欠けてひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方 02 錆付けまで

 

size19

 

※ 欠けてひびの入ったマリナーズマグカップの金継ぎ(金繕い)修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎ(金繕い)工程のうち、〈充填した刻苧漆の削り~錆漆で埋めるまで〉のやり方を解説していきます。

 

前回の作業工程を見る

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

▸ 01 刻苧充填まで

 

 

 

 

〈金継ぎの工程 04〉 刻苧漆を削る


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

刻苧漆削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは平丸の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら) ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

実は…
刻苧漆の乾きが悪かったので、「穴」を開けました。

 穴?を開ける??

詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

▸ 苧漆が乾かない!ときの対処方法

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

彫刻刀を使って刻苧を削っていきます。

基本的にはマグカップの外側は彫刻刀の「刃裏」を使って削り、
マグカップの内側は「刃表」を使います。

もちろん、ご自分が削りやすいようであれば彫刻刀のどちら側を使っても大丈夫です。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

刃の裏側の半分くらいを器の素地にしっかりと当てて、
フラットな面の基準を把握しつつ削っていきます。

少しずつ削っていきます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

マグカップの口周りも周りの素地に彫刻刀の刃裏を当てつつ、
フラットな基準面を確認しながら削ります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

マグカップの内側は彫刻刀の「刃表」を使います。

器のカーブに合わせながら彫刻刀を動かしていきます。

もし、削りすぎたら…少しくらいだったら大丈夫です◎
次の「錆漆付け」でカバーできます。
が、「すごく」削りすぎたら…刻苧漆をもう一度、付けた方がいいです。

頑張ってください。そういったときもあります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

 

 

 

 

〈金継ぎの工程 05〉 錆漆付け


金継ぎの錆漆付け工程で使う道具の画像

金繕いの錆付けで使う道具と材料(▸ 錆漆付けで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ①プラスチック箆、②付け箆(▸ 付け箆の作り方)、
  • 材料: ④生漆、⑤砥の粉、⑥水、③作業板(クリアファイル)

錆漆を作ります。 ▸ 詳しい錆漆の作り方

 

刻苧漆の上に錆漆を付けて、微妙な凹凸を埋め、表面の「肌」も滑らかにします。

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

まずはヘラの先端に少量の錆漆を付けます。

 

錆漆をヘラで掬うときのテクニックです。

  1. 作業板の上で錆漆を薄く均一に広げる。
  2. ヘラを少し寝かしつつ、横から滑り込ませる。
  3. 右側から左側へ通す。
  4. そうするとヘラの先っちょだけに錆漆がつきます。

 

やり続けていると、いつの間にか慣れてきます。
リズムよく錆が付けられるようになると何だか愉しくなってきますので、
ぜひぜひ頑張ってください。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

器の口元のエッジを利用するようにしながら、箆についた錆漆を「切って」いきます(錆漆を置いていきます)。

箆をエッジに擦りつけるようにしながらスライドさせていくと、錆漆が乗っかります。

 ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

箆の面を使って、錆漆を押えます。

まずは刻苧に開けた「穴」にしっかりと入り込むようにします。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

箆を「右へ、左へ、上へ、下へ」と通して錆漆がしっかり密着するようにします。

と同時に、刻苧の微妙な凹凸や形を修正します。

 

マグカップの外側が終わったら、次は内側です。

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

少量の錆漆をヘラに取ります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

箆を手前にスライドさせながらマグカップの口元で切ります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

箆の面で押さえて刻苧の「穴」に入れ込みます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

箆を上下左右に通して、錆漆の面を整えます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

錆付け、完了です。

錆漆が乾くまで1~2日間お待ちください。
通常は特に湿した場所に置かなくてもしっかりと乾くと思います。

 

 

 

〈金継ぎの工程 06〉 錆漆を削る・研ぐ


金継ぎのペースト削り作業で使う道具

錆漆削りで使う道具(次のいずれか、もしくは複数) ▸ 金継ぎで使うおすすめの刃物のご説明

  • 道具: ① メス(先丸型) ② オルファのアートナイフプロ(先丸型) ③ カッターナイフ(大) ④ 彫刻刀(平丸)

おススメは平丸の彫刻刀です。かなり作業が楽にきれいに、さらには楽しくできます。(言い過ぎかしら) ▸ 金継ぎで使う彫刻刀のカスタマイズ方法

 

 

錆漆を削っていきます。

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

器の凸面を削るときは基本的に彫刻刀の「刃裏」を器に当て、
凹面を削るときは「刃表」を器に当てて削ります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

修理箇所の周りの器素地に刃物の裏を当てて、
基準面のガイドにします。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

口元周りも削ります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

刃裏を器に当てます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

器の内側を削るときは
彫刻刀の「表側」を器に当てながら削ります。

 

刃物の削りでできれば95%くらいまで「形」を作ってしまいます。

刃物が苦手な方は無理せずに、次のペーパー研ぎで頑張りましょう◎

 

金継ぎのエポキシペースト研ぎ作業で使う道具と材料

錆漆の研ぎで使う道具と材料

  • 道具: ③ 豆皿(水入れ用) ④ ウエス ⑤ はさみ(ペーパー切り専用にしたもの)
  • 材料: ① 耐水ペーパー(今回は#600) ② 水

 

ペーパーの使い方です。

耐水ペーパーをハサミで小さく切って、それを三つ折りします。
ペーパーに水を少量つけながら研ぎ作業をおこなってください。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

彫刻刀の彫り跡を消しつつ、さらに形を整えていきます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

なるべく修理箇所の上だけを研ぐようにします。
けど、そのまわりの器素地も研いでしまいますが。…しょうがないですよね。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

内側も研ぎます。

 

そうしたら…発見!!

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

小さなピンホールが…。

これは漆の「塗り」では埋まらないと思います。
ですので、残念ながら錆漆をもう一回です。
ですけど、この部分だけ錆漆を補填すればいいのですごく簡単です◎

 

 

 

〈金継ぎの工程 07〉 錆漆を再び付ける


金継ぎの錆漆付け工程で使う道具の画像

金繕いの錆付けで使う道具と材料(▸ 錆漆付けで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ①プラスチック箆、②付け箆(▸ 付け箆の作り方)、
  • 材料: ④生漆、⑤砥の粉、⑥水、③作業板(クリアファイル)

錆漆を作ります。 ▸ 詳しい錆漆の作り方

 

さぁ、再び錆漆を付けましょう!

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

ほんのちょっとヘラの先に錆漆を取ります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

付けます。
そして、左右に箆を通して「穴」に詰め込みます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

できました。
これで大丈夫だと思います。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方

実は表側にもほんの少しですけど、わずかな「凹み」があったので、それもついでに埋めておきました。

これでオッケーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket