欠けた百田輝さんカップの金継ぎのやり方 2/2

口元の欠けたカップの金繕い修理

※ 縁が少し欠けたカップの金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち、〈錆漆で欠けを埋める2回目~蒔絵完成まで〉のやり方を解説していきます。

 

前の工程へ戻る ▸ 欠けた百田輝さんカップの金継ぎのやり方 page 01

 

 

step 05 錆漆付け2回目


金継ぎの錆漆付け工程で使う道具の画像

金継ぎの錆付けで使う道具と材料(▸ 錆漆付けで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ①プラスチック箆、②付け箆(▸ 付け箆の作り方)、
  • 材料: ④生漆、⑤砥の粉、⑥水、③作業板(クリアファイル)

錆漆を作ります。 ▸ 詳しい錆漆の作り方

 

1回目の錆漆で埋まりきらなかったので、もう一度、錆漆の充填作業を行います。

 

  1. 作業板の上で錆漆を薄く均一に広げる。
  2. ヘラを少し寝かしつつ、横から滑り込ませる。
  3. 右側から左側へ通す。
  4. そうするとヘラの先っちょだけに錆漆がつきます。

 

金継ぎの錆漆付け作業

箆先に少量の錆漆を取ります。

金継ぎの錆漆付け作業

欠けた部分の縁にヘラを擦りつけるように手前にスライドさせながら錆漆を置いていきます。

金継ぎの錆漆付け作業

ヘラの「面」を使って欠け部分に錆漆を押し込みつつ密着させます。

金継ぎの錆漆付け作業

ヘラを往復させることで錆漆を少し動かし、一度目の錆漆との間に僅かな隙間がなくなるようにします。

金継ぎの錆漆付け作業

ヘラで充填した錆漆を整えます。ソフトタッチで…といっても力の入れ具合が結構難しいです。でもそのうち慣れてきます。

金継ぎの錆漆付け作業

錆漆をあまり触りすぎていると、表面がだんだん「ぼそぼそ」としてきます。
↑画像はボソボソしてきちゃいました。
少ない手数で成形までもっていけるのが理想です。

多少、凸凹しても乾いた後で削ったりできますのであまりお気になさらずに。

金継ぎの錆漆付け作業

できました。

錆漆の硬化に1~2日お待ちください。
錆漆の場合は特に湿度のある場所に置く必要はありませんが、使っている生漆が古くて乾きが悪いようでしたら、湿度のある所に置いてください。

 

 

 

 

step 06 錆漆の削り研ぎ


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

錆漆削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは平丸の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら) ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

 

金継ぎの錆漆削り研ぎ作業

錆漆を彫刻刀で削って成形します。

金継ぎの錆漆削り研ぎ作業

器の外側と口周りは基本的に彫刻刀の「刃裏」を器に当てつつ削っていくのがいいと思います。

金継ぎの錆漆削り研ぎ作業

器の内側はカーヴしているので彫刻刀の「刃表」を使います。
彫刻刀で削りすぎないように気を付けてください。
削りすぎたら…錆漆をもう一度です。悲しくなりますのでご注意ください。
私もたまに削りすぎます。

 

 

彫刻刀である程度きれいなラインが出たら、続いて耐水ペーパーで水研ぎします。

金継ぎのエポキシペースト研ぎ作業で使う道具と材料

エポキシペースト研ぎで使う道具と材料

  • 道具: ③ 豆皿(水入れ用) ④ ウエス ⑤ はさみ(ペーパー切り専用にしたもの)
  • 材料: ① 耐水ペーパー(今回は#600) ② 水

耐水ペーパーをハサミで小さく切って、それを三つ折りします。
ペーパーに水を少量つけながら研ぎ作業をおこなってください。

 

金継ぎの錆漆削り研ぎ作業

↑画像では「木賊」という植物を使っています。
家で育てているようでしたら使ってみてください。何とも言えない使い心地です。私は結構、好きです。

自己流の木賊の使い方ですが、まずは乾燥させます。
乾燥すると緑色から茶色になります。
使うときは節ごとに千切って小さくします。
10~20分くらい水に浸けっ放しにしておいて柔らかくします。
それを使う箇所で二つに折り曲げて水を浸けつつ研ぎます。

金継ぎの錆漆削り研ぎ作業

錆研ぎ完了です。

 

 

 

step 07 漆塗り


金継ぎの漆の上塗り作業で使う道具と材料
漆の下塗りで使う道具と材料

  • 道具: ② ティッシュペーパー ③ 付け箆 (▸ 付け箆の作り方) ④ 小筆 ⑦ 作業板(クリアファイルなど)
  • 材料: ① サラダ油 ⑤ 精製漆(今回は弁柄漆) ⑥ テレピン

 

まずは使う前に筆をテレピンで洗って油を洗い出します。 ▸ 詳しい筆の洗い方

毎回、作業が終わったときに筆を”油”で洗います。 ですので使うときにはまず筆の中の油を取り除きます。

  1. 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
  2. その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。
  3. ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しくしごく。

 

筆の準備が済んだら、今度は漆の用意をします。

  1. 漆のチューブの蓋を開ける。
  2. 作業板の上に少量の漆を出す。
  3. 筆に漆を馴染ませる。
  4. 作業板の上に何本か線を引き、漆の量を調節しつつ、含み具合をチェックする。

漆の中にゴミがたくさん入っている場合などは濾し紙で漆を濾してきれいにします。必要な方はこちらをご覧ください。
 ▸ 基本的な漆の扱い方・濾し方

筆と漆の準備が済んだらいよいよ塗りに入ります。

 

金継ぎの漆塗り作業

 

金継ぎの漆塗り作業

漆は薄目に塗っていきます。

金継ぎの漆塗り作業

漆の厚みがなるべく薄く均一になるように、最後に筆を上下左右に通してください。

 

塗り終わったら湿した場所(65%~)に40~50分入れて、漆に乾くきっかけを与えてください。

 

その間に油で筆を洗います。 ▸ 詳しい筆の洗い方

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。
キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方向けに ▸ 筆のキャップの作り方 ページを作りましたので、ご覧ください。

 

 

 

 

step 08 蒔絵1回目


金継ぎの蒔絵作業で使う道具と材料
蒔絵で使う道具と材料

  • 道具: ① あしらい毛棒(柔らかい毛質の筆) ③ 重石
  • 材料: ④ 蒔絵紛(今回は錫粉を使用)

 

それでは錫粉を蒔いてきます。

金継ぎの蒔絵作業

あしらい毛棒(柔らかい毛質の筆)を使います。
包み紙の中から筆で錫粉を掬い取ります。

金継ぎの蒔絵作業

蒔絵紛を漆の上に乗せて、筆先で軽く掃いていきます。

金継ぎの蒔絵作業

ソフトタッチでお願いします。

金継ぎの蒔絵作業

口元部分は粉が蒔きづらいです。

金継ぎの蒔絵作業

包み紙の上で紛蒔き作業をして、錫粉が無駄にならないようにします。

金継ぎの蒔絵作業

蒔き終わりました。

金継ぎの蒔絵作業

湿した場所(65%~)に2~3日置いて、しっかりと漆を乾かしてください。

金継ぎの蒔絵作業

これで完了でもいいのですが、ちょっと寂しい感じがしたのでもうひと手間加えて加飾することにしました。

 

 

 

step 09 さらに蒔絵2回目→完成


1回目の蒔絵が乾いた後、さらに蒔絵を2回ほど行いました。
1回目が輪島地の子(黒い色の分部)で、2回目が真鍮粉(金色の分部)です。

口元の欠けたカップの金繕い修理

 

口元の欠けたカップの金繕い修理

修理にはこのカップのデザインを引用させてもらいました。

口元の欠けたカップの金繕い修理

 

口元の欠けたカップの金繕い修理

 

口元の欠けたカップの金繕い修理

 

口元の欠けたカップの金繕い修理

 

この後、うっすらとひびが入っているのを発見してしまいました。
で、ひびも修理しました。
そちらも近日中に金継ぎ図書館にアップします。

 

 

前の工程へ戻る ▸ 欠けた百田輝さんカップの金継ぎのやり方 page 01

 

 

 

 

Pocket