器の梱包方法

器を送る際の梱包の方法についてご説明します。

 

① 器の大きさ、個数に対して十分に「空間的余裕」のある箱をご用意ください。
※ 箱の「壁」「床」「天井」に器が付いてしまいますと、配送中に器が壊れてしまう場合があります。ホントに。

 

 

② 「新聞紙をクシャっと丸めたもの」や「エアーパッキン(ビニールのプチプチしたやつです)」などの緩衝材を箱の「底」「壁の4面」に敷き詰めます。

③ その中に器を置きます。

 

④ 器を置いたら、さらにその横、上から緩衝材を詰めていきます。
緩衝材は「ぎゅうぎゅう」に詰めるのではなく、「ふんわり」と詰めていきます。

 

(横から見た図)

(上から見た図)

箱の「壁」「床」「天井」から器が離れるようにして、「浮かした状態」にしてください。
こうすると、配送中に壊れることがありません◎

 

 

↑ こんな感じで器が壁などに接していると配送中に壊れることがあります!くれぐれもご注意ください。

 

 

・器は「壁」「床」「天井」から離す
・器を複数個入れる場合は「器同士が接しないように」して、それぞれが「浮いた状態」にする。

お手数ですが、以上のことに注意して梱包していただけたらと思います。
よろしくお願い致します。