「ひび」のヤスリがけ/素地調整 〈金継ぎTECHNIQUEシリーズ〉

 

ひびの入っている箇所をリューターのダイヤモンド・ビットでやすります。
→漆を塗った時の「食い付き」がよくなります。

 

〈使う道具・材料〉
・リューターのダイヤモンドビット

 

作業手順

  1. ひびの箇所を優しくなぞる
  2. 繰り返す
  3. 繰り返す。お仕舞い。

 

リュータ―のダイヤモンドビットを使って「ひび」に溝を切ったり、傷をつけたりする方法です。

 

 

web_15

ひびが入っています。
よくあることです。

 

web_16

内側も入っています
よくあることです。

 

web_17

ダイヤモンドビットをつかいます。
ひびにそってゴリゴリ削ります。

始めはやさしくなぞってください。
ある程度、溝が引けたらちょっと力を込めて

ゴリゴリ

 

web_18

ゴリゴリ

 

 

web_20はい、溝が切れました

 

web_19

オッケーです

 

次は内側です

 

web_21

始めの数回はやさしくひびをなぞります

 

web_22

次第にゴリゴリさせていきます

 

web_23

はい、溝が切れました
よくわかりません。

 

web_24

やはりよくわかりません。

でも溝が切れています。

終了です。ご苦労様でした。

Pocket