〈漆塗り〉用の漆の作り方~〈生漆〉から自分で精製します!

 

size19

 

※ 「色漆の作り方」は別ページに移動しました。

▸ 色漆の作り方

 

金継ぎをやりたいと思っているのですが…
どの漆を買えばいいのですか?

生漆、呂色、朱漆、木地呂漆、素黒目漆、白漆…
いろいろ漆の名前があるけど何のことやらイマイチわかならない
。しかも金継ぎにはどれを買えば事足りるのかわかりませんよね。

いや、こちらとしてもどれを薦めていいのか正直、迷うところなのです。
ベーシックなところで言うと、「生漆」と「呂色漆」の2つがあるといいかな
と思います。
欲を言えば、もう一色「赤系の漆」も持っているとすごく便利です。

  • 生漆」…漆の木から採ったそのままの樹液。
    麦漆むぎうるし(接着剤)、刻苧漆こくそうるし(パテ)漆、錆漆さびうるし(ペースト)を作るときに必要です。
  • 「精製漆」…生漆を練ったり、水分を飛ばしたりして精製したもの。
    「漆塗り」に使います。
    呂色漆(黒漆)」「赤色の漆」、その他、様々な色があります。

 

いやいや、待てよ。そんなに漆を持っていて、一般の人が使い切れるのか?と問われると「いや、そんなにいりません。絶対」と思うわけです。

チューブ入りの漆が50gからしか売っていないのも痛いところなんです。
金継ぎなら、20gあれば十分だと私は思っています。
(日本産の漆でしたら「20g入り」が売っていると思います。高いですけど)

 

それで、金継ぎ図書館の解決案としましては、ここはひとつ大胆に「生漆だけ買えばいいじゃん」です。(おっ!暴論だ!)

いやいや、そんなことないと思います。生漆を買って自分で「精製」しちゃえばいいのです。

 

生漆 → 精製して「透き漆」になる → さらに色の粉を混ぜて「色漆」(赤い漆や黒い漆)になる
* 「黒い漆」は実は鉄粉を入れて、化学反応で黒くなっています。けど、ややこしいので。

漆屋さんで売っている精製漆のクオリティーを出そうとすると難しいと思いますが、「それなり」でしたら何とかできる気がします。
精製するのも意外と愉しいですよ。理科の実験みたいなものです。樹液が少しずつ変化していって、粘りも出てくる過程が自分で実体験できます。「おお、なるほど。漆ってこうやると〈塗り〉にも使えるようになるのね」ってリアルにわかるのは面白い経験です。

漆屋さんでは生漆の50gと顔料(色の粉)を買っていただく。
接着、穴埋めなどには生漆をそのまま使い、「塗り」の時には生漆を精製し、顔料を混ぜて使う。これでしたら50gあってもいいかなと思います。

 

 

 

 

 

漆の精製・色漆作りに使う道具・材料


生漆から素黒目漆を作るときに使う道具と材料

使う道具・材料

  • 道具: ② 練り箆 ③ 先丸箆 ④ 計量スプーン1/4 ⑥ 作業板
  • 材料: ① 生漆 

その他に必要な道具は…時間を計るタイムウォッチ

弁柄…箕輪漆行で 50g/¥237- で売っています。
赤と黒の2色を持っていると便利だと思います。

作業板は「ガラス板」だと漆の色味や透け具合の変化がわかるのでおススメです。100均で「フォトフレーム」を買ってそのガラス面だけを使う…という手があるようです。

 

 

漆と顔料の量を計量スプーンで測るのですが、その際、計量スプーンから掻き出すのに便利なのが「先の丸い箆」です。

「付け箆」として使っている竹製の箆の先っちょを↑画像のように丸くし、厚みも(かなり)薄くしてしなりやすくすることで、計量スプーンから掻き出しやすくなります。

 

 

 

 

〈漆の精製〉 生漆を「くろめ」て素黒目漆を作る


精製された漆

漆の「精製」ですが、本来は「なやし」と「くろめ」という作業を行います。

〈 なやし 〉…攪拌作業。生漆を攪拌して粒子を細かく均一にする
→ 漆の塗膜に「光沢」が得られる。筆跡が残りづらくなる。

〈 くろめ 〉…除水作業。生漆を加熱(放射熱による)させながら攪拌することによって、生漆中に含まれる水分(20~30%)を2~5%まで除去する
※ 40℃を超えると酵素のラッカーゼの活性が低下する。なので40℃以下で作業を行う。
※ 放射熱による加熱…くろめ作業している上に熱源を設置したり、天日で行ったりする。

 

漆屋さんでは3時間くらい放射熱を与えながら攪拌機にかけているようです。

 

私たちはこの作業を15分程度でやってしまいます(!)
精製する量がわずか1.25㏄ですからね。

天日で作業を行えば放射熱を与えられます。が、このくらい少量の漆に放射熱を与えようとするとかえって温度が高くなりすぎて漆の酵素が失活してしまったり、水分が飛びすぎたりしてしまいそうな気がするので、私は机の上で何も熱を加えずに作業します。

 

熱は加えていないのですが、漆から水分を飛ばす作業をしているつもりなので、この作業を「くろめ」と呼ばせていただきたいと思います。

 

 

まずは計量スプーンで生漆の分量を計ります。

生漆から素黒目漆を作るやり方

チューブから計量スプーンの中に漆を出してください。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

スプーン摺り切り一杯です。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

作業板の上に出します。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

先丸箆でスプーン内に残った漆を綺麗に掻き出してください。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

漆の変化のチェックのため、プレパラートに漆を付けておきます。
ご興味のある方はやってみてください。プレパラートは東急ハンズで ¥200-/10枚 程度で購入できます。

まだ何も手を加えていない生漆なので乳白色です。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

この漆を平たく伸ばして広げたり、混ぜたりしていきます。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

15~30㎜程度のヘラ幅のモノを使って漆を広げます。
箆幅は小さすぎても大きすぎてもやりづらいです。

まずは横に広げ…

 

生漆から素黒目漆を作る方法

次に縦に広げ…

 

生漆から素黒目漆を作る方法

中央にまとめて…

 

これを繰り返します。永遠と(笑)

 

生漆から素黒目漆を作る方法

5分経ちました。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

プレパラートに漆を塗って、チェックしてみます。

白濁がなくなり、少し黒っぽくなっています。

 

 

生漆から素黒目漆を作る方法

〈漆を広げて、まとめて〉の作業をさらに5分。合計10分です。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

「くろめ5分」より幾分か透け具合がよくなった感じがします。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

さらに漆を練ること5分。合計15分です。

 

生漆から素黒目漆を作る方法

「くろめ10分」とほとんど変わらなく見えますが、ほんのちょっと透明度が上がったように感じます。

 

今回はくろめを15分とさせていただきます。

ちなみにこの作業をしたのが 〈 2016-07-12 気温34度 湿度40% 〉 の条件でした。
湿度、温度によって作業時間が変わってくると思います。が、だいたいこのくらいでいいんじゃないかな…と考えています。

くろめ30分…とかやったことがないので、近々テストしてみたいと思います。こちらにまた追記します。

みなさんもお時間があったらいろいろ試してみてください。
そしてフィードバック、アドバイスがいただけたら有り難いです。金継ぎ図書館がより使いやすいものになっていくと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

 

精製した漆を「色の着いた漆」にしたい方は
↓のページをご覧ください。

▸ 色漆の作り方

 

 

 

漆の硬化後


 

20時間後です。

素黒目漆から金継ぎで使う色漆を作るやり方

まだ漆が溜まっている部分は乾いていません。
端っこや漆の薄い部分は乾いています。

 

これを見せたところで…何がわかるのか?
まぁ、ちょっと違う気がするよね。ということで了解していただけたらと思います。

 

くろめ5分より10分の方が少し透けている感じがするけど、10分と15分はあまり変わらない気がするなぁー。でもちょっと違うかな…?

はい、まぁそんなところで。

 

素黒目漆から金継ぎで使う色漆を作るやり方

 

 

(2016-07-15 追記)

ところで、「古くなった漆って使えるんですか?」というご質問をよくいただきます。

古くなった生漆は生漆としては使えません。はい。非常に残念です。
でも「精製」して、新しい生漆で作った精製漆と混ぜたら使えます。はい。非常に嬉しいです。

生漆は時間が経つとともに乾きが悪くなっていきます。漆の中の酵素の活力がなくなっていきます。(だいたい2年くらい経つとキビシイかなと思います。保存のコンディションや漆自体の「性格」にもよりますが。)

乾きが悪くなった漆はこの後に説明する「精製」を行い、新しい生漆で作った精製漆に3割くらい混ぜて使えば、かえって乾きのゆっくりな性格のおっとりとした「塗り漆」になると思います。
意外と使い勝手のよろしい漆になるかもしれませんよ。(私は古い漆を混ぜるのが好きです)

ですので古くなったからといって漆は捨てないでください。ね。

 

 

 

金継ぎ図書館はあなたの金継ぎスピリットを全力で応援します。ファイッ!!

 

Pocket