「竹の割箸」での金継ぎ用の「付けベラ」の作り方

 

size19
ファイツ!!

 

※ 腰が強く、折れづらい「竹」のヘラ!初心者にとってはすごく使いやすいと思います◎

「付けベラ」??ってなに?何に使うの??

はい、以下の作業に使います。

  • 麦漆むぎうるし(接着剤)の塗布
  • 錆漆さびうるし(ペースト)を付ける時

です。

金継ぎを学んでいるみなさん、何を使っていますか?もしかしてプラスチックべらを使っているのですか?(←なんかわざとらしい)

いやー、あれ、デカすぎませんか?使いづらくないですか?金継ぎみたいな手元のちょっとした作業に30㎜幅のヘラは…ちょっとミスマッチですよね。(←というか、どう考えたってデカすぎます!)
きっとみなさんも今まで「こんな大きなヘラを使わなくちゃいけないのかしら?」
って疑問に感じていたかと思います。

それ、全然、使わなくていいです◎

これまでご自身の金継ぎ作業が「あまりうまくいかない」「きれいにいかない」「やりづらい」と感じていたとしたら、それは「ヘラ」が原因の可能性が「大」です◎

 

金継ぎで使う練る用のヘラ

竹の割り箸」!

おっ!そんなんでいいの??はいー、大丈夫そうです◎

 

 

【 ひのき 】

 メリット 

加工がすごく楽
・ヘラの先の形を簡単に変えられる

 デメリット 

・ホームセンターで売っているヒノキだと、
力を入れるとちょっと折れやすい
(→なので”ちょい厚目”に加工してください)

【 竹 】

 

 メリット 

ほとんど折れない

・弾力性がある

 デメリット 

・幅広のものの入手が難しい

・加工がちょっと厄介(かも)

【 プラスチック 】

 メリット 

折れない
・加工しなくて、そのまま使える

 デメリット 

幅広のものしかない(30㎜幅以上)

・加工ができない

ということで私の結論としては、ビギナー向けには「竹」をおススメします

 

 

 

 

付けベラ作りに必要な道具・材料


金継ぎで使う練る用のヘラ

①竹の割り箸 ②テープ ③鉛筆 ④大きなカッター

 

その「竹の割り箸」って何処で手に入るの??

今回、使っているのは

セブンイレブンやヨーカドー系列のスーパーでお弁当を買った時に貰える「竹の割り箸」です。この割り箸には「節」がありますので、持ち手の部分に節がないものを使ってください。

「節」って何ですか?

↑ この部分です。
竹の「くびれている」部分です。この部分は折れやすいので「節」がないお箸を使うか、節のない箇所がヘラの先になるようにしてください。

※ 竹の割り箸はセブンアンドアイ・ホールディングスのスーパーで
「割りやすい 竹箸 元禄箸 」 ¥250-/50膳入(セブン・オリジナル商品)
今のところ、これが一番よさそうです。こちらには「節」がありません◎

 

 

 

 

STEP 01 削るための下準備


おおよその削りはじめの箇所と「削る側」を確認しておきます。←この「削り面」の見極めは重要です!

 

 まずは割り箸を割ります。

 

ここがすごく重要なのですが、

竹の表側」を確認します。

竹の表側=竹の表皮(皮)側をなるべく残して削りたいので、どちらが表側かを確認することが重要です。

竹の表皮の方は繊維が緻密で「弾力性」があるので、そちらの側をヘラとして使いたいのです。

お箸の両面をチェックして、「色が濃い」側が竹の表側(表皮側)と判断していいと思います。(茶色っぽい方
もしくは竹の断面をチェックして、「目が詰まっている側」が表皮側かと思います。

 

※ 今回使った竹のお箸は「斜めにカット」されて断面が見えている側が「竹の内側」でした。これはお箸によって逆側だったりするので、ご注意ください。

 

 

 先端から80㎜くらいの箇所に線を引きます。(表も裏も)このあたりから徐々に削って薄くしていく…という目印です。ちなみに「ヘラ」にするのは「持ち手側(太くなっている方)」です。

 

 

 

STEP 02 裏の面をフラットに削る


まずは裏の面(…ということは、竹の「表面」側です)を削ってフラットな面を作ります。

 

 竹の皮側にあたる方を削っていきます。

こちらを削るときはちょっと硬いので頑張ってください◎

 

 何度かカッターの刃を通して、徐々に削っていきます。

 

 なるべく「最大幅」に近くなるまで削っていきます。

 

 綺麗なフラットな面が出来ました◎

 

 平面です。

 

 

 

 

 

STEP 03 表の面を薄く削っていく


次にヘラの表の面を削ります。こちら側は竹でいうところの「内側」に当たります。こちらはやや柔らかいので、結構、サクサク削れると思います。

 

この後は基本的には
 ▸ 「平竹串」から作る、付け箆の簡単な作り方
と同じです。↑の方がもうちょっと詳しく書いています。

↑こちらは「平竹串」から作る手順ですが、同じですので、ご参考にしてください。

 

 

こちらはガシガシ「量」を削って薄くしていかなくてはいけませんので、斜めに刃を入れて削っていきます。

斜めに刃を入れた方が「抵抗」が少なくなって削りやすいです。

 

 まずは左半分くらいを斜めに削ります。

 

 左手の親指で押し出すようにします。右手で削るのではなく、左手の親指で削ります。

 

 斜めに削れました◎

 

 先っちょの方から断面を見ると斜めになっています。

 

 次に右半分くらいを削っていきます。

 

 こちらも刃を斜めに入れて削っていきます。

 

 

 

 右側も削れました。

 

 今度は「山のトップ」のラインを削っていきます。

 

 カッターの刃をしっかりと食い込ませて、滑らせるようにスライドさせていきます。

 

 左手の親指で押し出すようにします。

 

 薄くなってきました。

 

 でもまだちょっと厚い。

 

 さらに厚みを薄くしていきます。

 

 薄くなってくると、ヘラの先がしなって不安定になります。なので、作業台に押し当てて安定させます。

 

 ヘラの先をちょっとずつ削っていきます。このへんになったら極々、慎重に作業をしてください。

「薄っすら、皮一枚を削る」…という作業はカッターだとすごくやりづらいです。けど、ここは頑張ってやってください◎

この作業のコツとしましては刃を「かなり横滑りさせる」です。

 

 途中途中でヘラのしなり具合を確かめます。

柔らかすぎず、硬すぎずです。が、こればかりは実際、ご自分で金継ぎ作業をしながら好みの「しなり具合」を見つけていってください。

 

 ヘラ先をさらに調整。薄くします。

 

 

 

STEP 04 ヘラの先っちょを斜めに削る


 

ヘラの先を斜めにカットします。

 

 鉛筆で目安としてラインを引いておきます。

 

 竹の真横からカッターの刃を入れていきます。

ちょっとずつ、ほんのちょっとずつ削っていきます。

 

 まずは端っこのほんのちょっとだけ、削ります。

一気に削れるものなら削りたいところですが、硬くて削れません。なので、ちょっとずつ削ってください。

 

 今度は角度を変えて、またちょっと削ります。

 

 繰り返していって、なんとなく斜めに削れました。

↑画像では不格好ですが、ひとまず良しとします◎
最後の仕上げに紙ヤスリで形を整えますので、そこまで神経質になる必要はありません。

 

 先ほどカットしたラインに対して90度に線を引きます。

 

 ちょちょっとカットします。

 

 できました◎

ヘラっぽいです。

 

 

 ヘラの「面」や「横のライン」がガタピシしていますが、これも最後に紙ヤスリで整えます。

 

  

一応、確認です。竹の「皮側」の方より、「内側」の方が、深く削られています。↑画像でいうと、下側が竹の「皮側」になります。

 

 ↑画像のように「なだらか」に削っていきます。

 

 

 

 

STEP 05 ペーパーで研いで綺麗に仕上げる


最後、ペーパーの#320で研いで、ちょっとした凹凸などを消します。

  • #320 …形を作る用
  • #800 …仕上げ用 (←もし持っていれば使ってください)

 

(↓ 実はここからは「ヒノキべら」を作った時の画像を借りています~。許してくださいー)

金継ぎで使う檜箆の作り方

ペーパーの#320で研いで形を作ります。

先端ラインを研ぎます。ほんの少し凸形に丸くなるように研ぎます。

 

金継ぎで使う檜箆の作り方

薄っすら丸みをつけます。

このRはヘラを使っているうちに少しずつなくなっていきます。削れていっちゃうんですね。それでいつの間にか凹みのRになってきます。

凹んだ形になっているときれいな錆付けができませんので、定期的にこの先端ラインをチェックしてください。凹んでいればペーパーで研いで凸Rにします。

 

金継ぎで使う檜箆の作り方

一応、全部の側面にもペーパーをかけます。

 

金継ぎで使う檜箆の作り方

意外と側面にささくれがあったりしますので、しっかりと綺麗な面ができるまでペーパーをかけます。

 

金継ぎで使う檜箆の作り方

箆の表面、裏面もペーパーをかけます。箆の厚みを薄く削れなかった人はこの作業を頑張ってください。

最後にペーパーの#800でさささっと全体を研いで仕上げます。

 

 

 

 

 

Pocket