欠けた百田輝さんカップの金継ぎのやり方 1/2

 

size19

 

※ 縁が少し欠けたカップの金継ぎ修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎの工程のうち、〈欠けた個所の素地調整~錆漆で欠けを埋める1回目まで〉のやり方を解説していきます。

 

 

金継ぎとは


金継ぎとは欠けたり、割れたりした器を漆で直す日本の伝統技法です。漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め、漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いてお化粧をします。

 

 

金継ぎする器 information


  • 器の作家: 百田輝さん
  • 器の特徴: やや厚みの薄いつくりです。釉薬はすこしざらざらした感じです。
  • 器のサイズ: 直径72㎜、高さ105㎜
  • 破損状態: 口元の縁に欠けが1か所
  • 欠けのサイズ: 10㎜×8㎜

 

 

欠けたカップの金継ぎ修理前

損傷の具合をチェックします。

欠けたカップの金継ぎ修理前

欠け箇所の周りにひびなどが入っていないか、入念に確認します。

今回、この時点ではわからず完成後にうっすらと「ひび」が入っていることが分かりました。
本当に入念なチェックが必要なんですね。反省です。

欠けたカップの金継ぎ修理前

 他にも小さな欠けなどがないかチェックしてください。

 

 

 

step 01 素地調整 


金継ぎの素地調整工程で使う道具の画像

素地調整で使う道具: 

②砲弾型のリューターのダイヤモンドビット (ホームセンター等で入手可能/価格 \200~)

▸ ダイヤモンドビットのカスタマイズの方法

 

欠けたカップに鑢をかける

軽く傷周りに鑢を当てます。

欠けたカップに鑢をかける

エッジをほんの少し丸くするような感じで鑢をかけてください。
さらさらと。

欠けたカップに鑢をかける

こんな感じです。
鑢をかけたのかどうか分かりませんね。指で触ると少し肌への当たりが柔らかくなったのがわかります。

欠けたカップに鑢をかける

 

 

 

 

step 02 素地固め


金継ぎの素地固め工程で使う道具の画像

素地固めで使う道具と材料(▸ 素地固めで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ⑥小筆、⑤付け箆 
  • 材料: ⑦生漆、①テレピン、②サラダ油、②ティッシュペーパー、③作業板(クリアファイル)

 

まずは使う前に筆をテレピンで洗って油を洗い出します。
 ▸ 詳しい筆の洗い方

  1. 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
  2. その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。
  3. ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しくしごく。

 

次に、蒔絵紛に浸み込みやすくするために生漆をテレピンを混ぜて希釈してください。
作業板の上でヘラを使ってよく混ぜ合わせます。

生漆 10 : 3 テレピン
くらいの割合で生漆を希釈します。

それを欠けた場所に浸み込ませていきます。

 

壊れた器の金継ぎ修理工程。

素地に生漆を十分に吸わせます。

壊れた器の金継ぎ修理工程。

 

壊れた器の金継ぎ修理工程。

素地が吸い込まなかった余計な漆はティッシュを当てて、拭き取ります。

壊れた器の金継ぎ修理工程。

あまり厳密にやる必要はないと思いますが、ティッシュにおおよそ漆が付かなくなるまで拭き取り作業を繰り返してください。

作業が終わったら器を湿した場所(湿度65%~)に置きます。
理想的には漆が半乾きの状態の時に次の錆漆の作業を行うと錆漆の食いつきがよくなると思います。が、一日後くらいに錆漆を行えばいいと思います。何日か間があいてしまったとしても、まぁ、大丈夫です。

 

 

塗り終わったら油で筆を洗います。 ▸ 詳しい筆の洗い方 

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。
キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方向けに ▸ 筆のキャップの作り方 ページを作りましたので、ご覧ください。

 

 

 

 

step 03 錆漆付け1回目


金継ぎの錆漆付け工程で使う道具の画像

金継ぎの錆付けで使う道具と材料(▸ 錆漆付けで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ①プラスチック箆、②付け箆(▸ 付け箆の作り方)、
  • 材料: ④生漆、⑤砥の粉、⑥水、③作業板(クリアファイル)

錆漆を作ります。 ▸ 詳しい錆漆の作り方

 

器の欠けの凹みに錆漆を充填していきます。

壊れたコップに錆漆を付けて修理する

錆漆は一気に厚盛りすると「膿む」(乾かない状態になってしまう)ので、今回は2回に分けて盛っていきます。

その1回目の錆付けを行います。

 

  1. 作業板の上で錆漆を薄く均一に広げる。
  2. ヘラを少し寝かしつつ、横から滑り込ませる。
  3. 右側から左側へ通す。
  4. そうするとヘラの先っちょだけに錆漆がつきます。

 

壊れたコップに錆漆を付けて修理する

欠けた箇所のエッジを利用して箆先の錆漆を置いていきます。
ヘラをエッジに擦りつけつつ錆漆を「切っていく」というような感じです。

壊れたコップに錆漆を付けて修理する

ヘラを手前に引きつつ、錆漆を付けます。

壊れたコップに錆漆を付けて修理する

次にヘラを手前に通しつつ、ヘラの面で錆漆を欠け部分に押し込み、密着させます。(力を入れる必要はありません)

壊れたコップに錆漆を付けて修理する

今度は反対側にヘラを通して、錆漆を少し動かし、器の傷とさらに密着させます。

壊れたコップに錆漆を付けて修理する

欲張らずにこれくらいの厚みで我慢します。
どのくらいでしょう?2㎜厚くらいでしょうか。

壊れたコップに錆漆を付けて修理する

 

 

 

 

 

 

step 04 錆漆の削り・研ぎ


tools-w_a004 

錆漆1回目の削り・研ぎ作業で使う道具と材料

 

本当にごくごく軽く削り・研ぎを行います。

コップに付けた錆漆を研ぐ

次の錆漆2回目の作業がやりやすいように下処理をします。

コップに付けた錆漆を研ぐ

ガビガビしたところや、明らかに盛りすぎている錆漆を刃物で削ります。

コップに付けた錆漆を研ぐ

耐水ペーパーに水をつけて軽く研ぎます。

コップに付けた錆漆を研ぐ

オッケーです。

このくらいで次の作業へ進みましょう。

 

気が付いたらアップの画像ばかりになっていました。
ちょっと見づらいですね。反省です。

 

 次の工程へ進む ▸ 欠けた百田輝さんカップの金継ぎのやり方 page 02

 

 

 

 

Pocket