欠けてひびの入ったマグカップの金継ぎ修理のやり方 01 刻苧充填まで

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

※ 欠けてひびの入ったマリナーズマグカップの金継ぎ(金繕い)修理のやり方を説明していきます。本物の漆を使った修理方法ですので「かぶれる」可能性があります。ご注意ください。

今回は金継ぎ(金繕い)工程のうち、〈欠けた個所の素地調整~刻苧漆で欠けを埋めるまで〉のやり方を解説していきます。

 

 

 

金継ぎ(金繕い)とは


金継ぎ(金繕い)とは欠けたり、割れたりした器を漆で直す日本の伝統技法です。漆で接着し、漆で欠けや穴を埋め、漆を塗って、最後に金粉や銀粉を蒔いてお化粧をします。

 

 

 

金継ぎする器 information


  • 器: マリナーズのマグカップ。現代の量産品です。
  • 器の特徴: 磁器、ピカピカの釉薬
  • 器のサイズ: 直径80㎜、高さ80㎜
  • 破損状態: ひび 外側 (75+7)㎜、 内側 (80+3)㎜
    欠け (14+11)㎜

 

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

マリナーズのマグカップです。
この器は「取っ手」も壊れてしまいました。
取っ手の方は「簡易金継ぎ」で直しました。
ご興味のある方は覗いてみてください ▸ マリナーズ・マグカップの壊れた取っ手

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

↑見えませんよね。
薄っすらとひびが入っています。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

見えないと思いますが…マグカップの底も少しひびが入っています。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

 

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

ちょい欠け。
それとひびです。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

下までひびが入っています。

 

 

 

 

 

<金継ぎの工程 01> 素地調整


金継ぎの素地調整で使う道具と材料

簡漆金継ぎの素地調整で使う道具: ②③ リューターのダイヤモンドビット (ホームセンター等で入手可能/価格 \200~)、① ダイヤモンドのやすり

▸ ダイヤモンドビットのカスタマイズの方法

※ 今回は③の「球体」ダイヤモンドビットを中心に使用しました。

 

この手の陶器はあまり漆の食いつきがヨロシクありません。

なので修理する箇所の食いつきを少しでも良くしたいので「研ぎ」ます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

ひびがどこに入っていて、どこまで続いているのか
見づらかったので、サインペンで軽く目印を書いておきました。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

研ぎます。

マグカップの「底」を研ぐには…
やはりダイヤモンドビットをカスタマイズしたものを使うのが一番かなと思います。

ひびの箇所を何度も往復して、「傷」を付けていきます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

じょりじょり研いでいきます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

マグカップの外側は目視でも十分確認できるので
目印は書いていません。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

何度も往復させます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

欠けた箇所も研ぎます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

薄っすらと研ぎました。
研いだところは「傷」になっているので、少し「白っぽく」見えています。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

 

 

 

 

 

<金継ぎの工程 02> 素地固め


金継ぎの素地固め工程で使う道具の画像

素地固めで使う道具と材料(▸ 素地固めで使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ⑥ 小筆 ⑤ 付け箆 
  • 材料: ⑦ 生漆 ① テレピン ② サラダ油 ② ティッシュペーパー ③作業板(クリアファイル、ガラス板など)

 

まずは使う前に筆をテレピンで洗って油を洗い出します。
 ▸ 詳しい筆の洗い方

  1. 作業板の上に数滴テレピンを垂らす。
  2. その上で筆を捻ったりしてテレピンをよく含ませる。
  3. ティッシュペーパーの上でヘラで筆を優しくしごく。

次に、浸み込みやすくするために生漆をテレピンを混ぜて希釈してください。
作業板の上でヘラを使ってよく混ぜ合わせます。

生漆 10 : 3 テレピン
くらいの割合で生漆を希釈します。

それをひびのラインと欠けた場所に浸み込ませていきます。

 

 

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

 

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

塗っていきます。
「磁器」ですと「浸み込んでいく」って感じじゃないですよね。
表面に乗っかるって感じでしょうか。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

ひびの方も生漆を塗っていきます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

こちらは少し浸み込んでいっている気がします。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

マグカップの内側も同様に生漆を浸み込ませていきます。

 

漆の塗布が済んだら、浸み込まなかった余計な漆を拭き取ります。

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

何回か畳んだティッシュで漆の上に優しく押さえ付けます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

押えたティシュがズレないように気を付けてください。
ズレると周りにも漆が付いてしまいます。

けど、今回のこのマグカップだったら周りに漆が付いても簡単に綺麗にできるので大丈夫です。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

↑こんな感じで漆を吸い取ります。

ティッシュの面を変えて、ほとんどティッシュに漆が付かなくなるまで繰り返してください。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

ひびの箇所に塗布した漆も拭き取ります。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

マグカップの内側も同様の作業を行います。

 

作業が終わったら湿した場所(湿度65%~)に置いて、漆が硬化するのを待ちます。
この「素地固め」作業に関してはあまり硬化し過ぎない方が好ましいので、半日~1日後に次の作業に取りかかります。(できれば)

 

塗り終わったら油で筆を洗います。 ▸ 詳しい筆の洗い方 

  1. 筆に油を含ませる
  2. 作業板の上で優しく捻ったり、クネクネ(?)させたりする。(こんな表現でいいんでしょうか?)
  3. ティッシュの上で、ヘラを使って優しくしごく
  4. 筆の中の漆分がほとんどなくなるまで、<1~3>の作業を繰り返しす
  5. 綺麗な油を筆に軽く含ませてキャップを被せる

筆は付属のキャップを嵌めて保存します。キャップが無かったらサランラップを丁寧に巻いてください。
キャップがない、もしくはキャップを作りたいという方向けに ▸ 筆のキャップの作り方 ページを作りましたので、ご覧ください。

 

 

 

 

〈金継ぎの工程 03〉 刻苧漆を充填する


douguw 

使う道具・材料(▸  刻苧漆の充填で使う道具・材料の入手先・値段

  • 道具: ① プラスチック箆 ② 刻苧(こくそ)箆(▸ 刻苧箆の作り方) ③ 作業板(クリアファイル) ⑧ サランラップ
  • 材料: ④ 生漆 ⑤ 木粉(▸ 木粉の作り方) ⑥ 小麦粉 ⑦ 水

↑の材料を使って穴に埋めるパテ状のものを作ります。
  ▸ 刻苧漆の作り方

※ このページも刻苧漆の使い方を詳しく説明していますが、もうちょい(くどいくらいに)説明したページを作りました。ご興味のある方は覗いてみてください。
 ▸ 刻苧漆のつけ方・使い方

 

今回の欠けた場所の深さが3㎜程度あったので「刻苧漆」を使うことにしました。欠けが浅い場合は「錆漆」を使ってください。 ▸ 初めての錆漆の作り方

 

刻苧漆を充填していきます。

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

サランラップを小さくちぎったものを、刻苧漆を充填する箇所の後ろから当てがいます。
その後ろからしっかりと指で押さえてください。
指で「壁」を作る感じです。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

指で押さえて所に刻苧漆を少しずつ盛っていきます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

しっかりと刻苧箆で押し込んでください。
器の素地と密着するようにします。

欠けた箇所からほんのちょっとはみ出すくらい、もしくはジャストくらいになるような厚みで刻苧漆を充填します。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

十分な量の刻苧漆が盛れたら、サランラップを表側まで覆い被せます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

サランラップの上からさらに指でしっかりと押さえて、器の素地に密着させます。
と同時に形も綺麗になるように指で成形していきます。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

刻苧漆を引っ張らないように注意しながらサランラップをそっと剥がします。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

どうでしょうか?

今回は刻苧をちょっと盛り気味でしたが、これは硬化した後、削れますので問題ありません。

 

ひびの入ったマグカップの金継ぎのやり方

刻苧漆の乾きに2,3週間待ってください。
(刻苧に含まれる漆の割合、木粉の割合、漆自体の活力、気温などによって乾きのスピードが異なります)

 

 

 

次の修理工程に進む

▸ 錆漆付けまで 

 

 

 

 

 

Pocket