の金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち〈錆漆の研ぎ~蒔絵完成〉までのやり方を解説していきます。

※かなり端折っています。すみません。

錆漆の削り/研ぎ


刃物で削り、ぺーパーで研ぎます。

なるべく刃物で整えた方が器へのダメージが少ないので頑張ってください。

使う刃物のおススメです
金継ぎで使う刃物の選び方

錆漆の削りの参考にこちらをご覧ください
錆漆の削り・研ぐやり方

金継ぎの方法。急須の錆漆を削る

錆漆を削った時になるべく周りとフラットになるようにします。

もし、この段階で小さな穴や凹みが見つかったら
もう一度、錆漆を行ってください

↑これはご自分のこだわり次第です。
はじめての方とか初心者の方はあまりこだわり過ぎると
多分、金継ぎが嫌になってしまいますので
そこまでやらなくていいと思います。

私の場合、欲しい平面が出るまでだいたい2,3度錆漆をおこなっています。

漆の下塗りを研いだ後に凹みが見つかり、
もう一度錆漆に戻ることもしばしばです

漆ってそういうものです。

塗りに入らないとわずかな凹みや歪みは
なかなか見つけられませんのでしょうがないのです

金継ぎの方法。錆漆の削り、研ぎが終了

削りできれいに形やラインを整えたら
最後に耐水ペーパーをかけます

刃物での削りがイマイチきれいにいかなかった人は
ペーパーでガンガン研ぎますので
#240~#320

くらいの番手がいいと思います。ガリガリ研いでください

 削りがきれいにいった人は表面を滑らかに整えるだけでいいので

#600くらいの番手でいいと思います。
サラサラと研いでください

研ぎが終わったらきれいに拭いて、塗りに入ります。

漆の下塗り

漆の下塗りで使う道具と材料

  • 道具: 小筆、付け箆
  • 材料: 呂色漆(黒色の漆)
  • その他: テレピン、サラダ油

※私の場合、錆漆の固めはおこないません。が、一般的には行う人が多いと思います。

 金継ぎの漆の下塗りは、今回は呂色を使いました。

私は基本的に下塗りを呂色でおこない、上塗りを弁柄漆でおこなっています。
下塗りと上塗りが同じ色だとわずかな塗り残しを見落としがちなので
いまだに未熟な技術なんです。

 筆を使う前に油を洗い出してください
使用前の筆を洗うやり方

 ただ塗るしかないので
特に参考になるわけではないのですが一応、
漆塗りのやり方

金継ぎの方法。呂色漆で下塗りをほどこす

厚くならないように塗っていきます。
なるべく均一に

  金継ぎ作業の方法。取っ手の付け根部分の漆塗り完了

錆漆の部分は完全に漆で覆うようにしてください

最終的仕上がった時に錆漆が表面に出ていると
そこから水分の出入りがおこなわれるので
剥がれやすくなります。

極端に剥がれやすくなります。はい。

金継ぎの方法。塗りは厚くならないように気を付ける

外側が塗り終わりました

金継ぎ作業の方法。器の内側も漆を塗る

内側も塗ります。

内側はあまりうまく塗れません。難しいです。

曲がった筆を作らないとですね。

中国では瓶の中に絵を描く工芸品があって
それには穂先を曲げた筆を使っているようです。

どうやってつくるのでしょうか?
今のところ作り方がわからないのですが、ぜひとも知りたいです。
日本でも知っている人がいますかね?

金継ぎの方法。錆漆を完全に覆うように漆を塗る

はい、終了です。

この後、研ぎ→塗り→研ぎ→…と3回くらい繰り返しました。

 

漆の下塗り研ぎ

 塗って→研いで→塗って…を繰り返し(凹みや穴があれば錆漆に戻り)、
その器に合うような平滑なラインを探ります。

漆を塗って、それが乾かないうちに金属粉を蒔くのが蒔絵です。
漆は金属粉の接着剤代わりです。

漆の上塗り

漆の上塗りで使う道具と材料

  • 道具: 小筆、付け箆
  • 材料: 漆(赤色)、金属粉(真鍮粉)、テレピン

金継ぎの修理方法。急須の漆の上塗り

金継ぎの上塗り工程では見やすいように弁柄漆(赤色の漆)を使いました。

なるべく薄く、均一になるように塗っていってください。

金継ぎ方法。漆は薄く均一に塗る

実は前回のページよりラインが太くシンプルになっています。

この急須の雰囲気、デザインに合わせて少しラインを太く、シンプルにしました。

金継ぎ方法。漆のはみ出しはきにせず

少しくらいはみ出しても気にしなくていいと思います。

もし、大幅にはみ出したら…やり直しましょうか。

綿棒かティッシュにエタノールまたはテレピンを少し
染み込ませて、それで拭き取ります。

蒔絵

蒔絵で使う道具と材料

  • 道具: 柔らかい穂先の小筆
  • 材料: 真鍮粉

金継ぎの蒔絵の工程です。金属粉を蒔きます

今回は真鍮粉です

金継ぎの修理工程。漆の乾きかけの時に蒔絵をする

真鍮粉を蒔くときは柔らか目の水彩用小筆を使っています。

漆屋さんで売っている
「あしらい毛棒(小)」/¥800‐
が、毛先がふにゃふにゃしていて
すこぶる使いやすいですよ

ガシガシ粉を蒔きます。
金粉だったらこんなことはできません。高すぎて。

金継ぎの作業方法。柔らかい毛の筆を使って蒔絵をする

はい、ガシガシいきます

金持ちになった気分で蒔くのがコツです

金継ぎ方法。真鍮粉を蒔く

ん?おかしい。

この写真4枚の順番が逆でした。

直そうと思ったけどやめました。

時間が逆に進んでいるような気がしますね。
いや、しませんね。

金継ぎの修理工程。粉蒔きの一回目

これが一枚目だったんですね。はい。

ちょっとしたタイムトラベルです。

粉の包み紙は小石で押さえると可愛らしいです

はい、小石で粉紙を押えています。
鎌倉の砂浜で拾いました。
重宝しています。角谷先生。

金継ぎの蒔絵完了

蒔き終わりました。

金継ぎの修理方法。湿度のある風呂に入れて乾かす

蒔き終わりましたら、湿した風呂に入れて十分に乾かしてください。
4~5日くらいは硬化待ちで。

 

蒔絵の粉固め/拭き取り

蒔絵が乾きましたら、生漆+テレピンで緩めたもので固めます。

蒔絵紛の固めで使う道具と材料

  • 道具: 小筆、ティッシュ
  • 材料: 生漆、テレピン、

生漆にテレピンを3割くらい混ぜてゆるめます。
それを小筆につけて蒔絵をした場所をなぞっていきます。

粉固めのやり方

1/8か1/16にきれいに折ったティッシュを生漆を塗布した上に乗せて軽く押えます。
余分な漆をティッシュで押さえて吸い取る感じです。
ティッシュの折り面をつぎつぎに変えて生漆がティッシュにつかなくなるまで何度も押えます。

拭き取りのやり方

 固め作業がが終わりましたら湿した風呂に入れて乾かします。

壊れた取っ手の金継ぎ修理完成

以下、完成写真です。

割れた急須の金継ぎ作業完了

この急須のもつ雰囲気に合わせて
ラインはやや太め、シンプルにしました。

割れた急須の金継ぎ作業完了

蒔絵の出っ張り具合ですが、
基本的に私は低くします。なるべくフラットに近い感じに。

蒔絵が高く盛ってあると他の器とぶつかったりして
剥げやすかったり、欠けやすかったりするので
実用的にもなるべく低い方がいいかと思っています。

ですが、器の雰囲気に合わせて蒔絵が高く盛ってある方が
似合うものもあると思います。

割れた急須の金継ぎ作業完了

割れた急須の金継ぎ作業完了

取っ手の壊れた急須の金継ぎ修理、完了です。

 

他の作業工程を見る

▸ ① 麦漆接着まで
▸ ② 錆漆付けまで

 

Pocket