取っ手が割れた急須の金継ぎ方法(やや概略) 2/3 ~錆漆付けまで(古川まみさん)

金継ぎの方法。刻苧の充填作業終了※ 取っ手とその周辺が壊れた急須の金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち〈麦漆を彫刻刀で削る~錆漆付け〉までのやり方を解説していきます。
※かなり端折っています。すみません。

 

麦漆がしっかり乾いたら次の作業に進みます。

麦漆の削り

まずははみ出した麦漆を刃物で削ってください。

麦漆削りで使う道具: 刃物 ▸ 金継ぎで使う刃物の選び方

はみ出した接着剤の削り方の参考に
▸ 接着剤の削り・研ぎの方法

金継ぎの方法。はみ出した麦漆の削る。

はみ出している麦漆があったら
削っていきます。

金継ぎの方法。器の内側にはみ出した麦漆も削る

急須の内側もお忘れなく

金継ぎの方法。取っ手の付け根の麦漆も削る

出っ張って、指に引っかかるところはないか
指で触ってチェックしてください。

金継ぎの方法。刻苧漆を彫刻刀で削って、指で触ってチェックする

刻苧の充填

刻苧の充填で使う道具と材料

  • 道具: 練り箆(腰のある箆…白いプラスチックの箆)、刻苧箆
  • 材料: 生漆、小麦粉、水、木粉

金継ぎ工程の刻苧漆を詰める時、刻苧箆があると作業がしやすいです。
ぜひ、自作してください。
簡単な作り方をご紹介します。
刻苧(コクソ)箆を作る方法

 

欠け、穴に充填する刻苧(こくそ)漆を作ります
刻苧漆を作るやり方

木粉は東急ハンズや漆屋さんで売っています。

自分で作る場合は目の細かい鋸で(糸鋸なんかでもいいんじゃないでしょうか?)木を挽きます。
木の種類は何でもいいと思います。

鋸で挽いた木粉が粗いようでしたら、茶漉しですとか料理用のフルイにかけて
細かいものだけ選別して使います。

#60とか#80くらいの網目で大丈夫だと思います。
もっと細かい方が刻苧飼いの作業としてはやりやすいです。

  金継ぎの方法。刻苧は少しずつ詰めていく

少しずつ埋めていきます。
詰め込んで行く感じでやってください。

隙間ができないようにちょっとずつ刻苧を詰めます

内側からも埋めてください。

 金継ぎの方法。取っ手の付け根にも刻苧を詰めていく

刻苧漆は乾くと水分が抜けて痩せます(体積が減ります)。
少し盛り気味に充填する人が多いです。
が、私は面位置のほぼジャストを狙います。

この後、錆漆付けもしますのでその錆漆分の厚みを残しておくような感覚です。
乾いて、ほんの少し痩せて、そこに錆漆が乗るというイメージです。

金継ぎの方法。取っ手部分も刻苧を詰める

取っ手部分も忘れずに刻苧を充填します

ちょっとやりづらいです

金継ぎの方法。取っ手の内側も刻苧漆を詰める

取っ手の裏も充填します

金継ぎの方法。刻苧箆で少しずつ刻苧漆の充填をしていく

刻苧の充填、完了です

金継ぎの方法。刻苧の充填作業終了

 刻苧漆が乾いたら次は細かな隙間や接着した破片同士の段差を錆漆で埋めていきます。

その前にはみ出した刻苧漆を刃物で削ってください。

錆漆付け

錆付けで使う道具と材料

  • 道具: 練り箆、付け箆(小さいもの)
  • 材料: 生漆、砥の粉、水
  • その他: 定盤、テレピン、ウエス

金継ぎの錆漆付けの工程です。ほんの小さな穴や段差、隙間などを錆漆で埋めていきます。

まずは錆漆を作ります→錆漆を作る方法

金継ぎの方法。錆漆を少しずつ付けていく

今回はマスキングをおこないませんでした。

細めの付け箆で錆漆を付けます。

金継ぎの方法。取っ手の付け根部分にも錆漆を充填する

はみ出した錆漆はなるべく箆で取り除いておきました。

金継ぎの方法。錆漆の付け完了

ツラ位置になるように錆漆を埋めたので、
乾いたときに痩せてへこみますので(水分が抜けて体積が減ります)、
部分的にもう一度錆漆をおこなうことになると思います。

金継ぎの方法。急須の錆漆付け作業

錆漆自体に水が含まれているので
湿し風呂に入れる必要はありませんが
もし、乾きの悪い(古い)生漆をつかっていたり、
何日か前に作った錆漆を使った場合は
一応、湿し風呂に入れておいた方が安全です

錆漆は通常6~12時間くらいで乾くと思います。
余裕を見て次の日以降に作業をおこなったほうがいいと思います。

 

 

次の作業工程を見る ▸ ③ 蒔絵完成まで

他の作業工程を見る ▸ ① 麦漆接着まで

 

 

 

 

Pocket