〈金継ぎDOIT道具シリーズ〉蒔絵紛磨きで使う鯛牙棒の作り方

鯛牙の磨き棒の作り方


金継ぎの蒔絵をした後、最後の金属粉(金粉など)の磨き工程で使います。
市販のメノウ棒などでも磨けますが、「鯛牙」を持っていると「玄人」っぽさがでます。かなり出ます。なのでぜひご一緒に作りましょう。

 

 

鯛牙を作る道具と材料

鯛牙棒を作るときに必要な道具と材料

  • ①糸鋸(なるべく刃の細かいもの)
  • ②瞬間接着剤(ゼリー状のものの方が使いやすいと思います)
  • ③鯛の歯(は?)
  • ④割りばし(木の棒)
  • ⑤大型のカッター(ジャンボのやつです) ※写真を撮り忘れました。

所要制作時間: 20~30分

 

 

 

 

Step 01 鯛牙の準備


 

まずは鯛の牙の準備です。

金継ぎの蒔絵で使う磨き棒は鯛の牙を使う。

鯛の顎です。なるべく大きな鯛がいいと思います。私は小さめの鯛牙しか持っていないので、そのうちおおきな牙が欲しいです。(使い勝手も違うのかしら?)

鯛の頭を買ってきます。もしくは釣ってきます。
そして…それを焼いたらダメです。多分、炭化して使えなくなってしまいます。煮てください。煮ると簡単に肉が取れます。生だと取れません。

鯛の歯を煮て、牙だけを取っておく

この前歯(とは呼ばないのかな?)2本くらいが使うのに勝手がいいです。
これを糸鋸で切ります。

な?糸鋸で切れるの?と思いますよね。切れるんですー◎

鯛牙を糸鋸で切る。

この糸鋸は彫金屋さんで買ったものです。たまにホームセンターでも売っています。これでなくても金工用の細かい刃を付けられるものだったら案外いけます。

 

なるべく鯛牙の根元から糸鋸で切る

 小学生以来の糸鋸だと思います。糸鋸はなるべく立てて使います。

牙の根元からカットしてください。
糸鋸で完全に切り取れなくても、ある程度刃が入れば、あとは指でポキリと折れます。

 

 

 

Step 02 棒の準備


 

次に牙を付ける棒を作ります。

鯛牙を付ける棒も長さを決めて糸鋸で切る。

 割りばしを適当な長さに切ります。私は13cmくらいの長さに切りました。

 

糸鋸で切った割りばし

 長さはお好みでどうぞ。

 

鯛牙で使う割りばしの角をカッターで削る

 ジャンボカッターで、割りばしのエッジを削ります。削って触り心地をよくします。

 

割り箸の先を細く削り、鯛牙が使いやすいようにする

 それから牙を付ける先端を少し細く削ります。

 

鯛牙の接着ポイントを作る

鯛牙を接着した後に仕上げ削りをしますので、この段階ではそこそこ細くなっていればオッケーです。

 

 

 

Step 03 接着作業


接着します。

割り箸の先っちょに接着剤を付ける

 瞬間接着剤を使います。エポキシでも構いません。

棒の先端に接着剤を点付けします。

 

鯛牙の根元に接着剤を付ける

牙の根元の方にも接着剤を点付けします。

 

鯛牙と棒を接着する

 くっつけます。

 

鯛牙と棒との接着点の周りに接着剤を塗って補強する

 接着剤がある程度乾いたら、牙と棒の接着ポイントの補強として、その周りを接着剤で薄くコーティングします。

 

最後にカッターで割りばし部分を削って、ラインの微調整を行う。

接着剤が完全に乾いてから、仕上げの削りです。
ラインをかっこよくしたり、盛り上がってしまった接着剤を削ったりして仕上げてください。

最後、ペーパーの#320くらいでさらさらと木地を研いで完成です。
牙の方にはペーパーをかけちゃダメですよ。

  金継ぎの蒔絵磨きで使う鯛牙棒の完成

 完成です◎

これ持っていると…テンション上がりますよね。「ザ・金継ぎ師」って感じが出ますね。

周りの人に「金継ぎってどうやって磨くの?」と聞かれたら、得意げに
「ふふふ、知りたい?それはね、鯛の歯よ。”た・い・き”で磨くの。簡単よ◎」と遠くを見ながら答えてください。

 

 

 

Pocket