真っ二つに割れた水色平皿の金継ぎ方法 4/4 完成まで(毛塚ゆりさん)

 

img071

※ ダイナミックに割れた器の金継ぎ修理の方法を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち、〈蒔絵紛を払う~蒔絵を漆で固めるまで〉のやり方を解説していきます。

 

〈 目次 〉

 

STEP 5.1  蒔絵粉払い/金継ぎのやり方

 

前回、蒔いた金属粉を払います。

使っている金属粉が真鍮粉なのでじゃけんに扱っていますが、金粉だとしたら…
必死になってかき集めてくださ。

粉を払うごときでこんなに画像をのっけて説明する必要もないと思うのですが、
万が一、万が一、よくわからなくて困っていたり、まさかの失敗をする人がいないとも限りませんので一応、のせておきます。

 

使う道具: 柔らかい穂先の小筆(塗る用の筆とは一緒にしないでください。
塗る用は油がついているはずなので)

 

brush-powder

 

払います。

 

 

brush-powder_1

 

払います

 

 

brush-powder_2

 

サッサっと
軽く、優しく払ってください。

ゴシゴシ擦らないように気を付けてください。

 

 

brush-powder_3

 

払います。

 

 

brush-powder_4

 

もし、これが金粉だとしたら…

 

 

brush-powder_5

 

器の下に大きめのツルツルの紙を敷いて、
そこに金粉が落ちるようにします。

 

 

brush-powder_6

 

それを必死にかき集めて
金粉が入っている包み紙に戻します

 

 

brush-powder_7

 

はい、以上です

 

 

 

 

STEP 5.2  金属粉の固め/生漆の塗布

 

蒔いた金属粉を漆で固めるやり方をご説明します。

蒔いた粉の下層はしっかり漆でホールドされていますが、上層部分は幾分
ファジーな状態ですので、その浮ついた金属粉をしっかり固めます。

 

使う道具・材料

  • 道具: 小筆、付け箆、作業板
  • 材料: 生漆、テレピン、油

 

作業を始める前にテレピンでしっかり筆の油を除去してください
使用前の筆の洗い方

 

coat-powder

 

使う道具・材料です。

 

 

coat-powder_1

 

生漆を少量、作業板の上に出します。

 

 

coat-powder_2

 

テレピンを3割くらい混ぜます。

 

 

coat-powder_3

 

箆でよく混ぜます

 

 

coat-powder_4

 

筆に程よく含ませます。
蒔絵をしたときよりは多く含ませてください。

 

 

coat-powder_5

 

粉の上を優しくなぞっていってください
筆を置く感じで
ゴリゴリ擦らないように気を付けてください。

しっかり定着していない粉が動いたり、取れたりしてしまします。

 

 

 

coat-powder_6

 

はい、なぞります

 

 

coat-powder_7

 

ひたすらなぞります

 

 

coat-powder_8

 

ただ、なぞります

 

 

coat-powder_9

 

なるべくはみ出さない方がいいですが、
少しくらいはみ出しても気にしないでください。

 

 

coat-powder_10

 

でけました

 

 

coat-powder_12

 

はい、簡単です。たぶん。

 この後、ティッシュで余分な漆を拭き取ります。
しっかり拭き取らないと色が黒っぽくなってしまいますので
ちゃんとやってくださいね。

 

作業後はしっかりと筆を油で洗ってください
使用後の筆の洗い方

 

 

 

STEP 5.3  金属粉の固め/漆の拭き取り

 

粉固めをした生漆をティシュで拭き取る方法をご説明します。

使う道具: ティッシュ ですよね。

 

こんなやり方をわざわざ詳しく載せる必要はない気もするのですが、
(まぁ、適当にやってくださいね、というところですが)
もしかしたら誰かの役に立つかもしれないので1ページ作りました。

拭き取りくらいできるわい、という方はどうぞすっ飛ばしてください。

 

 

ティッシュを広げる

 

ティッシュを用意します。
クリネックスがよいようです。本当に。

破けづらいのかな

 

 

ティッシュを半分に折る

 

二つに折ります

 

 

ティッシュを4分の1に折る

 

さらに四つに折ります

 

 

ティッシュを8分の1に折る

 

さらに8つに折ります

 

 

ティッシュを16分の1に折る

 

さらに16つに折ります(”16つ”って言葉ありますか?)

 

 

ティッシュを32分の1に折る

 

さらに”32”つに折ります

 

 

折り込んだティッシュを持つ

 

はい、できました。

 

 

漆を塗布した箇所にティッシュを優しく押し当てる

 

生漆を塗布したところに優しく押し当てます。

優しくです
ヒヨコのお尻を拭くように。
いや、違うな。

 

 

ティッシュで漆拭き取り

 

はい、ティッシュが汚れました。

蒔絵粉同士の僅かな隙間に入りこまずに表面に残った生漆を
ティッシュに吸い取ってもらいます。

 

 

漆のついた部分を内側に折り込む

 

ティッシュの汚れた面を折りたたんで内側にします

 

 

ティッシュを内側に折り込んできれいな面を表にだす

 

新しくきれいな面を出します

 

 

漆を塗布した修理箇所にティッシュを優しく押し当てる

 

再び同じ個所にティッシュをそっと押し当てます

 

 

ティッシュでまだ漆が拭き取れている

 

はい、まだ漆が着いています

ティッシュに漆が着かなくなるまでこれを繰り返します

 

 

ティッシュに漆が残っていない

 

ティッシュに漆が着かなくなりました。
オッケーです。

 

 

拭き取り後の修理箇所

 

漆が表面に残っていると乾くにつれて黒ずんできますので
気を付けてください。

 

 

拭き取りを完了した器

 

はい、全部拭き終わりました。

 

湿した風呂に入れてしっかりと乾かしてください。

お疲れさまでした。

 

 

 

 

〈 工程の目次へ戻る 〉 → 水色の平皿の作業手順

 

 

 

 

 

Pocket